月額料金を安くできるかも?気になる『SIMフリースマホ』について

スマホの料金が高いと悩んでいませんか?そんな人におすすめなのがSIMフリースマホです。SIMフリースマホを上手に使えば、今までよりもお得にスマホを使うことができますよ。今回は、SIMフリースマホを使うメリットやデメリット、Wi-Fiなどを使った運用方法などについてご紹介します。SIMフリースマホの導入を検討しているという方必見です!

目次

SIMフリースマホとは?

SIMフリースマホとは、SIMロックが解除されているスマートフォンのことです。では、SIMロックとはなにかという話になるのですが、SIMロックを知るにはSIMカードについて知らなければなりません。

SIMロックとSIMカード

SIMカードとは、スマホなどに挿入されているICカードのことを指します。スマホの機種変更をするときに出し入れをしているのを見たことがあるという方も多いでしょう。このSIMカードには、auやドコモなどの携帯会社を通じてインターネットに接続したり電話を掛けたりする情報が入っています。つまり、SIMカードをスマホ本体に入れることで初めて電話やネットができるようになるということです。

多くの携帯会社は、このSIMカードが自分の会社の携帯でしか使えないように端末にロックをかけています。このスマホにかけられたロックのことを「SIMロック」と言うのです。

SIMフリースマホ

冒頭でも述べたとおり、SIMフリー端末には、このSIMロックがかかっていないため、SIMカードさえあればどこのキャリアの通信でも使えます。簡単に言うと、A社のスマホにB社のSIMカード入れて使うことができるということです。

いかがでしたか?SIMフリースマホについてはおわかりいただけたでしょうか?SIMフリースマホは、メリットが多くある反面デメリットがあることでも知られているので、運用には十分に注意しなければなりません。続いては、SIMフリースマホのメリット・デメリットについてお話していきたいと思います。

メリット

維持費が安い

SIMフリースマホのメリットはいくつかありますが、一番のメリットは「維持費が安い」ということです。SIMフリースマホは、キャリアに縛られることがないので、いろいろなSIMカードを利用することができます。SIMフリースマホの運用方法については後程詳しく述べますが、MVNOと呼ばれる格安SIM会社を使えば、通常我々が使っているスマホよりも格段に安い値段でスマホを使うということが可能です。

海外で利用できる

また、海外でも気軽にスマホを利用することができます。通常のスマホを海外で使う場合、高額な通信料を支払うことがほとんどです。しかし、SIMフリースマホであれば、現地でSIMカード購入し差し込むことができるので、通常よりも安く海外でスマホを利用できます。ちょっとした旅行ではあまり大きなメリットとは言えないかもしれませんが、長期間出張で海外を訪れる人や頻繁に海外旅行へ行くという人にとっては大きなメリットになります。

気軽に乗り換えができる

新しい機種に頻繁に買い替えるという人にとってもメリットがあります。スマホは通常携帯会社で本体とSIMカードを同時に購入しますが、その際2年契約となっている場合が多く、2年以内に解約をすると違約金としてお金を携帯会社に支払わなければいけません。SIMフリースマホでは契約期間が短い場合が多いので、気軽に乗り換えをすることができます。

デメリット

キャリアメールが使えない

メリットがあれば、もちろんデメリットもあります。デメリットもしっかりと理解した上でSIMフリースマホを使いこなしましょう。SIMフリースマホのデメリット一つ目は、キャリアメールが使えないということです。auやドコモなどの大手キャリアでは、「~@ezweb.ne.jp」といったキャリア独自のメールアドレスを使うことができましたが、SIMフリースマホではこれらを使うことが出来なくなります。とはいえ、最近ではキャリアメールよりも、LINEやGmailなどを使っている人が多いので、あまり関係がないかもしれませんね。

無料通話ができない

電話を頻繁にしていたという人に注意をしてほしいのが「無料通話」などのプランが無いということです。通話をメインにしている人は注意が必要と言えるでしょう。ですが、LINEの通話機能を使ったり、かけ放題プランを用意している格安SIM会社と契約をすればそこまでデメリットに感じるということもなさそうです。

