スマホ対応のIoT体重計おすすめ7選

IoT(モノのインターネット)が話題の昨今ですが、体重計もwifiやBluetoothで繋げる商品が出ています。体重を測ると、自動で数値が記録され、グラフなどで体重管理がしやすくなる、というもの。いちいち記録せず自動で記録されていくのは面倒がなく便利ですよね。今回は、wifiやBluetooth対応の、スマホで体重管理ができる体重計のおすすめ7選をご紹介します!

wifiやBluetooth対応の体重計を使うメリット

ダイエットにおいて体重計測は必須ですが、その際体重の推移が視覚的に分かることが良い効果をもたらすと思います。体重の記録が段々面倒になってきてしまい、ダイエットも続かない。なんていうことも良くあるかと思います。でも、wifiやBluetooth対応の体重計があれば、体重を測るだけ。体重を測定すると自身のスマホやパソコンにデータが送られ、自動でグラフなどにしてくれる機能もあり、余計な手間が省けます。嫌になりがちなダイエットを促進する助けになってくれるでしょう。


スマホ対応の体重計おすすめ7選

タニタ(TANITA)

1.インナースキャンデュアル RD-800 (ブラック)
1iPhone対応Bluetooth体重計
出典:https://www.amazon.co.jp/

最新の超高性能スマート体重計
■通信:Bluetooth対応
■価格:¥ 53,784~
■サイズ:幅328×奥行298×高さ31mm
■対応アプリ:ヘルスプラネット
■測定項目:体重、体脂肪率、BMI、筋肉量、筋質点数、体水分率、内蔵脂肪レベル、、基礎代謝量、推定骨量、脈拍他
■特徴
・医療分野で使われるプロフェッショナル体組成計の技術を取り入れた高精度デュアル周波数測定で、より正確な測定が可能に。
・部位別測定を搭載
・測定項目はタニタ史上最多の26項目
・脈拍測定機能搭載

http://www.tanita.co.jp/content/innerscandual/rd800.html



2.インナースキャンデュアル RD-901
2iPhone対応Bluetooth体重計
出典:https://www.amazon.co.jp/

高機能なのにお手頃価格。iPhoneユーザーならこれ!
■通信:Bluetooth対応
■端末:iPhoneのみ
■価格:¥ 12,500~
■サイズ:W328×D298×H31mm
■対応アプリ:ヘルスプラネット
■測定項目:体重、体脂肪率、BMI、筋肉量、基礎代謝量、推定骨量、内臓脂肪レベル、体水分率他
■特徴
・医療分野で使われるプロフェッショナル体組成計の技術を取り入れた高精度デュアル周波数測定で、より正確な測定が可能に。

http://www.tanita.co.jp/product/g/_RD901WH/


オムロン(OMRON)

3.体重体組成計 HBF-253W-BK カラダスキャン
3iPhone対応wifi体重計
出典:https://www.amazon.co.jp/

wifi対応タイプ。
■通信:WiFi
■価格:¥ 28,900~
■サイズ:幅約327×高さ約30×奥行き約312mm
■対応アプリ:ウェルネスリンク、WM(わたしムーヴ)
■測定項目:体重、体脂肪率、BMI、内蔵脂肪レベル、、基礎代謝他
■特徴
・自動認識機能で、乗るだけで約4秒のスピード測定

http://www.healthcare.omron.co.jp/product/hbf/hbf-253w.html



4.体重体組成計 HBF-254C カラダスキャン
4iPhone対応bluetooth体重計
出典:https://www.amazon.co.jp/

フラットデザイン掃除しやすい
■通信:Bluetooth、NFC
■価格:¥ 9,700~
■サイズ:幅約327×高さ約30×奥行き約249mm
■対応アプリ:WM(わたしムーヴ)、からだグラフ
■測定項目:体重、体脂肪率、BMI、内蔵脂肪レベル、、基礎代謝他
■特徴
・自動認識機能で、乗るだけで約4秒のスピード測定
・前回値表示で体の変化をチェック
・透明電極とガラス天板でボタンや表示画面の凹凸もないフラットデザイン

http://www.healthcare.omron.co.jp/product/hbf/hbf-254c.html


ウィジングズ(Withings)

5.スマート体重計 Body Cardio
5スマホ対応wifi/bluetooth体重計
出典:https://www.amazon.co.jp/dp/B01JZ0Q25C?ref_=ams_ad_dp_asin_img

厚たった1.8cmのスリムデザイン
■通信:WiFi、Bluetooth
■価格:¥ 20,500~
■サイズ:38 x 38 x 1.8 cm
■対応アプリ:Health Mate
■測定項目:体重、体脂肪、BMI、筋肉量、体水分率、骨量他
■特徴
・脈派伝播速度測定機能を搭載で、家庭内で心臓の健康状態を把握することが可能
・対応アプリでは体重管理の他カロリー管理もできる
・Health Mateは100以上の健康やフィットネスアプリと連携できます。
・WiFi接続すると、天気予報も表示

http://www.withings.com/jp/ja/products/body-cardio



6.スマート体重計 Body
6スマホ対応wifi/bluetooth体重計
https://www.amazon.co.jp/dp/B01F3LJ2RW?psc=1
出典:https://www.amazon.co.jp/dp/B01F3LJ2RW?psc=1

BluetoothだけでなくWiFiにも対応
■ネットワーク:WiFi、Bluetooth
■価格:¥ 12,999 ~
■サイズ:36.7 x 4.1 x 36.5 cm
■対応アプリ:Health Mate
■測定項目:体重、体脂肪、筋肉量、体水分率、骨量、BMI
■特徴
・体重計に過去八回分の体重がグラフで表示
・対応アプリでは体重管理の他カロリー管理もできる
・Health Mateは100以上の健康やフィットネスアプリと連携できます。
・WiFi接続すると、天気予報も表示

http://www.withings.com/jp/ja/products/body


フィットビット(Fitbit)

7.aria Wi-Fi多機能体重計
7スマホ対応wifi体重計
出典:https://www.amazon.co.jp/dp/B0077L8YOO?tag=s02a3-22

ダッシュボードでダイエットをあらゆる角度から管理できる
■通信:WiFi
■価格:¥ 13,200~
■サイズ:31.2×31.2×3.3cm
■対応アプリ:Fitbit
■測定項目:体重、体脂肪率、BMI
■特徴
・研磨仕上げのガラス表面スマートなデザイン
・Fitbitダッシュボードと自動的に同期して進捗グラフを確認できる
・ダッシュボードでは食事や運動の記録も可能

https://www.fitbit.com/jp/aria


まとめ

WiFi、Bluetooth対応のIoT体重計は、3千円くらいの比較的手ごろなものから、5万円ほどもする高機能なものまで様々あるようです。また、Bluetoothのみ対応のものは、Androidでは使えない場合もあるようなので注意が必要です。
ネット経由で自動管理できるネット対応体重計。面倒が省け、ダイエットの手助けにもなりそうですね。