旅行に行く前に知っておきたい!台湾のwifi事情とフリーwifiスポット

成田からは約4時間、沖縄からは1時間30分で言える台湾は、日本人に人気の海外旅行先の一つです。台湾に行く前に是非覚えておいて欲しいのが台湾のwifi事情。実は、台湾のフリーwifiスポットの充実度は、非常に高いと言われています。旅行前にフリーwifiスポットの使い方などを知っておけば、より一層旅を楽しむことが出来ますよ。そこで、今回は台湾のwifi事情とフリーwifiスポットについてご紹介。台湾旅行に行く前に台湾のwifi事情についてしっかりと学んでおきましょう。

台湾のwifi事情

台湾は、日本に比べフリーwifiが整っている場所と言えます。地図アプリを使ったり、メールの返信をしたりする程度であれば、フリーwifiの利用だけでも十分でしょう。台湾のwifiが使えるスポットとして良く取り上げられているのがセブンイレブン。台湾には、セブンイレブンの店舗がたくさんあるので、探しやすいです。また、iTaiwanというフリーwifiサービスもおすすめ。詳しくは後述しますが、日本で事前登録ができるフリーwifiサービスなので、台湾初心者の方も安心です。他にもホテルや空港といった場所でもフリーwifiの設備が整っています。

飲食店のフリーwifi事情

restaurant

スターバックス

日本でフリーwifiが使えるカフェというとスターバックスを思い浮かべる方もいるかもしれませんが、台湾のスターバックスでは、台湾の携帯番号が無いとフリーwifiが使えないようです。後述するプリペイドカードを購入するとwifiが使えるようになりますが、スターバックス=フリーwifiということを頭に入れて行くと全くフリーwifiが使えないなんて状況になりかねないので、注意しましょう。

その他の飲食店

では、台湾のカフェでは全くフリーwifiが利用できないのかというと、そういうわけではありません。台湾のカフェでお茶をしながらフリーwifiを使いたいというときは、Mr.BrownCoffee(伯朗珈琲館)がおすすめ。Mr.BrownCoffeeは、台湾で人気のカフェチェーンです。スターバックスのフリーwifiとは違い面倒な登録やパスワードが無いので、すぐに利用することができます。コンセントが自由に使える店舗もあるので、スマホの充電がしたいというときにもおすすめです。ただし、ここのフリーwifiを使ってブラウジングをするとお店の広告が付いてくるので、気になるという方もいるかもしれません。

SSID:MR.BROWN-COFFEE
使い方:SSIDを選択するだけで接続可能。

その他のフリーwifiが使えるコーヒーチェーン店は以下の通り。

Dante Coffee (丹堤珈琲)
参考:台北~カフェチェーンの朝ごはん巡り~

■Ikari Coffee (怡客珈琲)
参考:ドトールの香りがする台湾のカフェ「Ikari Coffee」

iTaiwan

iTaiwan

iTaiwanとは、台湾の観光局が提供をするフリーwifiスポットの総称。iTaiwanが提供するホットスポットは、台湾全土に及んでいるので、台北だけでなく、その他の地域に行くという旅行者も覚えておきたいサービスの一つです。iTaiwanを利用するなら、事前登録がおすすめ。事前登録をしなくとも現地で手続きをすれば利用することができますが、台湾についたらすぐにでも観光したいという方が多いはず。事前登録をしておくことで、到着後スムーズにフリーwifiを利用できるようになります。

登録方法

①iTaiwanの公式サイトにアクセスし、散客線上登記(Fit Travel Register)を選択。
②・預定入境日(Estimated Date of Arrival)→台湾到着予定日
・國家(地區) Country(Area) →国
・護照號碼(Passport Number)→パスポート番号
をそれぞれ入力します。
③次に、
・生日(Birthdate)→生年月日
 ・申請天數(Application Days)→滞在日数(30日・60日・90日の3種類から選択)
 ・電子信箱(Email)→メールアドレス
 ・入境機場(Arrival Airport)→到着空港名(該当の空港を選択)
を入力すると事前登録は完了です。

事前登録を済ませたら、当日台湾のサービスカウンターで手続きを行いましょう。受付の人にiTaiwanを利用したいことを伝えると使い方を教えてくれます。このときパスポートが必要になるので、すぐに出せるように準備しておくとスムーズです。あとは、指示に従い、SSIDを選択し、事前に登録したパスポート番号などを入力すれば、インターネットに接続できるようになります。

SSID:iTaiwan
iTaiwan:https://itaiwan.taiwan.net.tw/

参考:参考:無料Wi-Fiサービス iTaiwan(愛台湾)に登録してみた!

