憧れのスマートハウスに近づける!おすすめのスマートLED6選

高性能化が進むLED電球ですが、最近ではスマートフォンなどを使って色や明るさなどを操作ができる「スマートLED」というものが登場しているということをご存じでしょうか?スマートLEDは、今ある電球を付け替えるだけで、利用することができるので電球の工事などをする必要もありません。誰でも簡単に、テレビや本で見たような憧れのスマートハウスに一歩近づくことができますよ。今回は、そんなスマートLEDについてご紹介。様々なメーカーのスマートLEDをご紹介するので、購入する際の参考にしてください。

スマートLEDとは?

そもそもスマートLEDとは、スマートフォンやタブレットなどを使って明るさや色などを操作することができる照明のことです。普段家庭で利用している電球と同じ口金が使われているので、工事などの手間もなく付け替えるだけで利用することができます。一般的なLEDと大きく異なるのが既存のスイッチ操作以外にもスマートフォンなどを使って電球の操作ができるという点。大抵の場合は、専用のアプリなどをスマホにダウンロードし、LEDとスマホをBluetoothやwifiなどを使って連携することで、操作ができるようになります。明るさや色、音楽を流すなどメーカーによって機能が異なるので、機能を良く確認してから購入をするようにしましょう。

Hue

hue

まずご紹介するのは、スマートLEDのなかでもとくに有名なPhilips社の「Hue」。ブリッジと呼ばれる中継器を利用して照明を操作することができるスマートLEDです。2013年に登場し話題をさらいましたが、2016年に新バージョンが登場し、さらにその機能を充実させています。新しいバージョンでは、Apple HomeKitに対応。Siriによる音声操作が可能になりました。「照明を消して」とSiriに話しかけると、照明を消してくれます。スマートフォンによる直観的な操作はもちろんですが、専用のアプリをダウンロードすることで、タイマー設定をすることができたり、携帯端末に保存している画像から照明の色を再現してくれたりと充実した機能が魅力の商品となっています。また、APIが公開されていることでも知られており、世界中で様々なアプリケーションが開発されているので、既存の機能以外にも色々な楽しみ方ができそうです。値段が少々張るという欠点はありますが、スマートLEDの中でも知名度・機能共に、トップクラスの製品と言えます。

機能

・スマートフォンを使って操作
・外出先から照明を操作
・スケジュール機能
・証明の調光、色を操作
・Siriを使って声だけで操作
・映像や音楽と照明をシンクロさせる

商品詳細

・商品名 Hue スターターセット
・価格 26,280円前後
・電圧 100V
・消費電力 10W
・口金 E26口金
・光束 800ルーメン
・カラー 1600万以上
・通信方式 外部デバイスとブリッジはwifi

購入はこちら:amazonへ
プロダクトサイト:Hue公式サイト

初代Hueを購入した最初の頃はランプの色を変えたりして楽しんでいましたが、1か月ぐらいすると飽きてワイヤレスコントロールでのON/OFFや調光などしか使わなくなりましたので、機能を絞り価格が安くなったこの新しいホワイトグラデーションランプは、普段の生活に近い照明として使えると思います。
DimmerスイッチはON/OFFと調光とプリセットの切り替えをリモコンのように操作でき、特に寝る前にはスマホ画面の光は眠気を妨げますし、ボタン一つで消せるようになったのが良いです。
ランプ2つだけで家の部屋全体をまんべんなく明るくするには無理がありますが、起床就寝前の指定した時間に徐々に点灯・消灯したり、外出帰宅時にスマホのGPS連動で自動ON/OFFできるので、生活補助照明としてもう欠かせないほど便利です。
口コミ情報の引用元:amazonレビュー

