気軽に取り入れられる!IoTを活用したホームセキュリティアイテム7選

ホームセキュリティの普及率は約1%。都市部だともう少し数字は高くなるようですが、やはり少ない数値と言わざるを得ません。一方、侵入窃盗が発生する件数は、1日当たり100件にも上ると言われており、その1/3が空き巣を狙った犯行。自分の家は大丈夫と高をくくっていると、万が一ということもあるかもしれません。そこで今回は、IoTを活用したホームセキュリティアイテムについてご紹介。一般の人でも気軽に導入できるホームセキュリティを使って気軽に自宅を守ってみてはいかがでしょうか?

ホームセキュリティをもっと身近に「Secual」

secual

ホームセキュリティというと高価なイメージがありますが、それを払拭してくれたのが「secual」。「secual」は、センサーとゲートウェイからなるホームセキュリティ。不審者が侵入をすると、窓や扉に付けられたセンサーが振動を感知。ゲートウェイと通信を行い、アラームをならしたり、登録したグループへの一斉通知をおこないます。初期導入で必要な費用は約10,000円、月額980円~導入することが可能です。

また、最近導入されたのが「見舞金制度」。secualを設置した場所で不法侵入が発生した場合に一律3万円が支払われという制度です。それだけセキュリティに自信があるということの表れかもしれません。ただし、見舞金の請求には被害届の提出・受理が必要になるようなので注意しましょう。

設置工事などが必要ないので、簡単に取り付けられるというのも魅力の一つ。窓にセンサーを貼り付けるだけでホームセキュリティ対策が完了します。ホームセキュリティにあまりお金をかけたくないというご家庭や一人暮らしの女性のセキュリティ対策などに活用してはいかがでしょうか?

■機能
・侵入者検知
・大音量アラーム
など

■商品詳細
・名前 secual
・価格 センサー 3,780円
ゲートウェイ 5,940円
月額料金 980円~
・サイズ センサー 70×70×8mm
ゲートウェイ 50×70×25mm
・質量 センサー 55g
ゲートウェイ 110g
・通信方式 センサー BLE
ゲートウェイ BLE、wifi

ホームセキュリティをもっと身近に「Secual」

ホームモニタリングデバイス「mother」

mother

ホームセキュリティ以外にも使えるIoTアイテムが欲しいという方にオススメなのが「mother」。マトリョーシカのような可愛らしい形をしたデバイスとモーションクッキーと呼ばれるセンサーがセットになったホームモニタリングデバイスです。

このデバイスの特徴として挙げられるのが、汎用性の高さ。モーションクッキーを窓や扉に付ければ、不在時のドアの開け閉めを監視できますし、薬の箱に取り付ければ、決まった時間に薬を飲んでいるか否かをモニターすることができます。

ほかにも、コーヒーの残量の管理や万歩計、子供の在宅状況、歯磨きの時間など様々な通知を受け取ることが可能です。まるで、本当のお母さんのように色々なことができます。

本体を通して送られてくるお知らせは、スマートフォンなどのデバイスにプッシュ通知されるのですぐに確認することができそうです。アプリは、AppStoreまたは、GooglePlay
にて無料でダウンロードできます。

初期費用だけ導入すれば、継続料金がかからないというのも嬉しい点です。本体価格が少々高いという印象があるかもしれませんが、これだけの機能が搭載されていれば十分活用することができそうですね。

■機能
・不在時のドアや窓の動き
・コーヒーの残量
・歯磨きの時間
など

■商品詳細
・名前 mother
・価格 32,184円
・サイズ 本体 160×90mm
モーションクッキー 50×22×4mm
重さ 本体 450g
モーションクッキー 6g

ホームモニタリングデバイス「mother」

トジマリをスマートに「leafee mag」

leafee mag

家を出る前に家の戸締りをしっかりとしたか心配になるという方も多いのではないでしょうか?窓やドアが開いている状態では、それだけ安易に侵入されるリスクも高まります。そんなときにぜひ活用したいデバイスが「leafee mag」。スマートフォンと連動することで家の戸締りを一括把握することができます。

使い方はとても簡単で、センサー本体をアプリに登録。戸締りを把握したい場所にマグネットとセンサーをそれぞれ貼り付ければ完了です。一人暮らしの家ならまだしも、広い家に住んでいる場合、どこの扉が開いているすぐに判断するのは難しいもの。「leafee mag」ならアプリを開けば1回で空いている場所を確認することができます。

また、エアコンのつけっぱなしや冷蔵庫の開けっ放しなどの把握もできるそうなので、家を出る前に確認をすれば、電気代も安くなりそうです。カラーはブラックとホワイトの2種類。お部屋のインテリアに合わせて選んでください。

■機能
・窓の戸締り確認
・エアコンのつけっぱなし防止
・冷蔵庫の開けっ放し防止
など

■商品詳細
・名前 leafee mag
・金額 2,138円
・サイズ センサー 42×42×8mm
マグネット 30×10×8mm
・質量 本体 15g
マグネット 5g
・電池寿命 6ヶ月
・通信方式 BLE
・カラー ブラック、ホワイト

