プロバイダーの種類っていっぱいあるけど、何が違うの?

インターネットを使うときに、光回線の契約と別に必要なのがプロバイダー契約。でも、プロバイダーの種類っていっぱいあるけど何を選んだらいいの?プロバイダーの違いってなに?という方も多いのではないでしょうか。そこで、たくさんあるプロバイダーの違いについてまとめます。

そもそもプロバイダーとは

プロバイダーとは、回線をインターネットにつなげる事業者のことです。インターネットは土台である通信回線の契約に加えて、その土台をインターネットと接続するための窓渕であるプロバイダーを契約しなければ利用できません。プロバイダーにはたくさんの種類があるので、自分の好きなものを契約して問題ありません。
プロバイダーは大きく3種類に分けられます。

プロバイダーの違い

・通信会社系
・電機メーカー系
・電力会社系
主に、この3種類に分けることができます。それぞれの特徴をまとめてみました。

プロバイダー事業者ごとの特徴

①通信会社系
NTT系列のプロバイダーである「OCN」、ソフトバンク系列の「Yahoo!BB」などがあります。OCNやYahoo!BBは特に利用者が多く、OCNは顧客獲得数No.1という実績もあります。

②電機メーカー系
電機メーカー系のプロバイダーでは、元NECの「BIGLOBE」、ソニーの「So-net」、富士通の「@nifty」などが有名です。いずれの会社もパソコンを作っているメーカーです。

③電力会社系
関西電力グループの「eo」、中国電力グループの「MEGAEGG」、九州電力グループの「BBIQ」などがあります。地域に結びついている回線サービスという点が特徴です。
また、電力会社系の光回線は、通信回線サービスとプロバイダーサービスがセットになったものも多く、中にはプロバイダーを契約する必要ないものもあります。

それぞれのメリット

①通信会社系
通信会社系のプロバイダーを選ぶメリットは、毎月の携帯料金とプロバイダー料金をまとめることによる割引が受けられる点と、料金の支払いが一か所で済む点です。

②電機メーカー系
電機メーカー系のプロバイダーを選ぶメリットは、各種サポートなどの様々な付加サービスが充実している点です。
また、パソコンメーカーでもあるため、パソコン購入の際に一緒にプロバイダーを申し込むと大きな割引が適用されることも多く、新しくインターネットを始めたい方やこれからパソコンを買いたいという方におすすめです。

③電力会社系
電力会社系のプロバイダーを選ぶメリットは、NTTなど大手通信会社の回線利用料より月額料金が安く設定されている点です。というのも、電柱や電線といった、その地域のインフラをそのまま利用してインターネットへ接続できる強みがあるからです。

まとめ

通信回線自体はそこまで種類は多くないですが、プロバイダーは多種多様です。
料金については、契約回線や建物の種類ごとに異なるので、しっかり確認して自分に合ったプロバイダーを選んでくださいね。