IoTとは何?今更聞けないIoTの基本を解説

近頃「IoT」という文字を良く見ることが多くなってきたのではないかと思います。IoTを知らないという方も、実は日常生活で使っていたという方もいらっしゃると思います。ここでは、IoTっていったい何?という方の為に、IoTについて基本を解説いたします。

IoTとは?IoTの読み方と意味

IoTの読み方はアルファベットをそのまま「アイオーティー」と読みます。IoTは“Internet of Things”の略で、日本語では一般的に“モノのインターネット”と言われています。モノのインターネットとは何か?というと、パソコンやスマホなどのインターネット通信ができる機器だけでなく、ありとあらゆる「モノ」をインターネットに接続することを意味します。テレビやデジタルカメラ、オーディオプレイヤーなど、すでにモノのインターネット化は始まっています。


IoTでできることは?IoTの例

IoTの仕組みの基本として3つのステップがあります。
①センサーでモノから情報収集
②インターネットに繋ぎデータを蓄積
③蓄積されたでデータをもとに分析結果がヒトへ
モノがインターネットと繋がるだけでなく、データが蓄積できたり、データをもとに分析ができたり、最終的に情報がヒトに戻ってくるということもIoTの大きなメリットとなっています。

IoTでできること1.IoTで離れたモノの状態を知る

●温度・湿度・気圧・騒音などをセンサーにより環境をモニタリング
例)環境を知るセンサーをインターネットに繋げることで、外出先でも、家の状態を知ることができます。
●モノの位置を知る
例)モノに探知できる機器を備え付けてインターネットに繋げることで、インターネット上でそのモノの位置を知ることができます
例)バスなど交通機関のIoT化も進んでいます。バスとインターネットが繋がることにより、「バスが何分後に来るか」というリアルタイム情報をすることができます。

IoTでできること2.IoTで離れたモノの操作を行う

●IoTで遠隔操作
例)エアコンをインターネットに接続することで、外出先からエアコンのスイッチを入れることができる
例)テレビとスマホをインターネットで繋ぎ、スマホから録画予約をすることができる

IoTでできること3.IoTでケーブルレス

●モノとインターネットが繋がることでケーブル接続が不要に
例)カメラをインターネットに接続することで、ケーブル接続することなくデータの送信が可能に

IoTでできること4.IoTで健康管理

「ウェアラブル端末」と呼ばれる、身に付けることができるコンピュータ端末によって、健康状態の情報(脈拍、活動量など)を取得し、クラウド上に蓄積したり、異常があれば、担当医に知らせる機能があるなど医療分野でも活躍しています。

IoTでできること5.IoTにより自動管理

●モノとインターネットを繋ぎ、人工知能で自動管理
例)室内温度センサーをインターネット繋ぎ、最適温度を保つよう人工知能により自動で管理することができます。


まとめ

IoTの意味する「モノ」は、“あらゆるモノ”を意味します。IoTはまだまだ模索段階の製品が多いですが、今後、更に“あらゆるモノ”がインターネットに繋がる未来が来ると想像できますね。