スマホの通信容量足りてる?wifiをうまく活用しよう!【wifiの基礎知識まとめ】

世の中で「wifi」という言葉を聞く機会がとても増えました。スマートフォンが当たり前の存在になるぐらいまで普及して、ヘビーにインターネットの各種サービスを利用する人が増え、通信の重要さやコストの面にも注目が集まるようになった影響が大きいと思います。
wifiという言葉の意味も少しずつ広がって、拡大解釈的に使われるケースが増えていますので、この記事では定義も含め、wifiにまつわる基礎知識などをいくつかまとめてご紹介します。

そもそもwifiとは?

wifiという言葉の元々の意味は、「無線LAN」の機材が相互に接続可能なことを表すための認証の規格「Wi-Fi」のことです。世の中に無線LANが出回り始めた頃はWi-Fiという規格が存在しなかったため、メーカーが異なる無線LAN機器同士は接続が出来ない、と言うのがごく当たり前の状況になっていました。

相互接続を保証する規格

当たり前のことですがそういった状況はユーザーにはとても不利益ばかりですので、「Wi-Fi Alliance」という団体が立ち上げられて「Wi-Fi認証」の制度がスタートしました。基本的にはこのWiFi認証を受けた無線LAN機器は、同じ規格の通信手段をとっていれば相互の接続性が保証されています。

例えば、IEEE802.11nという無線LANの規格に対応する機器同士で両方ともWi-Fi認証を受けた機材ならば、メーカーが異なっていても問題なく接続して通信が行える、そういう証明書代わりになるのです。未だに微妙な機材間の相性問題は残っていて、Wi-Fi認証を受けた機材同士でも接続に若干の不具合が出る場合も有ります。

名前の意味は実は後付け

ちなみにWi-Fiは元々は言葉のゴロの良さから、オーディオなどで使われる「Hi-Fi(High Fidelity:高忠実性)」という言葉をもじって生まれた言葉のようで、元々は言葉自体に特に意味がなかったようです。
それではまずいと言うことで、後付けで「Wireless Fidelity」の略、という由来が作られました。

今使われているwifiという言葉

今は、wifiと言う言葉が無線LANとほぼ同じ意味で使われています。
現在、世の中に存在する無線LAN機器でWi-Fi認証を受けていないものはまず存在しませんので、そういった意味からも(Wi-Fi認証を受けた)無線LANをwifiと呼ぶことになってきたようです。

拡大解釈されるwifi

wifii

この言葉がかなり便利ですので拡大解釈もなされてしまっていて、携帯電話回線などを使うインターネット接続サービスまでwifiと呼ばれる場合があるようです。バナー広告などでたまに見かける「wifi月額~円!」などといううたい文句は、たいていは携帯電話回線やWiMAXの回線を利用する、インターネット接続サービスであることが多いです。

モバイルWi-Fiルーターを、「Pocket WiFi」という商品名で真っ先に世の中に売り出した旧イーモバイル(現Y!mobile)の影響力も大きかったのかもしれません。

文中の意味の取り方に注意

無線LANホットスポットもwifiスポットと呼ばれたり、その中でも無料で利用可能なものはFree wifiなどと呼ばれることも増えました。
wifiという単語は、文の流れによって複数の意味で使われる言葉になってしまっていますので、その点には注意して文章を読む方が良いでしょう。

では無線LANとは?

無線LANとは無線、主に電波で接続出来るLAN(Local Area Network)のことです。元々からあるケーブルをつなぐことで接続する「有線LAN」と対になる言葉です。

LANとは

LANとは略語の通りに、ある限られた領域の中だけで接続するネットワークのことで、家の中だけとか、ある会社の中だけでつながるネットワークのことを指します。通常はインターネット側から中身を覗くことが出来ないネットワークでもあります。

全国展開している会社の社内だけでつながるネットワークも、地域的に全然ローカルではありませんが、ネットワークの種類としてはLANになります。ただそこまで規模が巨大になると「イントラネット」などと呼ばれるケースが増えます。

