設定簡単で接続しやすい、マクドナルド無料wifiの使い方

2016年7月22日、ポケモンGOがついに日本にも上陸しました。マクドナルドとの提携でも話題になりましたよね。
マクドナルドでは、国内約2,900店のうち約2,500店が「ポケストップ」に指定されています。

店内や周辺で画面をタップすると「モンスターボール」「ポケモンのタマゴ」などが手に入る仕組みで、「ジム」に指定された約400店では、相手との対戦も楽しめるようです。各地のマクドナルドの店舗や周辺で、「ポケモンGO」を楽しむ人で溢れていましたが、ゲームをする上で気になるのが通信量。wifi環境があるかはポイントですよね。

そこでマクドナルドのwifi環境の最新情報をお届けします。

無料wifiの導入は2016年6月20日から

実は、マクドナルドが無料wifiの導入を展開し始めたのは、今年の6月20日から。
7月末までには、全国1500店へ導入するとの発表で、7月11日の時点ですでに全国1320店舗に導入されています。

それまでは「ソフトバンクWi-Fiスポット」が利用できるユーザーのみマクドナルドでwifiが使えていたようなので、不便に感じていた人は多かったのではないでしょうか。全国コンビニやカフェ、公共施設でも導入が進んでいた中では、少し遅い印象ですね。

※マクドナルドwifiはこのステッカーが目印です。

macwifi

画像参照元:http://www.mcdonalds.co.jp/shop/mcdwifi/index.html

こんなに簡単、マクドナルドのwifi接続

初めて利用する人は、メールアドレスかSNSアカウントを登録すれば、すぐに接続できて非常に簡単に利用できます。

設定手順について

1. 設定 → wifiで、アクセスポイントを検索

2. 「00_MCD-FREE- WIFI」を選択

3. Safariやgoogleなどのブラウザを起動すると、「Wi-Fiサービス利用登録」ページに。

4. 「同意して利用する」をタップすると、メールアドレスやSNSを選択して登録する画面。

5. メールアドレスかSNSのIDを入力したらログイン完了。インターネットが使えます。

登録後のメール確認なども必要なくすぐ使えるのが便利ですね。

接続時間の制限はあるの?

利用時間は1回あたり1時間。この時間を超えた場合は切断されるようです。
意外と短いです。
通信速度は、「IEEE802.11a/b/g/n」で、最新の次世代高速規格といわれている「11ac」に比べるとスピード落ちるようです。とはいえ、ネット上の口コミをみても、ストレスなく使えるというコメントも多く問題はなさそうです。

「ポケモンGO」をやるときは?

「ポケモンGO」は、ゲーム自体にはそれほど通信容量はかからないようで、yahooニュースによると、1時間あたりのデータ通信量は、11MB。

参考元:http://bylines.news.yahoo.co.jp/shinoharashuji/20160719-00060148/

バッテリーの方が問題とはなっています。通信量よりは、むしろ気にすべき点はゲーム攻略サイトや攻略の動画の通信量のようです。動画などをみると一気に通信量がかかってしまうので、このときに充電もしつつwifiに接続するのが良いかもしれませんね。

まとめ

マクドナルドでも気軽に使えるようになった無料wifi。
世界中の人が知っているマクドナルドは、訪日客にとっても安心して入れる場所ひとつです。
ただ、気になるのは接続時間の短さ。
今後は、接続時間などを気にせず利用できるようにサービスを強化していってもらえることを期待します。