通話料金が安くなる?人気の通話アプリを比較してみた

キャリア契約では、かけ放題プランが主流となっていますが、格安スマホなどでは従量制の料金体系です。 せっかく格安スマホと契約して月々の料金を抑えても、通話料金が高くなっては元も子もないですよね。今回は、そんな悩みを解決する、「通話アプリ」をご紹介します。

1.通話アプリとは?

通話アプリとは、音声をデータ通信に変換して通話を行う、IP電話の事です。
通話アプリの種類は、現在では豊富にあり、料金、通話品質などもそれぞれ異なります。
通話料金が半額になったり、無料で通話できたりするアプリもあります。

2.通話アプリのメリット、デメリット

2−1.通話料金が安い

通話アプリ一番のメリットが通話料金の安さです。唯一のメリットとも言えるかもしれません。
30秒10円など、半額で通話できるものや、同じアプリ間であれば無料で通話できるアプリもあります。
電話番号がなくてもアプリを介して通話できるため、格安SIMのデータ専用SIMでも通話できます。

2−2. データ通信量を消費する

IP電話なので、データ通信量を消費します。
通話料金の他にデータ通信が発生するほか、無料通話アプリでも同様になります。
そのため、通信量に余裕を持ったプランにしたほうが良いです。

2−3.通話品質が悪い

アプリによっても品質が変わりますが、基本的に通信環境によって変わることが多いです。
また、タイムラグがあったり、通話が途切れたりすることも。
通話アプリ選びも重要です。
     

2−4.自分の番号通知がされない

非通知扱いされてしまったり、新たに割り振られた050から始まる番号で通知されたりします。そのため、前もってアプリの使用を伝えたりしておかないと、電話に出てもらえないこともあります。 

2−5.緊急通報ができない

通話アプリでは、3桁の番号発信ができないため、警察消防などへの通報ができません。
通常の通話ができる、音声対応SIMやキャリアSIMでは問題なくできますが、データ専用SIMでは、通常の通話ができないため、注意が必要です。非常時の事を考えると、メインの端末では普段は使わないにしろ、音声通話は必須ではないでしょうか。

3.主な通話アプリ

3−1.LINE

line

日本で最も馴染みのある通話アプリがLINEです。
LINE同士なら無料通話ができますし、その他、クレジットをチャージすることで電話番号へ発信もできます。自分の電話番号で発信するタイプです。料金体系はやや複雑な上、30日プランで使い切れなかったクレジットは持ち越せないため損してしまうこともあります。

電話やトークメッセージのコミュニケーションツールでありながら写真やメモの共有もできて万能なアプリです♪
着せ替えやスタンプなどのカスタムも豊富で個性が出しやすくゲームやクーポンなどの娯楽やお得感も満載(^ ^)
もはや必須のアプリになったと言えるでしょう!

口コミ引用元:Appliv[アプリヴ]

スマホに必須のアプリです!
手軽に友達と話したり、無料電話、ビデオ通話が出来たりとにかく凄い機能を持っているアプリです!
たくさんのスタンプで、より会話が楽しくなります笑
残念な点は、タイムラインが見にくくなり公式アカウントの投稿が多くなったことです。
でもこれは入れるべきです!

口コミ引用元:Appliv[アプリヴ]

LINEアプリDL用URL

3−2.Viber

viber

LINEと似たようなアプリですが、世界的な通話アプリです。
現在は楽天の傘下となっていますが、元々は海外の会社でした。
2016年10月現在、10分間無料通話のトライアルを行っており、回数無制限でかけることができます。ちなみに通知は非通知となります。

愛用しています。LINE以外の無料通話アプリを探していて行き着いたのがこのアプリです。初めて使った時、雑音が無さすぎて通話が切れていると勘違いしました。一度このアプリで通話をしたら、LINEには戻れなくなってしまいますが…是非ご体験あれ!

口コミ引用元:Appliv[アプリヴ]

10分間の無料通話ができるキャンペーン中のメッセージングアプリ。ガラケーとの2台持ちの人はアカウント作成時の番号登録時にガラケーの番号を入力すると、このアプリからの発信がガラケーの番号でできるようになるから発信番号の使い分けに凄く便利。

口コミ引用元:Appliv[アプリヴ]

ViberアプリDL用URL

3−3.楽天でんわ

rakutendenwa

楽天でんわは、通話専用アプリです。
独自の音声回線を経由して通話するため、通話品質は他の通話アプリよりもいいことが特徴です。料金は30秒10円。また、100円の通話料金につき、楽天スーパーポイント1ポイントが付与されるので、楽天市場などを利用する方には嬉しい特典です。電話番号は自分の番号が通知されます。

楽天でんわアプリDL用URL

3−4.G-CALL

g-call

G-CALLも、楽天でんわと同じように音声回線(ソフトバンクテレコム)を利用するので音声品質が良いです。
通話料金は課税されないので、楽天でんわと比較して8%安く通話することができます。
独自の特典として紹介制度があり、紹介した人、された人が250円分の無料通話をもらえます。

G-CALLアプリDL用URL

3−5.050plus

050plus

NTTコミュニケーションズが提供する通話アプリが050plusです。
アプリの名のとおり、050から始まる電話番号が割り振られるので、自分の持っている番号は使用できません。IP電話なので、データ専用SIMで通話することもできます。アプリ同士では無料で通話でき、電話番号へは1分16円でかけることができます。
月額料金は、OCNの音声通話SIMで無料、データ専用SIMで半額、一般300円です。

050plusアプリDL用URL

3−6.SMARTalk

smarttalk

SMARTalkは楽天コミュニケーションズから提供されている通話アプリです。
30秒8円で通話ができ、050plusと同じような料金ですが、月額料金がない分、安く使用できます。

SMARTalkアプリDL用URL

4.こんな方へオススメ!

4−1.格安SIMを使っている人

格安SIMは、基本料金は安いですが、無料通話や、かけ放題プランがないことが多く通話料金がキャリアに比べて割高になりがちです。
そんな時に通話アプリを利用すれば、通話料金を節約できます。データ専用SIMでも通話ができるアプリもあります。

4−2.通話を普段あまりしない人

格安SIMでなく、キャリア契約している人でも恩恵はあります。
かけ放題は2700円ほどで、かけ放題(5分)は1700円とおよそ1000円の差があります。60分以上通話をしない人にとっては、通常のかけ放題では無駄になるため、かけ放題(5分)を契約し、いざという時は通話アプリを使用する方法もあります。

まとめ

通話アプリは、基本料金が無料なため、気軽に使い始めることができます。
実際に使用してみて、使用感や自分の使い方にあったものを選定してもいいでしょう。LINEなどの普及によって通話機会が減っている方も多いかもしれませんが、料金プランの見直しのいい機会だと思います。