SONY LED電球スピーカー LSPX-103E26

SONY_LSPX-103E26

「LSPX-100E26」は、SONYが販売しているLED電球スピーカーです。LED照明としての機能だけでなく、Bluetoothでスマートフォンと接続することで音楽をワイヤレスで流すことができます。カラーバリエーションが豊富にあるのも魅力の一つ。192色ものカラーバリエーションがあり、アプリを導入することで、カラーの切り替えなどを楽しむことができます。スリープタイマーは、照明の点灯時間だけでなく、音楽を設定することもできるので、目覚まし時計としても活用できそうです。また、一般的なLEDと大差無い見た目のため、お部屋のインテリアにもよく馴染むのも嬉しい点。「LED電球スピーカーアプリケーション」「SongPal」という2つの専用アプリをダウンロードすることで、明るさやカラーの変更、音楽とのシンクロなどをおこないます。ヘッドフォンが人気のSONYらしい、音楽機能を重視したスマートLEDとなっています。

機能

・スマートフォンを使って操作
・スリープタイマー機能
・ワイヤレススピーカー
・音楽と照明がシンクロする
・接続状態を音で知らせる

商品詳細

・商品名 LSPX-100E26
・価格 23,880円
・消費電力 約8.6 W
・口金 E26口金
・全光束 500ルーメン
・通信方式 Bluetooth4.1
・通信距離 10m

購入はこちら:amazonへ
プロダクトサイト:SONY LSPX-103E26公式サイト

Sonyらしい発想の製品です。音質はすごくいいとまではいきませんが,聴いていられないというようなことはなく,自分は満足です。
取り付け場所が特殊だったため,方向変換器を介して使用していますが特に不備はありません。
デザインもシンプルで目立ち過ぎないのがよいです。
二個購入し,ステレオモードで利用していますがとても良い感じです。また,付属のリモコンは赤外線のため二つ買えば二つ使えるリモコンが手に入ります。ペアリング等もリモコンは不要です。
ステレオモードにする際に一つ注意したいのが,スマホ等とペアリングするのは親機に設定したほうということです。子機の電源は一度切ってからの方が正確にペアリングできると思います。音楽に合わせてカラーが変わる機能もとても面白いです。夜なんかに行うとディスコみたいです。
カラー設定も自分でできるので便利。若干接続が不安定になることが稀にあるので★4にさせていただきました。
口コミ情報の引用元:amazonレビュー

MiPow PLAYBULB スピーカー内蔵 LED SMARTライト

MiPow PLAYBULB

「PLAYBULB」は、MiPowから販売されているBluetoothスピーカー内臓のスマートLED電球です。専用のアプリを利用することで、音楽を流したり、ON/OFFを切り替えたりすることができます。カラー変更ができるタイプとできないタイプがあるので、購入するときはよく確認をするようにしましょう。LED照明のカラーが変更できるタイプは、専用のアプリをダウンロードしたスマートフォンを振るだけで、色を変えることができる機能付き。音楽に合わせたカラー変更を気軽に楽しむことができます。また、アラーム機能なども付いており、目覚まし代わりに使うことも可能。見た目は、LED電球そのものなので、生活感をあまり出したくないという方にもピッタリのアイテムです。ただし、カラー変更ができないタイプの明るさは、210ルーメンほどとあまり明るくないので、注意が必要。寝室などのLEDライトに向いていると言えるでしょう。

機能

・スマートフォンを使って操作
・ワイヤレススピーカー
・タイマー機能

商品詳細

・商品名 PLAY BULB
・価格 7,560円
・LED出力 3W
・口金 E26/E27口金
・通信方式 Bluetooth4.0
・通信距離 10m

購入はこちら:amazonへ

Wi-Fi環境、iPhone5Sで問題無く動作確認。就寝前のリラックスタイムには欠かせないアイテムです。
音質にこだわる方には、イコライザーアプリを通せば自分好みに調整出来て更にグッドです!
スリープ機能付きですので、設定時間が来れば照明とBGMが自動的に同時フェードアウト。つけっぱなしの心配もありません。
もちろん、ウェイクアップ機能も付いてます。
BluetoothもOKなのにスピーカーから音が聞こえない!という方はiPhone本体の音量が0の可能性がありますので、+ボタンを押してみて下さい。私も最初はわからなくて???でした。操作に慣れれば、本当に面白い商品だと思います!
口コミ情報の引用元:amazonレビュー