LAN<=>インターネット

また、LANはインターネットと対になる言葉でもあります。インターネットからは基本切り離されているネットワークは、たいていの場合はLANと呼ばれます。
LANに対してインターネットに接続するためのネットワークの基盤は、Wide Area Network=WANと呼ばれることもあります。
通常は分離していて接点のないLANとインターネットを結びつけて、関所の役目を果たすのがルーターになります。

wifiのメリット

wifi

wifiの最大のメリットとなるのは、やはり「ケーブルがいらないこと」です。
wifiの電波の届く範囲内ならば、機材の設置に制限がほぼなくなります。LANケーブルは細くて柔らかいタイプでもかなり主張が強いケーブルが多いので、ネットワークに接続する機器はケーブルマネジメントを最初から考えておく面倒があります。

また、スマートフォンの回線がどんどんと高速化していきます。回線速度が上がるにつれ、スマホで扱えるデータ量も増えます。増えれば増えるほどに、知らない間に通信容量が制限を超えることも多くなっているようです。wifiをうまく使う事で、通信容量を確保できます。

スマートフォンのデータ通信容量規制

スマートフォンはメールやSNSだけにとどまらず、外出中に不明なことを調べたり、ナビや電車の乗換案内などにとても便利です。最近では動画を見たり、ゲームなどをスマートフォンで行うため益々データ通信量が増えています。そのため、大抵の場合スマートフォンの契約時にはデータ通信の定額プランに入っていると思います。ところが、無制限の様に見えるデータ通信容量も一般的に7Gbyteを上限にしています。 それを超えると通信規制がかかって、使えなくはないですがとても遅い速度になってしまいます。最近では大容量の通信ができるような料金形態もスタートしていますが、頻繁に使う人にはそれでも足りないかもしれませんね。

wifiを利用すればスマホのデータ通信網は使わない

wifiでデータ通信をする時には、当然のことながらwifiの先のデータ通信網を使います。したがって、スマートフォンのデータ通信網を使わない為、長時間の動画を見ても大容量データ通信をしても通信容量規制にかかることはありません。wifiをうまく活用することがスマートフォンの通信容量を確保するためには重要です。

wifiの方が早い?

スマートフォンの通信網は当然のことながら電波を使ってのモバイル通信網で、通信が輻輳する時間帯や場所では速度低下が顕著になります。wifi環境での通信はバックボーン回線のスピードにも寄りますが、モバイル通信ほどの通信速度低下は発生しません。安定した通信が行われるので大容量の通信時やアプリのダウンロードの時にはwifi環境下で行うのがおすすめです。

無料wifiポイントも豊富に

コンビニエンスストアを始め、喫茶店やファーストフード店、ファミレスなどで無料のwifiスポットを提供しているお店があります。空港や駅などの公共交通機関でも利用可能になっています。混雑しているときには無料のwifiスポットの方が速度が遅い場合もありますが、利用しない手はありません。ただし、無料wifiスポットではセキュリティには充分気を付ける必要があります。

wifiのデメリット

wifiのデメリットの一つは、接続の安定性が有線LANよりも劣ることです。電波で接続している以上、何らかの原因で突然接続が失われるケースはそれなりにあります。よく知られているのは、2.4GHzの電波を使うwifiが電子レンジから漏れる電波と相性がとても悪いことでしょう。それ以外でも様々なノイズなどで接続が切れるケースはある程度の確率で発生してしまいます。

2つめとしては、一般的には通信速度が有線LANよりも劣ることです。
最近は規格上、有線LANを超える論理的な通信速度(≒リンクアップ速度)を備えたシステムもありますが、多くのwifiでは実際の通信速度はリンクアップ速度の数分の一程度に留まることが多く、実効速度ではギガビットの有線LANが有利なケースが多いです。
ただ、こちらが問題になるのはLANの中で大きなファイルをコピーする時ぐらいではあります。インターネットのサービスを利用するときはあまり問題になるケースはないでしょう。

弱点もあるにはありますが、それ以上にネットを利用する場所の自由度が極めて高いところが、wifi普及の最大のポイントだと思います。

wifiで使う電波

wifiも電波を使用するシステムですので、日本では電波法の管理を受けるものです。ですので、利用可能な電波は限定されています。

2.4GHz帯と5GHz帯

今のところ世に出ているwifiでは、2.4GHzの電波を利用するものと、5GHzの電波を利用する2種類があります。
2.4GHzのほうは、前の節にも書きましたように電子レンジの電波との干渉があります。また、カフェなどではwifiスポットが2.4GHzの電波を使って構成されていることが多く、自前のモバイルWi-Fiルーターを利用する際などには、電波の相互干渉で接続が安定しなかったり、通信速度が出ないケースがあります。

