改めて確認しておきたい!wifiとBluetoothの違いとは?

最近では、パソコンはもちろんスマホやミュージックプレイヤーなど様々な機器が無線化していますよね。無線化の発達に伴い、よく耳にするようになったのが、「wifi」や「Bluetooth」といった言葉。なんとなくはわかっているけど、人に説明するとなると困るという人も多いのではないでしょうか?そこで、今回は「wifi」や「Bluetooth」といった無線規格の特徴や違いについて解説をしていきます。それぞれの特徴やメリット、デメリット、違いなどを知っておくと、無線化しやすくなりますよ。

改めてwifiとは何なのか

無線LAN≒wifi

wifiとは、無線を使って様々な機器をインターネットに接続することができる技術のことです。同じような意味合いで「無線LAN」という言葉がありますが、厳密にいうと同じではありません。wifiは、無線LANの国際標準規格である「IEEE 802.11」という通信規格を使用しているということを保証する「ブランド名」なのです。そのため、Wi-Fi Allianceという団体に認められた製品だけが「wifiブランド」を名乗ることができます。

IEEE 802.11とは?

「IEEE 802.11」というのは、国際標準の通信規格という話は先ほどもしましたが、この通信規格にはいくつかの種類があります。現在出ている種類は、「b」「g」「a」「n」「ac」「ad」の6種類。IEEE 802.11のあとに「a」や「n」といった英語が書かれているのを見たことがあるという方も多いでしょう。これは、通信規格の種類を表しているものです。この6種類はそれぞれ、周波数帯や最大通信速度が異なります。周波数帯によって、特徴があるので、購入前にどの種類の通信規格が使えるのか把握をしておくといいでしょう。

【通信規格の種類】
b:11Mbps 2.4GHz 
g:54Mbps 2.4GHz
a:54Mbps 5GHz
n:300Mbps 2.4G/5GHz
ac:6.9Gbps 2.4G/5GHz
ad:6.7Gbps 60GHz

【周波数帯の特徴】
・2.4GHz 障害物に強く、家電製品の干渉を受けやすい
・5GHz 障害物に弱く、家電製品の干渉を受けにくい
・60GHz 高速通信ができる

障害物が多い場所では、2.4GHzを、家電製品が多い場所などでは5GHzの使用がおすすめです。wifiが使える機器を購入するときは、自分がどんな場所で使用したいのかを考えてから、製品を購入するようにすると、より快適に使うことができますよ。

屋外でも使うことができる!

フリーwifiなどの公衆無線LANサービスを使えば、屋外であっても無料で通信をすることができますが、自宅でwifiを利用するためには、独自にプロバイダなどと契約をする必要があります。そのため、wifi機能が搭載された製品であっても、自宅の環境が整っておらず、利用することができないということもあるようです。

Bluetoothとはなにか

Bluetoothとは、スマホや家電製品などをワイヤレスに接続することができる近距離通信規格のことです。最近では、ヘッドフォンやPCの周辺機器に使われているのをよく見かけますよね。wifiと同じように「IEEE 802.15.1」という世界統一の規格が定められているので、世界のどこへ行っても同様の規格が利用可能です。周波数帯は「2.4GHz帯」を利用しています。

 

BluetoothのClassについて

Bluetoothは、製品によってClassというものが定められており、それぞれのClassによって通信距離が変わってくるので購入の際は注意が必要です。通信距離とClassの関係性は以下の通り。

Class1:約100m
Class2:約10m
Class3:約1m

同じClassの製品であっても、電波強度が変わると通信距離が変わってきます。そのため、Class1に該当する製品であっても長距離の通信ができないということもあるようです。長距離の通信を行いたいという人は、Classだけでなく、電波強度などもしっかりとチェックしてから購入することをおすすめします。

プロファイルについて

また、覚えておいてほしいのがプロファイルという存在。プロファイルとは、Bluetoothを接続するためのルールのことです。繋げる機器同士が同じプロファイルを持っていないと接続をすることができません。例えば、Bluetooth対応にイヤホンでは、「HSP」「HFP」「A2DP」「AVRCP」といった4つのプロファイルが必要になります。プロファイルの把握は、利用できる機能の指標にもなるので、どんな機能が使えるのか調べたいときは、プロファイルを見るといいですよ。

先ほど説明したプロファイルの詳細は、以下の通りです。
HSP:ヘッドセットなどで音声の入出力をするためのプロファイル
HFP:ヘッドセットなどで通話をするときに使うプロファイル
A2DP:ステレオ音源をストリーミングで送るためのプロファイル
AVRCP:デジタルオーディオプレイヤーで用いられる、リモート操作するためのプロファイル

