wifiを活用して海外でもスマートフォンを使う方法のまとめ

海外旅行に行ったときも、日本と同じようにスマートフォンを使いたいものという人が多いでしょう。電話やメールやLINEで連絡もしたいし、地図は絶対に必須だし、写真を取ってSNSに上げたいときもあります。
でも海外でいつものようにスマートフォンを使うにはどうしたらいいのか、わからない人もいるのでは?そんな人のために、海外からスマートフォンをスムーズに使う方法についてご紹介します。

1.海外でスマートフォンを使うには

スマートフォンの使い方にもいろいろあります。代金がどのくらいかかるか不安なので通話や通信はしないという人もいますし、日本にと同じようにどんどん使いたい人もいるでしょう。
利用代金は、通話やデータ通信を行うかどうかで決まります。まずは自分の使い方を決めましょう。

1.海外では、通話もデータ通信もしない
2.海外では通話するだけ、データ通信を使わない
3.海外では通話しない、データ通信だけする
4.海外でも日本と同じ電話番号を使って通話し、データ通信もする
5.海外でも安上がりに通話もデータ通信もするが、電話番号が変わってもいい

上記、1〜5のどれに当てはまりますでしょうか?

1-1.海外では、通話もデータ通信もしない

この場合、通信手段の申込みをする必要はありません。スマートフォンを「機内モード」にするだけです。その状態でも、時計やアラーム、カメラとしては使用できます。

1-2.海外では日本と同じ電話番号を使って通話するだけ、データ通信はしない

この場合は「データローミングをしない」設定にします。データ通信はできなくなりますが、緊急用の通話機能は残ります。通話したときの代金は、日本に居るときよりも高価になります。

1-3.海外では通話しない、データ通信だけする

データ通信だけなら、海外で使えるwifiルーターがあれば大丈夫です。wifiルーターやSIMカードは、日本で用意することも、現地で用意することもできます。費用を一切かけたくないなら、無料のwifiスポットを探すという手もあります。
日本と同じ電話番号は使えませんが、LINE通話やSkypeを使えば、通話もできます。

1-4.海外でも日本と同じ電話番号を使って通話し、データ通信もする

日本と同じ電話番号を使いたいなら、各キャリア(携帯電話会社)の海外パケット定額プランを使用します。通話料は高額にはなりますが、同じ電話番号が使えます。データ通信も高価ですが使い放題で定額なので安心です。

1-5.海外でも安上がりに通話もデータ通信もするが、電話番号が変わってもいい

電話番号が変わってもいいなら、現地で使えるキャリアのSIMカード(以下、SIM)を用意します。SIMはスマートフォンに挿せば通話に使えます。wifiルーターに挿して使うこともできます。

今回の記事では、「3.海外では通話しない、データ通信だけする」と「5.海外でも安上がりに通話もデータ通信もするが、電話番号が変わってもいい」の場合について紹介します。

2.海外でwifiを使うには

海外でwifi機器を使うには、次の方法があります。

・持参のスマートフォンで、ホテルや街にある無料wifiを利用する
・wifiレンタルサービスを利用する
・日本でwifiルーターと現地のキャリアに対応したSIMを用意する。
・日本もしくは現地でwifiルーターを用意し、現地でSIMを購入する。

SIMって何?

日本でも、キャリアで携帯電話やスマートフォン、wifiルーターなどの回線を契約するときに見る、ICチップのついた小さなカードです。普段はスマートフォンの中に入っています。回線契約したSIMを機械に挿入することで、スマートフォンやwifiルーターが使えるようになります。
SIMには何種類かの大きさがあります。自分の持っているwifiルーターやスマートフォンのSIMの大きさを確認しておきましょう。

3.街の無料wifiを利用する

街にある無料wifiスポットを探せば、wifiを利用してスマートフォンを使うことができます。日本と同じように、マクドナルドやスターバックスなどによくあります。スマートフォン側で設定が必要な場合もありますが、無料で簡単に使えますし、特別な機械は要りません。

利用するホテルによっては、宿泊客用の無料wifiが用意されています。フロントで確認し、パスワードなどの必要な設定を聞いておきましょう。
国際空港も無料wifiスポットになっていることが多いので、到着してすぐでも基本的な設定や連絡に使えます。

国際通話になりますが、本来の電話番号での通話もできます。ただし割高です。

<メリット>
・データ通信の料金は無料になります。
・通話もLINEやSkypeを使えば無料になります。
・国によってはかなり多くの無料wifiスポットがあるので、不自由しないこともあります。

<デメリット>
・無料wifiのあるところでしか使えません。
・データローミングの設定を「しない」にすることを忘れたまま使っていると、ローミングサービスに切り替わって高額な請求が来ることがあります。

