活用の幅がグッと広がる!wifi接続でテレビがさらに便利に

最近では、スマホやゲーム以外にカメラなどにもwifi機能が内蔵されていますよね。それは、テレビも例外ではありません。テレビをwifiに繋ぐことで、番組関連情報の利用や動画配信サービスの利用をすることができます。今回は、テレビにwifiを繋いでできることやwifiの接続方法、wifi機能を内蔵したおすすめのテレビをご紹介します。wifiに繋げることで、テレビの活用の幅がグッと広がりますよ。

テレビをインターネットに繋げる方法

テレビをインターネットに接続する方法は、wifiの他に有線LANを使った方法がありますが、有線LANを使った場合、テレビを置く場所が限られてしまう心配があります。wifiを使ってインターネットに繋げば、好きな場所にテレビを置けるようになるだけでなく、テレビ周りのコードがスッキリとするので、インテリアにこだわっているという人におすすめです。

wifiに接続すると出来ること

テレビをwifiに繋げるとテレビを視聴する以外にもテレビを活用することができるようになります。

dボタンがさらに便利に!

リモコンのdと書かれたボタンを押したことがありますか?これは、「dボタン」と呼ばれるボタンで、デジタル放送になってから追加されました。「dボタン」は、番組の関連情報や天気予報、交通情報などが視聴できるボタンです。wifiに繋がなくても視聴をすることができますが、wifiを繋げることで双方向通信が可能になります。これにより、より詳しい情報が見られるだけでなく、クイズ番組や番組内のアンケートなどにリアルタイムで参加することが可能です。

録画した番組を別の部屋でも見ることができる

別の部屋録画した番組を他の部屋でも視聴できるようになります。ただし、これにはDLNAに対応したテレビとレコーダーが必要です。DLNAとは、さまざまな機器同士を相互に接続するガイドラインのことを言います。このDLNAに対応したテレビとレコーダーをwifiで接続すると、リビングで録画した映像をわざわざディスクなどに移さずとも別の部屋で視聴することができるのです。他にも映像や音楽、写真なども別の場所で見ることができます。

動画配信サービスが使える

wifiを使ってインターネットに接続することで、Huluやアクトビラなどの動画配信サービスを閲覧することができるようになります。普段パソコンやスマホの画面で動画を見ていたという人には特におすすめです。ただし、メーカーや機種によっては利用することができないサービスもあるので、購入前の確認は必須です。どんなサービスが利用できるのかしっかりと確認をしましょう。

WEBサイトの利用ができる

wifiに繋げるということは、インターネットに接続ができるということです。もちろんWEBサイトの利用をすることもできます。Yahoo!JAPANやYoutubeといったサイトを閲覧することも可能です。ただし、閲覧できないページやコンテンツなどもあるので注意が必要になります。また、メーカーごとに映像コンテンツがある場合があるので、こちらも事前に確認をしてから購入をするようにしましょう。

wifiを接続するときの注意点

回線の安定性

テレビとwifiを利用するときにはいくつか注意しておかなければいけないポイントが2つあります。まず、言えるのが、回線の安定性。dボタンを使ってアンケートに答えたりするだけという人はあまり気にならないかもしれませんが、動画を視聴したりする場合には、それなりに安定した回線が必要になります。不安定な回線のwifiで接続をすると途中で動画が止まってしまったり、満足に視聴をすることができなくなるという心配があります。通信回線の契約や家の環境にもよりますが、出来るだけ安定したwifiを確保するようにしましょう。

電波を使い分けよう

wifiでテレビを繋げるときは、電波を使い分けて使用するようにしましょう。wifiには、11aや11b、11g、11acといった通信規格があります。利用する機器の多い、11gにテレビやパソコンやゲームなどすべての機器を接続するとwifiを通して視聴していた映像がカクついたり、止まってしまったりするということがあるようです。それを回避するために、テレビは11aに接続、それ以外の機器は11gに接続をするといったように電波を分けてあげると快適に映像を視聴することができます。

wifiの接続方法

wifi内蔵のテレビを購入する

テレビにwifiを繋げる方法はいくつかありますが、もっとも簡単に接続できるのは、あらかじめwifi機能を内蔵したテレビを購入する方法です。最近のテレビは、すでにwifi機能を搭載しているものが多いので、テレビとwifiに対応した無線ルーターさえあれば比較的簡単にwifiに接続することができます。メーカーや機種によって設定の方法は変わってくるので、ここでは詳しい説明は避けますが、普段からスマホやパソコンでwifiを使っているという人であればなんということはないでしょう。

wifiを内蔵していないテレビの場合

wifi機能が付いていないタイプのテレビを所有しているからwifiを使えないとい言われるとそうではありません。wifiに繋げるためのアイテムを別途購入すればwifi機能が無いテレビもインターネットに繋げられるようになります。その必要なアイテムというのが、無線LANアダプタです。無線LANアダプタとは、テレビに繋げることで無線LAN内臓のテレビ同様にwifiを使えるようにしてくれる機器のことです。テレビ用だけでなくパソコン用などもあるので、購入の際はよく確認してから購入しましょう。機種やメーカーなどの確認も重要なポイントになります。

wifi内蔵のおすすめテレビ

SONY 40V型 BRAVIA KJ-40W730C 40V

sony-40v

ここからは、wifi機能を内蔵したおすすめのテレビをご紹介します。まずご紹介するのは、SONYの「BRAVIA KJ-40W730C 40V」。高画質高音質を実現したハイクオリティのテレビです。もちろん無線LAN内臓タイプなので、面倒な配線も必要ありません。ソニールームリンク対応機種なので、リビングで録画した番組を書斎で視聴することが可能です。また、wifiDirectにも対応。無線LANルーターを介さずに機器同士を接続することができます。

