モバイルバッテリーの選び方のポイント&おすすめモバイルバッテリー比較

みなさんは「モバイルバッテリー」を持っていますか?外出時のゲームや領事館の動画視聴にはモバイルバッテリーの活用が必須です!そこで、今回は、モバイルバッテリーの容量や価格、重量などを徹底的に比較します。モバイルバッテリーを購入する際のポイントにも注目です。モバイルバッテリーを普段から持っていれば、「充電が無い!」なんて状況を回避することもできますよ。

モバイルバッテリーって?

そもそもモバイルバッテリーとは何かということですが、モバイルバッテリーとは、スマホやタブレットの充電ができるバッテリーのことです。充電をする際にコンセントを必要としないので、外出時にも充電をすることができます。つまり、どこでも簡単にスマホの充電ができるということです。
モバイルバッテリーとひとくくりに言っても、一つ一つの価格はもちろん、性能にも差があります。そのため、モバイルバッテリーを購入する前に、自分にはどんなモバイルバッテリーがあっているのかということを知るということが大切になってきます。

モバイルバッテリーが必要な人は?

スマホユーザー全員にモバイルバッテリーが必要というわけではありません。モバイルバッテリーが必要とされるのは、長時間ゲームをする可能性が高い人や電車などの移動時間が長いという方などバッテリーの消費が早いという人です。外出から帰るといつも充電がゼロになっているという人はモバイルバッテリーを持った方がいいと言えるでしょう。逆に、ほとんど充電が無くなることがないという人はあまり必要がないかもしれません。とはいえ、停電などがおこった時などいざという時に持っておくと非常に便利です。一つは持っておいて損はないと言えるでしょう。

モバイルバッテリーを選ぶ基準は?

ここからは、モバイルバッテリーの選び方のポイントについて説明していきます。モバイルバッテリーには様々な種類があるので、自分にあったものを選ぶ必要があります。これからご紹介するポイントを参考に自分に必要な機能などを考えてみてください。

容量

モバイルバッテリーには容量というものがあります。この容量が大きければ大きいほど、1度のチャージで充電を出来る回数が増えます。ただし、容量が大きければ大きいほど価格も高くなるので注意が必要です。また、容量が少ないバッテリーの方がサイズも小さい傾向にあります。つまり、1度のチャージでたくさん充電をしたいという人は容量の大きいものを、コンパクトな製品を使いたいという人は、容量の小さいものを選ぶといいということです。ちなみに、4000mAhの容量のあるものならば、1回のチャージで約2回充電することができます。商品を選ぶ際の目安としてください。

急速充電の有無

スマホを充電している時間はできるだけ短く済ませたいというものです。そんな時に気にしてほしいのが急速充電の有無。モバイルバッテリーのなかには、急速に充電してくれる種類のものがあります。急速充電は、出力電流の表示をもとに確認してください。多くの場合2.0A以上のものであれば急速充電をすることができます。また、2.0A以上の出力電流であればタブレットなどの充電も可能です。タブレットも同時に持ち運ぶという人は、2.0A以上のものを選ぶと良いでしょう。

チャージの仕方

モバイルバッテリーには、主にコンセントにさしてチャージをするものと乾電池で動くものがあります。コンセントタイプはコンセントがある場所で充電を行わなければいけませんが、乾電池タイプは乾電池を入れるだけで使うことができます。通常であれば、コンセントタイプはおすすめですが、災害が起こったときなど長期間の停電に見舞われるような場合は、乾電池タイプを持っていると有効活用することができそうです。

その他の機能

残量表示もモバイルバッテリーを選ぶポイントのひとつです。どれぐらいの残量が残っているのかわかれば、チャージをするタイミングもわかりやすくなります。色で残量を表示させるものもあれば、ついているライトの数で残量を教えてくれるものもあります。自分の好みにあったものを選択してください。

また、USBポートが複数ついたものであれば、複数のスマホやタブレットを同時に充電することもできます。モバイル機器を複数持ち歩くという人や友人や家族と一緒に使うことが多いという人におすすめです。

価格

機能はもちろんですが価格もモバイルバッテリーを選ぶ上で重要なポイントの一つと言えるでしょう。なかには、1000円や2000円代で購入できるモバイルバッテリーもあります。安いので機能もそれなりというものも多いですが、少しの間充電をしたいというのであればこれで十分です。自分が欲しいと思った機能と価格を見比べて選んでください。

