オフィス・店舗向けwifiならこれ!おすすめ5選

オフィスや店舗でwifi導入を検討する場合、その目的は様々あると思います。オフィスをまるごとwifi接続できるようにしたいという、お店でお客様へのサービスとしてwifi環境を整備したいなど、目的によって適したwifiサービスを選ぶと良いでしょう。ここでは、オフィス・店舗向けWi-Fiのおすすめ5選をご紹介します。

オフィス・店舗向けWi-Fiを選ぶときのポイント

オフィスや店舗へのWiFi導入を考える際気になるのは費用面だと思います。また、ポイントとしては同時接続台数があると思います。事務所でwifiを使う人の人数、店舗の客席数などを考慮して、wifi機器を選んでいく必要があります。

以下5つをポイントとしておすすめwifiを比較していきたいと思います。
1.初期費用
2.月額費用
3.通信速度
4.同時接続数
5.セキュリティ


オフィス・店舗向けwifiおすすめ5選

①ギガらくWi-Fi[ベーシックプラン]
 (提供:NTT東日本)

gigarakuwifi出典:https://flets.com/gigarakuwifi/

1.初期費用:不要(※工事が必要な場合は実費)
2.月額費用:2,980円(税抜)/ 月
3.通信速度:IEEE802.11ac(最新の無線規格まで対応)
4.同時接続数:50台(推奨台数)
5.セキュリティ:WPA2 PSK(現在最新の最も強固な暗号化方式)
【ポイント】
初期費用不要という点は他社にはないメリットです。月々の費用も2980円でリーズナブル。
通信速度やセキュリティは最新のものを採用しておりコストパフォーマンスにも非常に優れています。
通信大手のNTT東日本が提供するサービスで、サポートも365日9~21時と充実しており安心感があります。

ギガらくWi-Fi:https://flets.com/gigarakuwifi/


②Wi2 300 公衆無線LAN
 (提供:ワイヤ・アンド・ワイヤレス)

wi2300_hp出典:http://wi2.co.jp/jp/

1.初期費用:端末費用29,800円(税抜)
2.月額費用:500円/月(税込)
3.通信速度:IEEE802.11acを含む(一部エリアのみ)
4.同時接続数:最大100台
5.セキュリティ:WPA2 PSK対応(現在最も強固な暗号化方式)
       (暗号化ありのものと無しのものがあります。)
【ポイント】
初期費用が他社と比較すると少し高めですが、月々の料金は500円と非常にリーズナブルです。契約期間の縛りはないということなので、長く利用するほどお得になります。
大手カフェのスターバックスもWi2のWiFiを利用するなど広く使われています。

Wi2 300 公衆無線LAN:http://wi2.co.jp/jp/


③FREESPOT
 (主宰:株式会社バッファロー)

freespot_hp出典:http://www.freespot.com/owner.php

1.初期費用:端末代23,800円(税抜)
2.月額費用:2,730円/月
3.通信速度:IEEE802.11a/b/g/n
4.同時接続数:最大200台
5.セキュリティ:WPA2-PSK対応(現在最も強固な暗号化方式)
【ポイント】
初期費用は発生しますが、月額費用は比較的リーズナブル。同時接続台数が圧倒的に多いので、大規模施設等に適しています。通信速度は最新のものではありませんが、インターネットの閲覧等であれば問題なく行えるでしょう。

FREESPOT:http://www.freespot.com/owner.php


④USEN SPOT
 (提供:株式会社USEN)[ベーシックプラン]

usenspot_hp出典:http://www.usen.com/biz_music/support/uspot.html

1.初期費用:工事費用実費+端末費用20,000円+事務手数料3,000円
2.月額費用料金:2,000円
3.通信速度:IEEE802.11a/b/g/n
4.同時接続数:未公開
5.セキュリティ:未公開
【ポイント】
初期費用が20,000円と雑費が発生するものの、月々の料金は2,000円とリーズナブルです。
プラス500円/月で外国人旅行者用に12言語で対応しているのはほかにないサービス。
ただ、通信速度は最新のものではなくセキュリティや同時接続数なども公開していないため、直接問い合わせが必要です。

USEN SPOT:http://www.usen.com/biz_music/support/uspot.html


⑤MSTAR(エムスター)マネージド無線LANサービス
 (提供:エーピーコミュニケーションズ)

mstar_hp出典:http://www.ap-com.co.jp/ja/mstar/

1.初期費用:50,000円~
2.料金:2,000円/月~
3.通信速度:802.11ac/a/b/g/n(機種により最新の無線規格まで対応)
4.同時接続数:機種により50台まで可能
5.セキュリティ:WPA2(機種により現在最も強固な暗号化方式まで対応)
【ポイント】
機器費用、メーカハードウェア保守費用が別途発生します。価格は全体的に高めに設定されています。メリットとしては、会社ごとに最適なプランを提案してくれる点。機器のスペックにより通信速度、セキュリティ、接続数は異なるため、検討時には確認が必要です。

MSTAR(エムスター):http://www.ap-com.co.jp/ja/mstar/


まとめ

月々のランディングコストが安いのはワイヤアンドワイヤレスの「Wi2 300」のようでした。ネット速度の快適さ、という面では、NTTの「ギガらくWi-Fi」が無線LANの最新規格対応の為一番速い速度でインターネットが利用できるようです。