旅行に行く前に知っておきたい!ハワイのwifi事情とフリーwifiスポット

誰しもがインターネットに接続することができるようになった昨今。ハワイ旅行中に手持ちのスマートフォンで観光情報を検索したり、SNSに写真をアップしたりするというのは当たり前となりましたよね。しかし、事前にハワイのwifi事情について知らないと損をしてしまう可能性もあるんです。そこで今回は、ハワイのwifi事情とフリーwifiスポットについてご紹介。フリーwifiスポットについて知っておくと、ローミング設定やレンタルwifiなどを使わずとも、お得にインターネットに接続できるようになりますよ。

ハワイのwifi事情

アメリカというとフリーwifiがたくさん飛んでいるというイメージがありますが、もちろんそれはハワイも同じ。日本人に人気のワイキキを始め、多くの場所でフリーwifiが利用できます。特に多いのが飲食店。スターバックスやマクドナルドといった日本でもお馴染みの飲食店にもフリーwifiは飛んでいます。他にもホテルやショッピングセンター、公共交通機関などでも利用可能。比較的簡単にフリーwifiスポットを見つけることができると思っていいでしょう。ただし、山の奥など都市部から離れた地域は注意が必要。有料のwifiを契約しても繋がりにくいということもあるようです。

wifiレンタル

カフェやホテルといった建物の中では簡単に見つけることができるフリーwifiですが、外に出てしまうとなかなか見つからないものです。外でもインターネットを快適に利用したいという方におすすめなのがwifiレンタル。1日単位でお金はかかってしまいますが、フリーwifiが飛んでいないスポットでもwifiを利用してインターネットに接続することができます。ハワイで利用できる主要なwifiレンタル会社の価格は、以下の通り。

・イモトのwifi 3Gwifi 980円/日
   4G/LTE 1,580円/日
・テレコムスクエア 4G・250MB 750円/日
          500MB 1,050円/日
・グローバルwifi 4G/LTE・250MB 1,170円/日
             500MB 1,470円/日
             1GB 1,670円/日
・アロハデータ BIG 880円/日
basic 980円/日

通信速度や容量によっても値段は変わりますが、ほとんどの場合1,000円~1,500円前後でレンタルすることができるようです。外でも快適にインターネットを楽しみたいという方は、wifiレンタルの利用を検討するのも一つの手と言えるのではないでしょうか。

飲食店のフリーwifi事情

coffee-1117933_1920

スターバックス

海外のフリーwifiスポットといったら忘れてはならないのがスターバックス。ハワイには、20店舗以上のスターバックスが各地に点在しており、特にワイキキ周辺では多くの場所でスターバックスを見かけることができます。ハワイのスターバックスのフリーwifiは、Googleが提供をしているもので、パスワードの入力や面倒登録などが必要なく、比較的スムーズにインターネット接続までを行うことができます。また、ハワイのスターバックスでは、ここでしか購入できないグッズやメニューがあるので、ハワイ旅行の思い出に訪れるという人も少なくありません。友達や家族のお土産を買うついでに、フリーwifiも利用してはいかがでしょうか。

ワイキキ周辺のスターバックスの店舗

■Waikiki Trade Center(ワイキキ・トレードセンター)
■Royal Hawaiian Center(ロイヤル・ハワイアン・センター)
■Park Shore Waikiki(パーク・ショア・ワイキキ)

SSID:Google Starbucks
使い方:SSIDを選択し、ブラウザを立ち上げるとスターバックスのロゴが描かれたサイトが立ち上がります。あとは、Accept&Connectというボタンをクリックすれば接続完了です。

マクドナルド

スターバックス同様に覚えておきたいのが、マクドナルドのフリーwifi。ワイキキにあるマクドナルドの店舗は、クヒオ通りとカラカウア通りの2店舗です。マクドナルドのフリーwifiを提供しているのはAT&Tという通信会社なので、SSIDがマクドナルドと関連性のない言葉となっています。接続するときは、別のフリーwifiに接続をしてしまわないよう注意しましょう。スターバックスのときと同じく、パスワードを入力する必要はありません。スムーズにインターネットまで接続することができそうです。

ワイキキ周辺のマクドナルドの店舗

■Kuhio Ave(クヒオ通り店)
■Kalakaua Ave(カラカウア通り店)

SSID:attwifi
使い方:SSIDを選択し、ブラウザを立ち上げるとサイトが立ち上がります。あとは、Get Connectedをクリックすれば接続完了です。

ザ・コーヒービーン&ティーリーフ

ハワイでは、ワイキキビーチウォークやアンバサダーホテルなどに店舗を構える「ザ・コーヒービーン&ティーリーフ」もフリーwifiが使えるスポット。日本ではあまり知られていませんが、アメリカではメジャーなコーヒー店の一つです。コーヒーや紅茶だけでなく、ベーグルやマフィンといったフードメニューも充実しているので、ちょっとした休憩にもピッタリのスポットと言えるでしょう。