おすすめモバイルバッテリー4選

ここからは実際にあるモバイルバッテリーの製品を比較していきます。先程ご紹介したポイントを踏まえながら見ていってください。

バッファロー BSMPB5201P2

buffalo_bsmpb5201p2

まず見ていくのは、「BSMPB5201P2」。バッファローから発売されているもモバイルバッテリーです。コンパクトなサイズ感と1台2,000円という安価な値段が特徴。2.1Aの出力電流なので、急速にスマホの充電をおこなってくれます。

容量:5200mAh
重さ:139g
価格:2,000円前後
出力電流:2.1A
USBポート:2個口

購入はこちら:amazonへ

「充電が完了したら、自動で放電ストップ」とありますが、それは本当に出来るからすごいです。疑う理由は無かったのですが、低価格ながらしっかりしていて気に入りました。USBで本体を充電したり、本体からスマホへ充電したりといった当たり前の機能が、何一つ不満使えるのはいいと思います。付属のマイクロUSBも、コードが短いのでゴチャゴチャしないのが最高です。
ただちょっと残念なのは、100%に充電されないということです。iPhone6Sを持っていますが、必ず98%で充電が勝手に終了します。それが残念に思えるポイントです。
口コミ情報の引用元:amazonレビュー

容量がスマホの充電2.6回分で1日1回充電する程度の私としては,ちょっと無駄かなと思ったんですけど,旅行に行って1日中地図アプリを使って観光したときは,この容量があってよかったと感じました。サイズ感は想像してたより小さくて,小さい手の私でもしっかり片手でホールドでき,重さ的にもスマホと変わらないぐらいだから,常にバッグに入れてても全然負担は感じないです。
ほぼ満足なんですけど,あえてクレームを言うとしたら,充電中と給電中に前面の4つのインジケータが青く光るんですけど,夜中に枕元に置いてたら結構まぶしい。まあ,ひっくり返せばいいだけなんですけどね。
口コミ情報の引用元:amazonレビュー

アンカー PowerCore 5000

anker_powercore-5000

スリムで持ち運びやすいのが特徴の「アンカー PowerCore 5000」。そのサイズは、缶よりも小さくポケットにもすっぽりとおさまります。サイズが小さいため、USBポートはが1個しかないという難点はありますが、スマホだけの充電に使う分には困らないでしょう。

容量:5000mAh
重さ:134g
価格:3,000円前後
出力電流:2.0A
USBポート:1個口

購入はこちら:amazonへ

形が円筒形、チューブタイプの充電バッテリーは初めて。これについては好みはわかれるかとは思うが、あまり好感度のなかった僕がチューブタイプに非常に好感を持てた。この大きさだからだろうが意外とじゃまにならずスマホなどと重ねて使えないと嫌だという方以外にはいいのではないか。

いいなと思った機能ではPowerIQとVoltageBoostでのフルスピード充電。最大2Aということだが、2Aの実際の体感は別としして、モバイル機器に充電は早い。特筆すべきは本体への充電が早い!これは大きなメリット。これは外出時の充電用バッテリーとしては重要な所。5000mAでなかなかの軽量だし、容量は超ヘビーユーザーでなければ最新スマホ2回以上で充分。2Aなのでそれ以上のタブレット等にも対応。
非常に満足のいくモバイルバッテリーだと思います。現在モバイルバッテリーの購入を考えている人にはおすすめします。
口コミ情報の引用元:amazonレビュー

いままでAnkerの13000mAhとかの大型モバイルを使用していましたが、こちらに乗り換えました。ポイントとしては
1)5000mAhあればiPhone6の充電は日中は十分持つ
2)出力2Aなのでデバイスへの充電が速い(古い大型は1Aとか1.5A)でした
3)本機への充電も早い(古い大型は9時間くらいかかっていました)
Appleの純正lightening cableプラスAC電源より、本機プラスAnkerの高機能ケーブルの方がデバイスへの充電が速かったりします。
口コミ情報の引用元:amazonレビュー