Satechi スマート LED電球

satechi

「Satechi」は、スマートフォンを使ってスイッチのオン・オフ、明るさ、カラー変更などができるスマートLEDです。カラーの種類は、1600万色以上。専用のアプリを利用することで、様々な色合いに変更することができるほか、消灯や点灯時間などを細かくスケジューリングすることができます。起きる時間に合わせて徐々にお部屋を明るくしたり、自動で部屋を暗くしたりという設定も簡単に可能です。また、同時に10個のスマートLEDを操作できるので、家中の電球をスマートフォン一台で操作することができます。さらに音楽に合わせてカラーが変わるディスコモードも搭載。お部屋を手軽にパーティー使用に変更することができます。セットアップも非常に簡単で、無料アプリの「Satechi LED Spectrum」をダウンロードし、ペアリングをするだけで遠隔操作ができるようになります。

機能

・スマートフォンを使って操作
・スケジュール設定
・音楽と照明がシンクロする
・10個のスマートLEDを同時に制御

商品詳細

・商品名 Satechi
・価格 4,718円
・口金 E27/E26口金
・光量レベル 50W相当
・通信方式 Bluetooth 4.0

購入はこちら:amazonへ

先日、wiiUを買ってホームカラオケを楽しんでいた。wiiUのカラオケはジョイサウンドと提携していて、カラオケハウスの機械と同じように、いや、それ以上に楽しめる内容になっており感動したのだけど(別売りのwiiマイクまで買った)、ホームカラオケはやはりカラオケハウスと何か違う。何が違うのだろうと考えている時に、satechiからこの商品が新発売になったことを知り、思わず飛びついた。
そう、ホームカラオケとカラオケハウスの違い、その大きな要因は照明にあると思う。
最初は部屋の中を暗くしてみたり、豆電球をつけてみたり(寂しい)していたが、この電球が来てからはもうディスコモードでバンバン楽しんでいる。ディスコモードというのはこの知的な電球に備えられたシステムの一つで、なんと音に合わせてディスコハウスのミラーボールのようにコロコロと色が変わってくれるのだ。これほどホームカラオケにうってつけの電球はない。もう絶対的にお勧めしたい。
それからほかの使い方では、赤くムーディーな色で夫婦の夜の生活を盛り上げる、食事のときはオレンジっぽくして食卓に和やかなムードと食材をおいしく見せる効果、気分を落ち着かせたいときは水色やピンクなどの光を蛍光灯に混ぜてみたり。
色のある生活って素敵だな。
それにしてもこんな商品思いもしなかった。誰が電球にブルートゥースなんかつけようと考えたのか。近接センサーや、ケータイ着信時の点灯など、もう電球一つでやりたい放題。感謝です。
口コミ情報の引用元:amazonレビュー

Ewin

ewin

「Ewin」は、SONYなどと同様にBluetoothスピーカーを内蔵したスマートLED。他のスマートLEDと比較しても価格が安いというのが魅力。また、安いながらも50W相当のLED出力があり明るさも十分満足できると言えるでしょう。カラーは、1600万色以上のコントロールが可能。スマートフォン使って、自分好みの色を簡単に再現することができます。また、消灯時間が設定可能できるおやすみタイマー機能付きおり、決まった時間に電気を自動で消してくれます。さらに、音楽と照明がシンクロする機能が付いているので、自宅にいながらまるでクラブなどに居るかのような雰囲気が楽しめます。照明だけでなく、音響機器としての機能も優秀です。スピーカーには、3Wの増幅器が登載されており、質の高い音楽を聴くことができますよ。