SSID:Hawaiian Telcom
使い方:SSIDを選択し、ブラウザを立ち上げます。認証画面が出たら、利用規約に同意をして「Access The Internet」をクリックすれば接続は完了です。

ワイキキ周辺のザ・コーヒービーン&ティーリーフの店舗

■Waikiki Beach Walk(ワイキキ・ビーチ・ウォーク店)
■Ambassador(アンバサダー店)

その他の飲食店

ハワイでは、有名チェーン店以外でもフリーwifiを使えるスポットがまだまだあります。フリーwifiが使えるカフェなどを探すのに役立つのが「yelp」というサイト。アメリカで有名な口コミ情報サイトで、様々な飲食店の口コミや情報を検索することができます。トップページで、「探す」の項目に「free wifi」を「場所」に「ハワイ」を入力するとハワイでフリーwifiが使えるカフェやレストランが一覧で出てきます。レビューも見ることができるので、美味しいグルメスポット探すのにも役立つ優れもののサイトです。ハワイに旅行に行く前にどこのご飯を食べようかこれを参考に決めてはいかがでしょうか。

空港のフリーwifi事情

terminal

空港というと日本を始め海外では定番のフリーwifiスポットですが、残念ながらハワイでは無料でwifiを使うことができないそうです。ハワイの玄関口であるホノルル国際空港のホットスポットは、有料。2時間6.95ドル、24時間8.95ドルで利用することができます。1ドル120円ほどなので、2時間840円、24時間1,080円という計算に。この価格ならwifiルータをレンタルした方がお得かもしれません。ただし、空港会社などのラウンジでは、フリーwifiを使うことができるそうなので、自分が利用する航空会社で利用ができるのか事前に調べておくといいでしょう。また、クレジットカード会社のラウンジでもフリーwifiが利用できるそうですよ。

トロリーのフリーwifi事情

ハワイの移動はトロリーでするという方も多いでしょう。そんな方におすすめなのがレアレアトロリー。H.I.Sのお客様専用のトロリーで、アラモアナショッピングセンターやダイアモンドヘッド、ロイヤル・ハワイアン・センターなどハワイの主要観光スポットを通っています。車内では、フリーwifiを利用することができるので、目的地に着くまでの間に観光情報を調べることが可能です。接続が不安定との声もあるので、容量の大きな写真をアップロードしたりするのには向かないかもしれません。

ショッピングセンターのフリーwifi事情

ハワイにいったらショッピングを楽しみたいという方も多いかもしれません、ハワイでは、観光客に人気のショッピングセンターでもフリーwifiを提供しています。ハワイ唯一の公認免税店Tギャラリアby DFSや様々なブランドが店舗を構えるロイヤル・ハワイアン・センター、ハワイ最大のショッピングセンターであるアラモアナ・センターもフリーwifiが利用可能。簡単な登録が必要な施設もありますが、基本的にはSSIDをタップし、規約に同意するだけで利用することができます。24時間いつでも利用可能というわけではなく、時間制限があるショッピングセンターもあるので、使用時間には十分注意するようにしましょう。

■Tgalleria(Tギャラリアby DFS)
SSID:TGALLERIAPUBLIC
使い方:SSIDを選択し、ブラウザ画面で規約に同意をし、「agree」をクリックするとフリーwifiが利用できるようになります。

■Royal Hawaiian Center(ロイヤル・ハワイアン・センター)
1日2時間まで無料でwifi利用可能。
SSID:RoyalHawaianCenter
使い方:SSIDを選択し、ログイン画面で規約に同意をすると利用することができるようになります。

■Ala Moana Center(アラモアナ・センター)
SSID:AlamoanaCenterFree

ホテルのフリーwifi事情

urban_iriya

ほとんどのホテルがフリーwifiを提供していますが、なかには有料のwifiもあるので注意をするようにしましょう。ロビーやプールサイドといった周辺施設でもフリーwifiが利用できるので、宿泊客でなくともチェックしたいフリーwifiスポットの一つです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?今回は、ハワイのwifi情報とフリーwifiスポットについてご紹介しました。ハワイでは、スターバックスやザ・コーヒービーン&ティーリーフといったカフェチェーンでフリーwifiが使えるほか、ショッピングセンターなどでも利用することができます。飲食店でフリーwifiが使えるスポットを探すなら、yelpというサイトがおすすめ。アプリもあるので、ハワイ旅行前にインストールしておくと、便利かもしれません。フリーwifiを上手く利用してハワイの旅をより一層楽しんでくださいね。