5GHzのほうではそういったことはなく、安定した接続や通信速度が出やすくなっています。

その代わり一部の気象レーダーの使う電波との干渉があり得ますので、モバイルWi-Fiルーターなどでは5GHzのwifiを使う前に、気象レーダーの電波のサーチを行うはずです。このため電源を入れてもすぐにはネット接続が行えません。まだ製品が世に出ていませんが、60GHzの超がつきそうな高周波を使うwifiも規格が出来上がっています。

技適マークの意味

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-03-1-37-21

wifi機器も電波法の管理を受けるもの、と上に記載しましたが、日本国内で継続して利用できるwifi機器にはスマートフォンなどと同じように「技適」の認証マークがつきます。

外国人観光客など一時的(90日以内)利用ならば技適のない機器で電波を出すことも認められていますが、継続的に利用する場合には技適マークのないwifi機器で電波を出すと「電波法違反」です。

例えば秋葉原などで中国製の格安タブレットが販売されていたりしますが、そういった機材は基本、技適を通していないケースが多いはずです。厳密に言えばそういった機材ではwifi経由のインターネット接続は行えません。

ちょっと注意した方が良い点かもしれません。

wifiの規格

ここまでに規格化されているwifiの主な種類は以下の通りです。

▶IEEE802.11b
2.4GHzの電波を使うもので、最大リンクアップ速度は11Mbps

▶IEEE802.11a
5GHzの電波を使うもので、最大リンクアップ速度は54Mbps

▶IEEE802.11g
2.4GHzの電波を使うもので、最大リンクアップ速度は54Mbps

▶IEEE802.11n
IEEE802.11aとIEEE802.11gを発展させて通信速度を向上させた規格で、2.4GHzと5GHzの両対応。複数の通信を束ねる「MIMO(Multiple-Input and Multiple-Output)」という仕組みを備えていて、最大600Mbpsのリンクアップ速度を実現

▶IEEE802.11ac
IEEE802.11nをさらに高度化して通信速度を向上させたもの。5GHzの電波を利用。MIMOの技術をなどフル活用して、最大6.9Gbpsもの最大リンクアップ速度を実現可能

▶IEEE802.11ad
これから世に出る規格で、60GHzの超高周波を使用。最大リンクアップ速度は6.8Gbps

今は、IEEE802.11nからIEEE802.11acに各種機器が移行している段階です。
ちなみに「IEEE」は「アイ トリプルイー」と読みます。

wifiと暗号化

wifiの電波は同じ規格の機器を使っているパソコンやスマートフォンならば、誰でも受信が出来ます。wifiのセットアップをしていて、見たことのないwifiの親機の名前がズラズラと並ぶのを見たことがある方も多いでしょう。

angouka

これは隣り合った別のお宅で使用していると思われるwifiの親機(≒wifiルーターなど)が見えているものです。
逆に、特に何も設定を行わなければ、自分が使っているwifi親機も他の人の機器から丸見えになっているわけです。
ですので、wifiの親機と接続するために使うパスワードの管理はしっかりと行う必要がありますし、wifiでの通信も強度の高い暗号化を行う必要があります。

暗号化方式

古いwifi親機では、WEPなどといった古く強度の低い暗号が使われている場合も有りますが、そういった方式の暗号化通信は絶対に使わないようにしましょう。WEP方式は、今では誰でも手軽な価格で手に入るような機材で簡単に暗号が解除されるレベルの、極めて危険な暗号化方式です。

より新しく安全な暗号化方式の「WPA」や「WPA2」を使うようにしましょう。
また、場合によっては他の機材からwifi親機が見えなくなる、「ステルスSSID」などといった機能を利用するのもセキュリティを高める良い方法です。

家庭の光回線とwifi

自宅でwifi環境を作ろう!

