ビジネスフォン紛失時に必要な事前対応は万全ですか?!

スマートフォン(以下スマホ)が普及してきたことで、社用携帯(以下ビジネスフォン)もスマホを貸し出されるという事が多いのではないでしょうか。従来のフィーチャーフォンと比べてスマホはアプリケーションをインストールすることで幅広く機能を追加することができ、利便性が上がっています。一方でそれに伴い、フィーチャーフォンではなかったリスクが新たに出て来ています。
そこで今回はビジネスフォンを紛失、もしくは盗難されてしまった際どのようなリスクがあるのかとその対処法についてまとめてみたいと思います。

日頃からできるセキュリティー対策

スマホやタブレット端末は、電話のできる小型PCとも言えます。通話やデータ通信が可能な上に、様々なアプリケーションの追加が可能です。機能が多く利便性が高い半面、セキュリティーリスクも携帯とPCの両面を併せ持っています。ご紹介する項目に加えて次のことは行っておきましょう。

・脆弱性への対処のため、OSのバージョンアップデート
・保存データの定期的見直しと必要最小限化
・定期的なデータのバックアップ

スマホの紛失・盗難によるリスク

まずは、スマホを紛失、または盗難されたときにどのようなリスクがあるかをご紹介します。

情報漏えいのリスク

スマホは個人情報の宝庫です。一度漏えいしてしまうと情報を取り返すことは不可能で、お客様や周囲の人を広く巻き込み長期的に迷惑をかけてしまうことになります。

電話や課金型サービスを利用されるリスク

紛失や盗難されたスマホを使用して、第三者に無断で通話される、課金型のアプリのダウンロードや物品の購入などをされるリスクがあります。気付いた時には身に覚えのない膨大な請求金額の請求が届いてしまうかもしれません。

不正にアカウントにログインされるリスク

IDやパスワードなどの情報を入手されてしまった場合、なりすましでサービスにログインされてしまうリスクがあります。

例えば営業管理ツールへのログインがされた場合、社内の機密情報を自由に閲覧されてしまうかもしれません。また、掲示板等のサービスについても名前を偽って投稿され、事件に巻き込まれる可能性があります。

不正プログラムやウィルスを仕込まれるリスク

紛失していたスマホが仮に手元に戻ってきても安心はできません。第三者によりウィルスや不正プログラムが仕込まれていることがあるからです。スマホの情報を盗む、閲覧履歴を監視する、といったアプリが仕込まれているかもしれません。

スマホの紛失・盗難時にできる対応策

スマホの紛失・盗難が起こってしまった際の対策をご紹介します。

スマホの捜索

まずは電話をかけてみましょう。電源がONであればGPS測位によりスマホの位置がある程度特定可能です。キャリア毎に問い合わせ時点での機器の場所を探索するサービスがあります。まずは探索サービスを活用し、捜索してみましょう。(※ご利用機種によっては利用できない事もあります。詳細は下記URLからご確認いただけます。)
事前にサービス加入が必要なキャリアもありますので予め調べ、加入の必要があれば手続きを済ませておけば安心ですね。

Docomoケータイお探しサービス:https://www.nttdocomo.co.jp/service/search/

SoftBank紛失ケータイ捜索サービス:
http://www.softbank.jp/mobile/service/search_phone/

au (機器によって異なる):
http://cs.kddi.com/support/tetsuzuki/au/tounan.html/#step1

スマホのパスワードロック

特に盗難にあった際はすぐに悪用が予想されます。紛失・盗難の際に機器ロックが可能かどうか、どのようにすればいいのか確認しておきましょう。紛失してからでは遠隔ロックができない場合や、操作項目が限定される可能性があります。事前登録の必要有無もあわせて確認し、紛失や盗難が発生する前に取れる対策は取っておくと良いでしょう。

回線を止める

不正利用を防ぐため、回線を止めてしまうという方法もあります。被害を最小限に防ぐため、インターネット接続や通話ができないように回線を一時的に止めることが可能です。
その場合、上記2つの対応は回線を止める前に済ませておきましょう。

スマホの初期化

スマホが手元に戻って来た場合も、スマホに心当たりのないアプリのインストールや、不審な動作をしないかどうか確認しましょう。ウィルスや不正なアプリのインストールがされているかもしれません。
目視で分からない事もあるので、紛失・盗難後は必ず初期化するようにしましょう。

まとめ

スマホはできる事が多く便利な半面、紛失・盗難時のリスクも多岐に渡ります。日頃から、定期的にデータのバックアップを取っておく、保存するデータは必要最小限にする、OSのバージョンは常に最新のものにアップデートしておくなど注意が必要です。今回ご紹介したリスクがある事を頭に入れ、事前に備えることができる対策は取っておきましょう。