新たにスマホを用意する

SIMフリースマホを使う上での最大のデメリットといってもいいのが、新しい機種を用意しなければならなにということ。月々の金額が高くなるとはいえ、新たにお金が発生するのは避けたいですよね。そんな、初期費用がかかると嫌という人に覚えて置いてほしいのがキャリアによっては格安SIMをそのまま使うことができるということです。auならmineo、ドコモであればDMMモバイルの格安SIMをそのまま使うことができます。ただし、機種によっては使えないものもあるようなので事前確認が必須です。

SIMフリースマホの運用方法

格安SIM会社と契約をする

SIMフリースマホのメリット、デメリットがわかったところで、SIMフリースマホの運用方法についてご紹介していきます。SIMフリースマホの運用方法としてあげられるのが、「MVNO」です。先程から何回か出てきているMVNOとは、仮想移動体通信事業者のことで、いわゆる格安SIMを販売してくれる会社のことを指します。MVNOと契約をして、格安SIMカードをゲットし、手持ちのSIMフリースマホに入れるだけで今までのスマホのように使うことが可能です。

通話をせずに2GBまでネットに繋ぐことができるSIMカードを契約すれば、月額1000円で運用ができるという格安SIMもあります。どんな格安SIM会社があるのかという説明はここでは省きますが、様々な会社があるので、自分が使いたいプランにあった会社と契約をしてください。

Wi-Fiルーターで運用する

格安SIMと組み合わせる方法のほかにWi-Fiを使って運用をするという方法もあります。Wi-Fiで運用する場合は、キャリアの通信ではなくモバイルルーターを利用して通信をします。持ち物が一つ増えてしまうというデメリットはありますが、他のモバイル機器にも利用できるため、全体的に見ると金額が下がる場合が多いです。タブレットなど複数持ちをしているという方におすすめの運用方法になります。

どんな機種があるの?

最後は、SIMフリースマホの機種についてご紹介します。これを参考にSIMフリースマホの購入を検討してみてくださいね。

iPhoneSE

iphonese

定番のスマホiPhoneにもSIMフリー版が存在します。それが「iPhone SE」という機種。iPhone5と同じサイズ感なので、iPhone6Sなどに比べ片手で操作がしやすいようです。違いという違いはないようで、SIMロックが外れているということ以外は通常のものと同じと考えていいでしょう。

画面サイズ:4インチ
内蔵メモリ:16GB or 64GB
価格:16GB 47,800円 64GB 59,800円

ZTE SIMフリースマートフォン ZTE Blade E01 ブラック BLADE E01 BK

zte-blade-e01

とにかく安くSIMフリースマホを手に入れたいという方におすすめなのが「Blade E01」。ZTEが販売しているSIMフリースマホで、なんと14,800円で購入をすることができます。2016年の夏モデルでAndroid 5.1を搭載。ディスプレイサイズは、5インチで「iPhone SE」と比べるとやや大きい印象です。

画面サイズ:5インチ
内蔵メモリ:ROM 8GB RAM 1GB
価格:14,800円前後

FREETEL REI

rei

カラーバリエーションが豊富な機種が欲しいという方におすすめなのが「SAMURAI REI」。カラーは、スカイブルー・メタルシルバー・ピンクゴールド・シャンパンゴールド・メタルブラックの5種類。好みに合わせて選ぶことができます。搭載OSは、Android 6.0です。

画面サイズ:5.2インチ
内蔵メモリ:ROM 32GB RAM 2GB
価格:29,900円

SIMフリースマホを使おう!

いかがでしたでしょうか?今回は、SIMフリースマホについてご紹介しました。SIMフリースマホは月額料金を抑えられるというメリットがありますが、もちろんデメリットもあります。今回ご紹介したデメリットをしっかりと考えたうえで購入を検討してください。SIMフリースマホをゲットして、快適かつお得なスマホライフを楽しんでみてはいかがでしょうか?

関連タグ

  • SIMフリー
  • スマホ