最近では携帯電話で十分とのこともあって家庭での電話回線を引いていない人も多いと思います。家庭ほどwifi環境を構築してスマホの通信容量を確保するのに最適な場所はありません。PCをインターネットに繋げようとする場合には固定の高速回線を利用し、接続方法も有線ではなくwifiを使うことが多くなっていると思います。家庭内、どこにいても使えるようにwifi環境を構築しておくとスマホやタブレット、PCなど何でもネットにつなぐことができるので便利です。スマホ以外にもネット環境に接続する機器が増えている昨今では、固定回線がある方がお得なことも多いです。

光回線とスマホがセットに!

光回線といえば、NTTの回線を利用するかCATVなどの回線を利用していました。今は、携帯電話会社が光回線の契約を一緒にセット販売しています。個別に契約をするよりもお得に契約できるのが特徴です。家庭の契約状況やスマホの利用状況などでも変わりますが、固定回線と携帯のセットは非常にお得になっています。wifiルータなどもセットレンタルなどをしている場合もあり、非常に楽に安価でwifi環境を構築できるようになっています。

wifiルーターを使おう

通常の固定回線を引いたうえでwifiルータをつかって家庭内で無線LANの構築をしてみましょう。固定回線用のwifiルータはピンからキリまでありますが、1万円ほどで家電量販店で購入可能です。設定も煩わしい事が今はほとんどありません。簡単に接続できるようにスマホでもwifiルータ側にも簡単接続の機能が付いています。取扱説明書を読めば誰でもできるようになっていますよ。設定で困るようであれば、家電量販店でも教えてくれるので安心です。

携帯用のwifiルーター

携帯用のwifiルーターを持つことでもwifi環境を作ることができます。DoCoMoを始めとした携帯電話キャリアでも販売されていますし、UQモバイルやYモバイルなどの格安モバイル通信会社でも販売されています。外出先ではスマホの回線を使うことでも対応できますが、容量制限や価格面などを考慮してどちらを使う方が経済的かを吟味してみましょう。いざという時に使えるように通信容量を取って置く為に携帯wifiルータを持つのも悪くないかもしれませんよ。

通信キャリアのwifiスポット

携帯通信キャリアは独自のwifiスポットを提供しています。カフェやレストランなどの飲食店やコンビニやスーパーなどの商業施設、空港や駅などの公共交通機関で使えるようになっています。具体的なスポットについては、各キャリアで異なっているので公式Homepageで調べておきましょう。またステッカーを貼ってあることも多いので、よく行く店舗に貼ってないかチェックしてみてください。待ち時間や休憩時にwifi環境を使えるのでとてもおすすめです。近くのwifiスポットはチェックしておきましょう。

スマホでwifiを使う方法

基本はwifiの機能をONにするだけ!

wifiが一般的な接続方法として普及する以前では、SSIDを自前で作りパスワードを作って接続設定を行うのが主流でした。今ではほとんど設定が必要ありません。QRコードを読み込めば設定できる端末や、ボタン一つで自動で設定してくれる機器もあります。一度設定してしまえばスマホでwifiを使いたいときはwifi機能をONにするだけです。

つながりにくい時の簡易的な対処法

wifiがつながりにくいときには、一度wifi機能をOFFにして再度ONにするとつながりやすくなります。wifiの電波を拾いにくいときもOFFとONをすると拾うことがあります。すぐにつながらない場合には一度お試しください。特にwifiがたくさんある場所、公共交通機関やカフェなどではどのSSIDでつかがるのか予想外のポイントでつながろうとする場合があるので、自動でつながるのを待つのではなくSSIDを選択してつなぐ事も必要です。

まとめ

wifiはとても便利な仕組みです。
電波が届く中であれば邪魔なケーブルもなく、どこからでもネットワークが利用できて、パソコンやスマートフォンなどの利用スタイルを大きく変えることの出来る機材です。ですが弱点やセキュリティ上、気をつけた方が良い部分もあります。

一方で、スマホでの高速通信容量がどんどん増えていっている中で、wifi回線を使う方がより経済的に、より高速で安定した通信を行うことができます。wifi環境も作りやすくなっていますし、料金的にもリーズナブルになっています。家庭でPCでインターネット接続をしている人でまだwifi環境を構築していない人は、ぜひ作ってみてください。スマホの通信容量の確保をしたり、安定的な通信を行う事ができるのでおすすめです。