トジマリをスマートに「leafee mag」

クラウド録画防犯カメラサービス「safie」

safie

ホームセキュリティと言えば、忘れてはならないのがネットワークカメラ。最近では、様々なネットワークカメラが登場しており、その機能も充実しています。そのなかでも注目したいのが「Safie」。屋内屋外問わずどこでも設置することができるネットワークカメラで、アプリを通してリアルタイムで映像を確認することができます。防水対策が施されているので、万が一水がかかっても問題なく使用可能です。

カメラには、動作検知機能や高感度マイクも搭載されており、画面に何か動きがあった場合に通知を受け取ったり、スマホからしゃべりかけたりすることもできます。レンズには、170度の超広角レンズが採用。お部屋をしっかりと見渡すことができそうです。また、赤外線ナイトビジョンにも対応しており、夜間のセキュリティ対策もバッチリできる優れもののネットワークカメラとなっています。

LIVE映像の基本視聴は無料とのことですが、月額980円で7日分録画。1日当たり32円というコストで録画ができます。

■機能
・ナイトビジョン対応
・リアルタイムで映像確認
など

■商品詳細
・商品名 Safie
・金額 本体 21,384円
月額料金 980円~(7日間録画、基本料無料)
・サイズ W70×H105×D70mm
・質量 184g

クラウド録画防犯カメラサービス「safie」

顔認識の付いた屋内用防犯カメラ「NETATMO」

netatmo

セキュリティの精度を高めたいという方には、顔認証機能の付いた屋内用防犯カメラ「NETATMO WELCOME」がオススメ。顔認識をしてくれるので、カメラの前を通った人が家族なのかそうでないのかを瞬時に判別。例えば子供が帰宅した場合、写真付きで帰宅を知らせる通知をしてくれるので、誰が帰宅したのかが一目瞭然です。

一方、不審者がカメラの前を通った場合も通知が来ます。実際にWELCOMEを使っているユーザーが侵入者を捕まえたというケースもあるようで、その性能は十分機能していると言えるでしょう。

カメラは、130度の画角を持っているので、広範囲をしっかりとカバー。また、ナイトビジョンにも対応しているので、夜間侵入があったときも安心です。録画機能は、何かが起こったときだけ。余分な録画をしないので、データ量を少なくすることができます。

■機能
・顔認証システム
・不法侵入者通知
など

■商品詳細
・商品名 NETATMO WELCOME
・金額 29,000円
・サイズ 45×45×155mm
・通信環境 ワイヤレス wifi802.11 b/g/n(2.4G)
イーサネット 10/100Mbps

顔認識の付いた 屋内用防犯カメラ「NETATMO」

INDOOR SECURITY SIREN & NETATOMO TAGS

netatmo_siren

WELCOMEと一緒に使うとさらにホームセキュリティの効果を高めるといわれているのが、同じ会社から販売されている「INDOOR SECURITY SIREN」と「NETATOMO TAGS」。

「INDOOR SECURITY SIREN」は、WELCOMEまたはNETATOMO TAGSによって侵入が発覚した場合に110dbの音を鳴らします。110dbは、自動車のクラクションほどの大きさなので、かなりの大きさと言えるでしょう。大きな音を嫌う泥棒にとって、侵入をやめるきっかけとなってくれそうです。

サイレンは、手動で鳴らすことができるので、WELCOMEからの侵入者通知を見てから鳴らすといったこともできそうです。また、サイレンが鳴るタイミングは、WELCOMEが不審者を発見した場合など利用者が設定することができます。そのため、特定の扉が開閉したときだけ鳴らすということもできそうです。

■機能
・侵入者を発見し、アラームを鳴らす
など

■商品詳細
・名前 INDOOR SECURITY SIREN
・金額 不明
・サイズ 直径 130mm
高さ 35mm

屋内用防犯サイレン「NETATMO」

「NETATOMO TAGS」は、防水型ドア・窓用防犯センサーです。窓を開けるときの振動をキャッチし、通知をおこないます。開閉センサーも付いており、閉め忘れ防止対策としても役立ちそうです。スマホだけで扉の開け閉めの把握ができるので、忙しい朝や外出後に不安になったときに確認したいという人にオススメの機能と言えるでしょう。

様々なドアや窓に取り付けることができるだけでなく、防水型なので、屋外にある車庫などの防犯対策としても使えます。WELCOMEと組み合わせて使うことで、さらにセキュリティの性能をアップさせることができそうです。

NETATOMOの製品の特長はなんといってもそのスタイリッシュなデザインにあります。インテリアにこだわりつつ防犯対策もしたいという方は、ぜひ購入を検討してみてください。

■機能
・振動を検知
・開閉を確認
など

■商品詳細
・名前 NETATOMO TAGS 3個セット
・金額 13,128円
・サイズ 76×15.8×30.4mm

防水型ドア・窓用防犯センサー「NETATMO」

まとめ

いかがでしたでしょうか?今回は、IoT×ホームセキュリティのガジェットについてご紹介しました。インターネットがつながるようになり、増々進化したホームセキュリティ。月額費用がいらないガジェットもあり、今までホームセキュリティを購入したことがないというご家庭でも簡単に導入することができそうです。この機会にぜひ、購入を検討してみてくださいね。