Bluetoothの特徴

■標準搭載されているケースが多い
Bluetoothは、近年の急速な普及により、多くの機器に標準で搭載されるようになりました。そのため、あまりBluetoothを搭載しているということを意識しなくとも良くなったのはメリットと言えるでしょう。

■障害物や干渉に強い
近距離通信規格というと、赤外線を思い浮かべる方もいるかもしれません。赤外線は、障害物があると接続が遮断されてしまう通信方法ですが、Bluetoothは障害物があっても通信をすることが可能です。また、バージョン1.2 から搭載されたAFH機能により、多くの製品で利用される機会の多い2.4GHz帯の中でも空いている周波数を見つけ、安定した通信を確保することができます。

■無料で利用できる
Bluetoothは、通信に費用がかかりません。そのため、Bluetooth機能を搭載した機器さえ用意することができればすぐに利用することができます。他に必要なものもないので、初めての人でも比較的利用しやすい通信規格です。

■バージョンに注意する必要あり
Bluetoothは進化を重ねてきた通信規格のため、バージョンが存在します。最新のバージョンは5で、バージョン4.2に比べ、通信速度や通信範囲が格段にアップしました。各バージョンには、互換性があるため、異なるバージョン同士であっても利用することができますが、利用できる機能は古いバージョンのものになります。例えば、スマホがバージョン1.2で、イヤホンがバージョン4.0の場合、スマホのバージョン1.2が採用されるということです。Bluetoothの機能を最大限に利用したいのであれば、バージョンにも注意して利用するといいでしょう。

ペアリングで接続をする

Bluetoothを接続するときに必要になるのが「ペアリング」という作業。ペアリングをしないと、機器同士を接続することができません。製品によってペアリングのやり方は、異なりますが、基本的には、接続する機器をペアリングモードに設定し、親機が子機を検出したら完了です。比較的簡単に接続をすることができるので、PC機器に詳しくないという方も安心して使うことができる無線規格と言えるでしょう。

wifiとBluetoothの違いとは?

ここまで読んだ方なら、どんな違いがあるのかわかってきたかと思います。ここからは、wifiとBluetoothの違いからそれぞれのメリットデメリットを把握しましょう。

通信速度

Bluetoothの最大通信速度が24Mbpsなのに対し、wifiは、「ac」という通信規格を使えば、最大で6.9Gbpsの通信を行うことが可能です。高速通信をしたいという時は、wifiを利用した方がいいと言えるでしょう。また、Bluetoothは、通信速度が遅い反面、省電力なため、ヘッドフォンなどのコンパクトな製品に組み込まれていることが多いです。

利用料金

Bluetoothは無料で利用できますが、wifiを利用する場合には、通信環境を整えなければいけない場合が多いため、利用したい機器以外に料金が発生する可能性があります。なかには、無料で使えるものもあるので、wifi機能を搭載した製品を購入する際は、確認するようにしてください。とはいえ、費用面などから初期導入のしやすさを考えるとBluetoothの方が導入しやすいと言えるでしょう。

周波数帯

wifiが2.4GHz~60GHzの周波数帯を使うのに対し、Bluetoothが使う周波数帯は2.4GHzの1つだけです。2.4GHzは、Bluetoothの他多くの機器が使う周波数帯のため、混雑しがちになります。安定したネットワークを築きたいという人は、wifiの周波数帯を使い分けるといいでしょう。

接続できる距離

Bluetoothとwifiのもっとも大きな違いは、接続ができる距離にあります。Bluetoothが搭載されている機器の多くはClass2が採用されているため、10mほどしか通信をすることができません。一方、wifiは、約100mまで通信をすることができるので、wifiの方が圧倒的に通信距離が長いと言えるでしょう。

どっちを使うべき?

メリットデメリットを考えるとwifiの方が優れた通信規格というようなイメージを持ちがちですが、Bluetoothはwifiに比べ省電力という特徴があるので、10m以下の短い範囲での使用はBluetoothを、長距離かつ高速な通信が必要という場合はwifiの利用がスマートと言えます。実際に、マウスやヘッドホンなどのあまり長距離で使う必要がないコンパクトな製品には、Bluetoothのみが標準搭載されている場合が多いです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?今回は、wifiとBluetoothの特徴や違いについて詳しく説明しました。同じような無線の通信規格であっても、違うものだということがわかったと思います。wifiはスマホやPC、ゲームなどの高速な通信が必要な機器のインターネット接続用として、Bluetoothはヘッドフォンといった小型機器の接続に使うのがおすすめです。自宅をワイヤレス化する際は、どんな場所の接続に向いているのかよく考えてから無線化を進めるといいでしょう。