価格:65,000円前後
画素数:1,920×1,080
無線LAN機能:IEEE802.11n/a/g/b
幅×高さ×奥行:924x579x179 mm
重さ:9.1 kg
購入はこちら:amazonへ

1年ほどlcd-rdt241xpb使っていました。
少し離れてゲームをしていて文字が見にくかったのでkj-32w730cを購入してみました。
初期設定では画面が明るすぎて光漏れが気になりましたがちゃんと画質設定をしたら光漏れも消えて黒が締まりとても綺麗になりました。
黒がつぶれない程度にバックライトと明るさを下げたほうがいいと思います。音質は高音がよくでていて低音が薄いです。
外付けのウーファーをつけたら聞くに堪えないというほどでもないと思います。ゲームモードにすると色が少し薄くなります。
241xpbと比べても遅延は変わりありません。普通の人ならまず遅延は感じないと思います。
残像感は画面が大きいので多少あります(東芝J8程度)。
映画やテレビで残像を極力なくしたい人は上位機を購入したほうがいいかもしれません。
私の使用環境では不満は一つもないのでほしは5つです。
口コミ情報の引用元:amazonレビュー

パナソニック VIERA TH-49DX600 49インチ

viera-th-49dx600

続いてご紹介するのは、パナソニックの「VIERA TH-49DX600 49インチ」。有料動画配信サービス「hulu」にも対応した機種です。4K対応テレビなので、細かい部分まで鮮明に映ります。また、wifiに繋げば、Youtubeの4K動画を視聴することも可能ですよ。

価格:120,000円前後
画素数:3,840×2,160
幅×高さ×奥行:1106x693x235 mm
重さ:17.5 kg
購入はこちら:amazonへ

7年前はブルーレイ内蔵のAQUOS46型を使ってました。
使いはじめて4年で画面に黒く線が入ってしまったので、もうAQUOSは買わないと決めました。
このテレビは無線LANの設定をすればYouTubeなどが観れます♡
スマホで選んだ動画をテレビに向けて再生をタップすれば大画面でYouTubeが観れて子供たちも喜んでます(ღ˘⌣˘ღ)
今のテレビは進化したなぁと感心しました(*゚◇゚)
買ってよかったです(‘∀`)
ビエラも黒い線が入らないで…と願ってます^^;
口コミ情報の引用元:amazonレビュー

LG電子 55V型4K対応液晶テレビ 55UH6500

lgtv

最後にご紹介するのは、LGエレクトロニクスの「55UH6500」。wifiDirect対応の55インチのテレビです。YouTubeの4 K動画を再生できるので、テレビの大画面でyoutubeの映像を楽しみたいという方にもおすすめのテレビとなっています。

価格:120,000円前後
画素数:3,840×2,160
幅×高さ×奥行:1240x787x282 mm
重さ:18.2 kg
購入はこちら:amazonへ

ヨドバシカメラで購入しました。
最近、大型家電量販店のテレビコーナーに行けば、大体LG電子の製品が並んでますね・・・
10年ほど前は安かろう、悪かろう、或いはセカンドテレビ的な扱いでしたが、少なくとも一般用家庭用家電製品ではほぼ日本のメーカーを色々な面で追い越してると思います。特にこの液晶テレビの分野はその際たるものです。
同価格帯で、日本のメーカー品と見比べてみても、綺麗なものは綺麗なのです。しかも、2~3割ほど「安い」。
日本のメーカーの液晶テレビも全て液晶モジュールは韓国製と考えれば、仕方のない流れかも知れませんね。
どーしても、日本のメーカーのブランドでないと我慢出来ないという方は仕方ありませんが、この画面サイズで、この画質で、このお値段ですから。
口コミ情報の引用元:amazonレビュー

まとめ

いかがでしたでしょうか?今回は、テレビをwifiに繋げると出来るようになることや、wifiの接続方法、wifi機能を内蔵したおすすめのテレビをご紹介しました。テレビにwifiを繋げれば、WEBサイトなどを閲覧できるようになるだけでなく、録画した部屋とは別の部屋で番組を見ることができたり、リアルタイムでクイズ番組に参加できるようになります。今までよりも便利にテレビを使いたいという人はぜひwifiに接続をしてみてください。

関連タグ

  • wifi
  • テレビ
  • 比較