機能

・スマートフォンを使って操作
・Bluetoothスピーカー内蔵
・おやすみタイマー機能搭載
・音楽と照明がシンクロする

商品詳細

・商品名 Ewin
・価格 3,780円
・口金 E26/E27/B22口金
・LED出力 60W相当
・通信方式 Bluetooth4.0

購入はこちら:amazonへ

スピーカー内臓型LED電球です
パッケージ記載されてるQRコードを読み取り、ブルートゥース接続します。
その際、スピーカーと照明用のブル0トゥースをそれぞれ接続するようにします。
付属のアプリで電球の色を変えたり、音楽を鳴らしたり、多彩な遊び方ができます。
効果照明として照らしながら、BGMとして音楽を鳴らす事により、生活も楽しくなるのではないでしょうか。
ちなみに私は1日の終わりをヨガをして過ごすのですが、その際に好きな電球の灯りにして、ヨガ用音楽を鳴らすのが好きです。
今まで部屋の蛍光灯で何気なくやっていた頃に比べ、リラックス効果がまるで違います。
使う機器等の相性により、使えないなどの違いはあると思いますが、使える人にとっては面白い商品だと思います。
スピーカーの質は正直、専用の音楽スピーカーとは違いますので、物足りなさを感じる人もいると思います。
しかし私にとっては、あくまで電球の付属の機能としての品質と割り切ってるところがあります。
なので、価格とのバランスも良い方だと思ってます。
ストレスの溜まった方々に、生活にリラックスを与える道具として是非お勧めしたいです。
口コミ情報の引用元:amazonレビュー

revogi

revogi

「revogi」は、照明のカラー設定やスマートフォン連携といった基本的なスマートLEDの機能のほか、着信・SMS通知機能などが搭載されたLED照明です。電話の着信などをLEDが光でお知らせしてくれるので、マナーモードにしているときなどでもすぐに気づくことができそうです。また、防犯モードが搭載されており、指定した時間にランダムでLEDの点灯・消灯を実行。長期間外泊しているときもあらかじめ設定をするだけで、手軽に防犯対策をしてくれます。省エネモードでは、ペアリングした機器とLEDの距離が離れると自動で消灯。外出時の消し忘れなどに役立ってくれそうです。さらに、スマートフォンのほかAppleWatchといった最新のデバイス機器にも対応済み。スマートフォンを取り出さずに、操作することができるので、他のスマートLEDよりも手軽に利用できると言えるかもしれません。

機能

・スマートフォンを使って操作
・スケジュール機能
・着信、SMS通知機能
・省エネモード
・防犯モード搭載
・音楽と照明がシンクロする
・10個のスマートLEDを同時に制御

商品詳細

・商品名 revogi
・価格 8,100円
・口金 E26口金
・消費電力 最大7W
・全光束 500ルーメン
・電圧 100V
・通信方式 Bluetooth4.0
・通信距離 15m

購入はこちら:amazonへ
プロダクトサイト:revogi公式サイト

過去にSatechi® サテチ IQ レインボー スマート LED電球、TONBUX®(トンバックス)スマートLED電球と購入しましたが、現在両方ともに廃番なのでしょうか?
Satechi® サテチ IQ レインボー スマート LED電球の方はまだ販売しているようですが、在庫のみのプレミア価格となっていますね。購入当時よりも¥10,000ほど高いです。(2017/1)
TONBUX®(トンバックス)スマートLED電球はAPP bluetooth 4.0スマートRGBW LED電球と名前が変わって価格は当時と同じ価格で売っているようですね。
アプリがSatechiのほうが良く出来ていたのでSatechiのほうが良かったのですが、試しにこちらを購入することにしましたが、こちらを買って正解でした。Satechi購入時よりも¥1,000ほど安く購入できたことにも満足しています。
ただ、ペアリングをしたと同時にファームのアップデートが始まるのですが、それがちょっとわかりにくかったです。
口コミ情報の引用元:amazonレビュー

まとめ

今回は、スマートLEDについてご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?スマートLEDは、一般的なLED電球に比べ、値段が高いというデメリットはありますが、使える機能はその何倍にも及びます。とくに、外出先から操作をすることができる「Hue」や防犯モードがあらかじめ搭載されている「revogi」などは、照明以外に防犯対策としても活躍してくれそうなので、一人暮らしの女性や出張などで長期間家を空けがちという人は重宝しそうです。アイデア次第で様々な使い方ができるスマートLEDを使って、部屋をより居心地の良いものにしてみてはいかがでしょうか。