睡眠をよりよくしてくれる!オススメのIoTガジェット

睡眠は、人生の何割を占めているかご存じですか?実は、人は人生で約3割もの時間を睡眠に費やしていると言われています。これを聞くとより質の高い睡眠を送りたいと思う人も多いはず。ベッドや枕をグレードアップするというのも睡眠の質を上げる一つの手ですが、最近では睡眠をよりよくするためのIoTグッズが多く登場しています。そこで今回は、睡眠に役立つIoTグッズをご紹介。気になったアイテムがあったら家に導入してはいかがでしょうか?

MOORING

MOORING

「MOORING」は、上海のMIRAHOME社が販売をしているIoT化されたマットレスパッド。クラウドファンディングに登場し話題となった商品で、カバーとベッドとの間に敷いて使います。様々な機能が搭載されていますが、一番のポイントは温度をコントロールしてくれる機能です。眠っている人に合わせてマットレスの温度を変化。その人が快適だと思う睡眠へといざないます。ダブルサイズタイプでは、左右の温度を別々にコントロール。カップルやご夫婦、お子さんとの使用もオススメです。

「MOORING」に組み込まれているフィルムには、心拍数や呼吸などを図ることができる機能が搭載されています。室温や湿度、噪音などからなにが質の良い眠りを妨害しているのか見ることが可能。周囲の状況を判断し、マットレスの温度を適温にしていきます。

目覚めが悪いという方にオススメなのが、目覚まし機能。「MOORING」の上部にはバイブレーションが搭載されており、振動しながら利用者を起こしてくれます。しかも、マットレスの温度調節をしながら、利用者が起きやすい状態となったタイミングで起こしてくれるのだとか。朝からすっきりと目覚めることができそうです。ダブルサイズの場合は、温度調節同様左右で別の時刻を設定できるので、起きる時間が違うというカップルも安心。アラームも鳴らないので、目覚ましの大きな音で相手を起こしてしまうという心配も少なくなりそうです。

専用アプリでは、健康状態などを毎日チェックすることが可能。目覚ましの設定や温度調節などもアプリを使って簡単にできます。複数アカウントを一つのアプリで登録できるので、家族の健康管理もこれがあれば安心です。今のところ、クラウドファンディングのみの予約販売ですが、市場販売に向けて動き出しているということで、ご家庭で使える日もそう遠くないかもしれません。

■機能
・温度コントロール
・左右別温度管理
・健康管理
・目覚まし機能
など

■サイズ
・シングル W97×H195cm
・ダブル W140×H195cm

■価格
・シングル 51,800円
・ダブル 56,800円

寝るだけで睡眠の質が向上するIoTマットレスパッド「MOORING(モーリング)」

Withings Aura

withings aura

「Withings Aura」は、マットの下に敷くスリープセンサーと睡眠環境を構築するデバイスを組み合わせたIoTグッズです。ベッドサイドにおいたデバイスが眠るときは赤い光、起こすときは青い光を発し、スムーズに入眠・起床を行う手助けをしてくれます。

アラーム機能も搭載されており、記録した睡眠データをもとに優しい光で起こしてくれるので、目覚めもスッキリしそうです。アプリを使うと「睡眠」と「昼寝」の2種類のアラームが設定できます。ちょっと昼寝をしたいなという人にもオススメです。

毎晩夜中に起きてしまうという人は、もしかしたら「ペットが夜中にベッドに歩いてくる」「恋人のいびきがうるさい」「クーラーが切れて気温が上がった」というようなことが原因になっているかもしれません。しかし、寝ている間は周りで起こっていることがわからないので、何が原因なのかということが判断できないことが多いです。「Withings Aura」は、音、室温、光といった周囲の環境を分析してくれるので、何が睡眠の質を下げているのかがデータとしてわかります。