4.wifiレンタルサービスを利用する

wifiルーターの海外レンタルサービスもあります。wifiルーターと行き先に対応しているSIMをセットでレンタルできます。

店舗は成田空港や羽田空港など、国際便が発着する空港にあります。当日でも空きがあれば借りられますが、ネットで予約した方が確実です。
近くの空港に店舗がなければ、宅配便を利用して自宅に届けてもらうこともできます。
利用料金は「1日分の定額×日数分」です。国際ローミングサービスよりはずっと安上がりです。

<メリット>
・日本語の説明書がついています。
・わからないことは店舗で聞くことができるので、初めて海外でwifiを使う人でも安心です。
・wifiスポットを持ち歩くことになるので、どこでもwifiが使えます。

<デメリット>
・料金は「借りた日から返す日までの日数分」なので、移動で使えない日にも料金がかかります。
・出発する空港に店舗がないときは自宅まで配達してもらう必要があるので、少し余分に費用がかかります。
・実際に設定してうまく使えるかのテストは、現地に行かないとできないので少し不安です。

5.日本でwifiルーターとSIMを用意する

普段からwifiルーターを使っている人ならば、現地のキャリアに対応したSIMを用意して、普段のSIMと差し替えれば使えます。スマートフォン側では新しいSIMに対応した設定が必要です。現地のキャリアに対応したSIMは、日本でもAmazonや業者のWebサイトから購入できます。

<メリット>
・荷物が普段とあまり変わらないので安心です。
・日本にいる間に落ち着いて準備できます。
・SIMの説明書も日本語が多いです。

<デメリット>
・あらかじめ自分で下調べするので、ある程度の知識が必要になります。
・実際に設定してうまく使えるかのテストは、現地に行かないとできません。

6.現地でSIMを購入する

現地でプリペイドのSIMを購入し、wifiルーターに挿して使用します。多くの国では、プリペイドタイプのSIMが気軽に購入できます。空港でも売っていますし、スーパーやコンビニにも、電気屋にもあります。
購入したSIMは、もちろんスマートフォンに挿入して、日本に居るときと同じ感覚でスマートフォンを使えます。電話番号は変わりますが、通話もできます。

たいていの国ではいくつかのキャリアがあります。購入するときに店員に相談すれば、行き先に合ったSIMを選ぶことができます。国によっては、地方や離島のリゾート地では使えないキャリアがあったりしますが、店員に相談すれば、自分の行き先で使えないキャリアを買わなくて済むということです。

購入したSIMはそのままでは使えません。アクティベーションという開通手続きをする必要があります。自分でできるなら、到着した空港でプリペイドSIMを購入し、アクティベーションしてしまえば便利です。自分でできなければ、キャリアの販売店で店員に頼むこともできます。

この方法が一番安上がりです。wifiルーターは自分で持っていってもいいですし、現地で購入してもかまいません。電気屋に売っています。

<メリット>
・安いです。たいていのプリペイドSIMには無料利用分がついているので、それを使えます。
・前払いで、請求金額がはっきりしています。追加料金はありません。
・SIMのサイズに気をつければ、wifiルーターだけでなく、スマートフォンにも使えます。
・行き先に合わせたキャリアのSIMが使えます。

<デメリット>
・説明書や設定には、たいてい英語と現地語しか書いてありません。
・自分で開通手続きをする必要があります。
・ある程度の知識や慣れが必要です。

7.wifiを使うことのメリットとデメリット

wifiを使うことのメリットとデメリットを紹介します。

<データ通信にwifiを使うことのメリット>
・一度に複数の端末で通信できます。一台のwifiルーターで、同行した人全員で使うこともできます。
・スマートフォンだけでなく、パソコン、タブレット、ゲーム機など、いろいろな機械で使うことができます。

<データ通信にwifiを使うことのデメリット>
・かなり多くのデータ量を使うので、料金には注意が必要です。
・wifiがないところでは使えません。

<音声通話にwifiを使うことのメリット>
・LINE通話やSkypeなど、データ通信として扱われる方法で通話もできます。
・通話に使用するのは電話番号ではなくIDなので、日本と同じIDで通話できます。
・無料で通話できます。

<音声通話にwifiを使うことのデメリット>
・同行したメンバーで1台のwifiルーターを共用している場合、同じ場所にいる必要があります。wifiルーターから離れた場所では連絡を取ることができません。つまり、何組かに別れて行動することがしにくくなります。
・音質はあまり良くなく、ブツブツちぎれることもあります。

まとめ

海外での通信を考えるとき、重要なのは「どこへ行くか」です。行き先によって展開しているキャリアが違います。また、行き先によっては日本で準備する方法も使えないときがあります。さらに、同じ国の中でも都市部と田舎や離島では、強いキャリアが違うこともあります。行き先が決まったら、まずは事前に現地の通信事情を調べておきましょう。
料金を重視する場合は、あらかじめ勉強や下準備が必要になります。