パナソニック QEAL301

panasonic_qeal301

大容量の充電がウリの「パナソニック QEAL301」。7500 mAhという大容量なので、1度のチャージで約3回スマホを充電することができます。容量が大きいため、重さもそれなりにありますが、USBポートも2つついており、同時に2つのモバイル機器を充電することが可能です。

容量:7500mAh
重さ:250 g
価格:6,800円前後
USBポート:2個口

購入はこちら:amazonへ

分厚い感じです。薄型のスマホの2倍くらい。重さもそれなりにあります。ウエストバッグに入れて持ち歩くには負担に感じる人もいるかも知れませんが、確実に充電できます。商品説明にもありますが、繰り返し使用回数の桁が一桁違っていますので、どこまで使えるか永くつきあってみたいと思います。コンセントの使える環境にあるときにはコンセント→本体→スマホの接続で充電しています。本体の補充電→スマホの充電と進みます。急速充電ですね。スマホの電池残量にもよりますでしょうが3~4日に一回1~2時間で100%になっています。売りっきりのメーカーではありませんので、信頼して間違いないと思います。
口コミ情報の引用元:amazonレビュー

重さはあるのでリュックに入れて持ち歩いてます。
事前に調べた通り重さで壁のコンセントで充電したら少し下に下がるので延長コードで床で充電してます。
口コミ情報の引用元:amazonレビュー

cheero Power Plus 3 13400mAh 大容量 モバイルバッテリー ホワイト

cheero-power-plus-3

2014年に発売からロングセラーのモバイルバッテリー。日本製電池で重量感はありますが、大容量のモバイルバッテリーです。

容量:13400mAh
重さ:約245g
価格:3,000円前後
出力電流:3.4A
USBポート:2個口

購入はこちら:amazonへ

一年ほど使用してみての雑感と行きたいところですが、他の方がこの製品の素晴らしさは沢山書かれていますので、ここはあえて残念な部分を挙げてみたいと思います。
さてバッテリー本体自体には特に問題は感じません。残念な部分というのは付属ケーブルの品質です。
2.0Aオーバーのような大電流をUSBケーブルで流すようになったのはかなり最近のことですので、そのクラスの大電流を流すのに適した設計になっていないケーブルというのが世には大量に存在するわけです。そういったケーブルを使用するとせっかくの高出力をケーブルがスポイルしてしまうという事態が起こります。
残念なことに付属のケーブルは大電流を流すのに適した物ではないようで、高出力対応のケーブルと比較すると明らかに流れる電流量が減少します。メーカーが同梱している言わば純正品とも思えるケーブルを使用している限り、このバッテリーの性能を引き出すことは出来ないという事態が起こってしまっているわけです。コストダウンのしわ寄せがケーブルに行ってしまったんでしょうね。
バッテリー本体は良い物ですので高出力対応のマイクロUSBケーブル一本で解決する問題ではありますが、せっかくの良い品にケチを付ける形になってしまっているのが残念でなりません。
この製品の付属ケーブルに限らず、古いUSBケーブルなどを使用している方は知らず知らずのうちにバッテリーやUSB充電器の性能をスポイルしてしまっている可能性があります。たかがケーブルと侮ることなかれ。充電性能への影響は「大」ですので、これを機に昨今の大電流対応マイクロUSBケーブルの購入を考えてみるのはいかがでしょうか?
口コミ情報の引用元:amazonレビュー

iPhone6plusなどの充電に使用しています。
本体が大容量なので本体の充電の満タンに出来ます。
また2ポートありますのでスマホと他の機械の充電も同時に出来て重宝しています。
重さはそれなりにありますが、大容量を考えると許容範囲です。
唯一の要望としては2ポート両方高速充電が出来れば、と。ただ些細な問題ではありますので★マイナスは無しです。
口コミ情報の引用元:amazonレビュー

モバイルバッテリーを有効活用しよう!

いかがでしたでしょうか?今回は、モバイルバッテリーの選び方のポイントをもとに商品の比較をしました。今回比較した商品以外にもモバイルバッテリーはたくさんあります。選び方のポイントを参考にして、家電量販店やWEBサイトで自分に一番あったモバイルバッテリーを選んでくださいね。モバイルバッテリーは充電がなくなったという時やいざという時に活躍してくれるとても便利なアイテムです。購入を検討してはいかがでしょうか?