TaipeiFree

taipei free

iTaiwanの申し込みをすると、TaipeiFreeという台北市が提供をしているフリーwifiにも接続できるようになります。こちらは、iTaiwanとは違い台北市のみの設置ですが、台北を観光する人にとっては重宝するフリーwifiスポットの一つになると言えるでしょう。駅や公園など約4,500か所でフリーwifiが利用できるようになります。iTaiwanと合わせて確認をしておきたいフリーwifiです。

iTaiwanIDでTaipeiFreeを利用する方法
SSID:TPE-Free
使い方:SSIDを選択するとログイン画面が表示されます。「iTaiwan用戸」を選択し、iTaiwanの申し込みで利用したパスポート番号と生年月日を入力するとインターネットに接続できるようになります。

因みに、TaipeiFreeも日本で事前登録をすることができます。TaipeiFreeだけを利用したいという方のために登録方法を見ていきましょう。TaipeiFreeは日本語で書かれたサイトがあるので、中国語がわからないという人でもスムーズに登録することができますよ。

登録方法

①TaipeiFreeの公式サイトにアクセスし、無料アカウントの申請またはApply for free accountと書かれたボタンをクリックしてください。
②国・携帯番号・パスワード・メールアドレスを入力し、利用規約に同意します。
③入力した携帯番号にSMS認証コードが届きます。
④届いたSMS認証コード入力すれば登録は完了です。

SSID:TPE-Free
使い方:SSIDを選択するとログイン画面が表示されます。「TaipeiFree用戸」を選択し、事前の申し込みで利用した携帯番号とパスワードを入力するとインターネットに接続できるようになります。

iTaiwanのIDを使ってログインをする方法とは、入力する項目が違うので、注意しましょう。TaipeiFreeは、ネット上での申請の他にカウンターでも申請ができます。カウンターで申請する場合は、松山空港や台北駅の旅行サービスセンターや台北市内の主要なホテルなどにいくとスタッフがアカウント申請を代行してくれるようです。どこのサービスセンターやホテルで申請ができるのかは、公式サイトをご確認ください。

TaipeiFree:https://www.tpe-free.tw/tpe/index_jp.aspx

参考:無料Wi-Fi「Taipei Free(台北フリー)」の登録方法・使い方を紹介。台湾旅行者でも日本から登録しておけば台湾現地で即使用可能

コンビニのフリーwifi事情

日本でもお馴染みのコンビニ・セブンイレブンも台湾でフリーwifiが利用できるスポットの一つです。台湾には、4,800店舗ものセブンイレブンがあるので、街中の至るところで目にすることができます。セブンイレブンのフリーwifiは、無制限で利用できるというわけではなく、1回30分×3回までという利用制限があるので注意しましょう。カフェなどとは違い長時間いるということはあまりないかもしれませんが、SNSをちょっと更新したり、日本にいる知人に連絡を取ったりするというのに役立ってくれそうです。

セブンイレブンのフリーwifiの利用方法についてご紹介します。

①台湾のセブンイレブンの公式サイトで「wifi」と検索すると一番上に「7-WiFi免費上網」というサイトが出てくるので、それをクリックし、開きます。
②免費註冊(無料登録)を選択し、規約に同意します。
同意する場合は、確定送出を選択。
③帳號(携帯番号)、姓名(氏名)、E-mail、密碼(パスワード)を入力。
携帯番号は、最初の0を除き、81を頭に付けて入力をしてください。
例090-1234-5678 → 819012345678
④入力した携帯番号にSMS認証コードが届きます。
⑤サイトにSMS認証コードを入力し、完成註冊を選択。
⑥画面が切り替わったら手機號碼(携帯番号)、密碼(パスワード)を入力すれば登録完了です。

セブンイレブン:http://www.7-11.com.tw/

プリペイド型wifi WIFLY

taipei free

多少お金がかかっても快適なインターネットを手に入れたいという方におすすめなのが、「WIFLY」というサービス。プリペイドカードを購入することで、台湾全土にある10,000か所ものホットスポットが利用可能になります。

プリペイドカードの種類は、
・1日 100元
・1ヶ月 500元
1元4円ほどなので、1日約400円で街中のホットスポットが利用できるという計算です。このプリペイドカードは、セブンイレブンの他スターバックスなどでも購入することができます。また、クレジットカードを利用する方法もあるので、公式サイトをご確認ください。

使い方:WIFLYのSSIDを選択。登録画面が表示されたらプリペイドカードに書かれた番号とパスワードを入力すれば完了です。

WIFLY:https://www.wifly.com.tw/Wifly7/jp/

ホテルのフリーwifi事情

hotel-1

台北では、多くのホテルで快適なwifiが使えるようです。ただし、なかにはwifiの利用が有料という場合もあるので、予約サイトなどでしっかりと確認をするようにしておきましょう。特に高級ホテルに泊まる際は注意が必要です。wifiが使えるかどうかは口コミなども参考にするといいですよ。

まとめ

いかがでしたでしょうか?今回は、台湾のwifi事情とフリーwifiスポットについてご紹介しました。台湾でフリーwifiを使うなら、iTaiwanやTaipeiFreeといったサービスに事前登録をするのがおすすめ。とくに台北では、様々な場所でフリーwifiが利用できるので、フリーwifiに困る心配はないかもしれません。賢くフリーwifiを使って、より一層台湾の旅を楽しんでくださいね。