フレッツ光と光コラボの特徴と料金を比較!実際どっちがお得なの?

インターネットサービスは種類豊富ですが、たくさんありすぎて分かりにくい、ということもあるのではないでしょうか?インターネットを始める方、又は切り替える方へ、ここでは「フレッツ光」と「光コラボ」の違い、それぞれのメリットなどを比較してみました。

フレッツ光と光コラボの特徴

フレッツ光の特徴

フレッツ光はNTT東日本の光回線サービスです。フレッツはなんといっても速さが特徴。動画や大容量データのダウンロードもサクサク行えます。


光コラボの特徴

フレッツが通信回線の光回線なのに対して、光コラボは光回線とプロバイダがセットになったサービスです。プロバイダに別途申し込まなくても、光コラボだけですぐにインターネットが始められます。

2015年からNTT東日本・西日本は、「フレッツ光」の回線をさまざまな企業に提供し、光回線の更なる普及を図ろうと「光コラボレーションモデル」を推奨しています。これにより、インターネットプロバイダ各事業者は、フレッツ光の速度や品質はそのままに、独自のキャンペーンや施策をプラスして、プロバイダと光回線を一緒にして提供できるようになりました。


フレッツ光と光コラボの料金比較

フレッツ光の料金

フレッツ光の料金には、「初期費用」と「月額利用料」がかかります。
【初期費用】
 戸建ての場合 
  契約料(800円)+工事費(18,000円)
 マンションなど集合住宅の場合
  契約料(800円)+工事費(15,000円)

【月額利用料】
 戸建住宅 5,700円
 集合住宅 3,350円


光コラボサービスの料金

光コラボサービスは、各事業者によって価格が異なります。携帯スマホとのセット割や、キャッシュバックなど、事業者ごとにキャンペーンもありますので、ご自身に合ったものを選択するのが良いでしょう。ここでは、主なプロバイダ業者の料金を比較してみました。この他にも光コラボを提供する事業者は数多くありますので、探してみるのも良いかもしれません。

■ソフトバンク光
【月額利用料】
 戸建住宅 5,200円
 集合住宅 3,800円
【初期費用】
 事務手数料3,000円  工事費0円~24,000円
【キャッシュバック】
 新規契約35,000円/転用15,000円
★ソフトバンク携帯とのセット割引もあり、ソフトバンク携帯をお使いの方はソフトバンク光がお得!
 2年間月額が最大2000円割引になります。

ソフトバンク光:http://www.softbank.jp/ybb/special/sbhikari-01/

■So-net光
【月額利用料】
 戸建住宅 5,200円
 集合住宅 4,100円
【初期費用】
 事務手数料800円~1,800円  工事費24,000円
【キャッシュバック】
 新規契約20,000円/転用18,000円
★au携帯をお使いの方は、auセット割で月額利用料が割引になるので、auの方はSo-net光がおすすめ!最大1,200円割引になります。

So-net光:http://www.so-net.ne.jp/access/hikari/collabo/

■U-NEXT光
【月額利用料】
 戸建住宅 4,480円
 集合住宅 3,430円
【初期費用】
 事務手数料800円~2,000円  工事費24,000円
【キャッシュバック】
 新規契約20,000円/転用1,000円
★とにかく月額利用料が安い!他社で携帯とのセット割などができない方はU-NEXT光がお得!

U-NEXT光:http://un-hikari.jp/

■OCN光
【月額利用料】
 戸建住宅 5,100円
 集合住宅 3,600円
【初期費用】
 事務手数料3,000円  工事費0円~18,000円
【キャッシュバック】
 新規契約・転用10,000円

OCN光:http://service.ocn.ne.jp/hikari/ocnhikari/

■Drive光
【月額利用料】
 戸建住宅 4,980円(36か月継続利用の場合)
 集合住宅 3,980円(36か月継続利用の場合)
【初期費用】
 事務手数料800円~1,800円  工事費0円(36か月継続利用の場合)
★36か月継続利用が条件のスマートエッジ割なら、工事費が無料です!
 初期費用を掛けたくない、という方にはおすすめです。

Drive光:http://www.drive-net.jp/


フレッツ光と光コラボサービスの料金比較

フレッツ光は、回線の料金に加えてプロバイダの料金が必要となります。光コラボレーションサービスは、上記の費用だけでインターネットが利用できます。料金を比較すると、光コラボの方がお得な場合が多いようです。特に戸建ての場合は、どの事業者でも光コラボの方が安いようです。


フレッツ光から光コラボへ転用する場合

もともとフレッツ光を利用している方が、光コラボへ乗り換えることを「転用」と言います。
転用の場合、
・月額料金が安くなる
・工事無しで切り替えができる
・申込み、問い合わせも窓口を一本化できる
・NTTのオプションもそのまま使える
といったメリットがあります。

2年契約してしまった・・・
という方でも、光コラボへの転用なら解約料金がかかることはありません!


まとめ

光コラボはいわばフレッツ光の進化版。フレッツ光よりも、月額料金はお得で、請求や窓口も統一されるので、煩わしさもなくなりますね。新しくインターネットを契約するなら、断然光コラボがお得なようです。