wifi(無線LANルーター)のセキュリティを強化する方法

wifiルーターや、モバイルルーターを選ぶとき、セキュリティ機能がしっかりしているかどうかは、選ぶ際の大きなポイントですよね。
セキュリティ機能には、WEPやWPA、WPA2などの暗号化設定するほか、予防策としては「SSIDステルス機能」や「MACアドレスフィルタリング」の設定により強化することが可能です。

SSIDステルス機能とは

SSIDとは、wifiルーターのアクセスポイントの識別名のことで、SSIDステルス機能とは、SSIDを隠す機能のことです。
街中などでwifiに接続しようとすると、電波を拾っているアクセスポイントリストがズラリと出てきますよね。
このときにズラリと並ぶ名前がSSIDです。
同じ空間に複数のアクセスポイントがあったときの混線を避けるために、それぞれに名前がついています。

そして、このSSIDは何も設定しないままだと、自分のwifiルーターを使用するときにも、周囲でwifiに接続しようとしている人たちにこのSSIDが表示されてしまいます。

それを無効にするのが、「SSIDステルス機能」の設定です。
SSIDステルス機能を設定すると、周囲の端末のアクセスポイントの一覧には、「非公開のネットワーク」とだけ表示され、SSIDは表示されなくなります。

SSIDステルス機能を設定すればセキュリティは万全??

SSIDステルス機能を使ってネットワーク名を隠したとしても、電波は傍受できる状態で実際には隠せていないため、セキュリティ効果が万全とはいえません。
ただ、SSIDがまる見えの状態の場合は、SSIDのなりすましなどの危険性もあるので、SSIDステルス機能を設定しておいた方が危険は回避されます。

SSIDステルス機能設定の注意点

SSIDステルス機能を有効にするとSSIDが表示されなくなるため、スマホやタブレットなど子機の設定が難しくなります。
その場合は、いったん設定を解除すると設定しやすくなります。
また、SSIDを隠している状態の場合は、すでに接続済みの端末で通常なら自動接続できる場合も、毎回SSIDとパスワードが求められるケースがあり、手間が増える場合はあります。

SSIDステルス機能設定方法

設定については、wifiルーター端末上での設定はできません。
各wifiルーター提供会社のサービスページからログインすると設定画面が表示されるので、そこから設定を行ってください。

MACアドレスフィルタリングとは

MACアドレスとは、ネットワーク機器やネットワークアダプタについている固有の識別番号のことで、MACアドレスフィルタリングは特定のMACアドレスからしか接続できないようにする機能のことです。

MACアドレスが機器固有の番号であることを利用して、wifiルーターと接続できる機器を限定することができます。
仮に、SSIDが見破られても接続できる機器が限られているので、SSIDステルス機能と併せて設定することにより、セキュリティ強化につながります。

MACアドレスフィルタリング注意点

MACアドレス自体は偽装が可能で、通信内容の傍受回避が強化されるわけではありません。

まとめ

セキュリティ対策については、どんなに最新の技術だとしても、それをひとつだけ取り入れて万全というものではありません。
暗号化の強度について現在一番強固なのはWPA2になるので、SSIDステルス機能やMACアドレスフィルタリングを組み合わせて使うことで、セキュリティ強化につながります。

セキュリティ対策は多角的に行って防御していく必要があるので、きちんとリスクを理解した上で可能な限り対策をしていきましょう。