専用のアプリでは、日々の睡眠サイクルを見ることができます。睡眠時間はもちろんのこと、夜中目覚めた回数や眠りの浅深まで判別することが可能です。ただし、使えるのは、iPhoneのみとのことで、androidユーザーはもう少し待つ必要があるかもしれません。

日本未発売のアイテムなので、海外から輸入するか、今後販売されるのを待つしかなさそうです。

■機能
・睡眠を記録
・アラーム機能
など

■商品詳細
・Withings Aura
・価格 日本未発売
・サイズ 32.1×26.2×15.5 cm
・質量 3.1kg

睡眠サイクルに合わせてベストなタイミングで目覚める「Withings Aura」

neuroon

Neuroon

睡眠の質を高めたいためにアイマスクを付けているという人もなかにはいるかと思います。そんなアイマスクを更に高性能化したのが「neuroon」。目に付けるだけで睡眠分析、時差ボケブロッカー、エネルギーチャージ、バイオリズム調整、アラーム、高照度光セラピーといった6つの機能を利用することができるようになります。

睡眠分析は、睡眠中の心拍数・体温・脳波などを収集。レム睡眠や入眠した時刻などの詳しい情報をユーザーに提供してくれます。睡眠状況によってアドバイスをしてくれるので、今後どうすれば睡眠の質があがるのか理解することが可能です。

海外渡航が多いという方にオススメの機能が「時差ボケブロッカー」。専用のアプリを操作し、渡航日程や出発地などの情報を入力することで、時差ボケ対策に有用な情報を提供。フライトの数日前から装着し、実行することで最大限の効果を発揮するそうです。

エネルギーチャージは、短時間の睡眠で集中力を向上させるための機能。20分間光セラピーを行うことで、メラトニン値を調整します。アプリで「Light Boost」を開始するだけで良いので、とても簡単です。

生活リズムが変則的だと、しっかりとした睡眠時間が確保できなかったり、寝つきが悪かったりといった睡眠トラブルが発生します。高照度セラピーを用い、睡眠ホルモンを調節することで、バイオリズム調整をおこなうのです。また、バイオリズムに合わせたアラームセットも可能で、曜日ごとにセットすることができます。

日本では、+Styleまたは、公式ホームページで購入できるようです。+Styleは、2017年3月31日までの期間限定なので、購入希望という方は早目に購入した方がいいでしょう。

■機能
・睡眠分析
・時差ボケブロッカー
・バイオリズム調整
など

■商品詳細
・名前 neuron
・価格 34,999円
・サイズ 306×84mm

世界初の高性能睡眠アイマスク「Neuroon」

Sleepion

sleepion

「Sleepion」は、音・光・香の3種類を組み合わせて快適な睡眠環境を作るガジェットです。
音楽は、オリジナルの自然・胎内回帰サウンドを使用。心地よい音色が睡眠へといざなってくれます。16曲のヒーリングサウンドが内蔵されているので、様々な曲を聴きながら眠りにつくことが出来そうです。

光は、月明かりをイメージした睡眠に最適な光を再現。音楽に合わせてゆらめく光は、深い眠りへと誘い、アロマは100%天然素材を使った独自の製品を使用。香りは、「ブレンドアロマラベンダー」「ヒノキ」「ゼラニウム」の3種類が採用されています。アロマストーンを前面にセットして使用。LEDの熱などにより寝室に香りを充満させていきます。

本体カラーが「ホワイト」「ブルー」「グリーン」「ピンク」「ブラック」と種類豊富なのも魅力の一つ。お部屋のインテリアに合わせて選ぶことが出来そうです。

■機能
・自然、胎内回帰サウンド
・睡眠に最適な光を再現
・天然素材100%のアロマ
など

■商品詳細
・名前 Sleepion
・価格 37,800円
・サイズ W 250×D72×H120mm
・重量 532g
・カラー ホワイト・ブルー・グリーン・ピンク・ブラック

音·光·香で快眠を誘うガジェット「Sleepion」

スリープトラッカー beddit3

beddit

「スリープトラッカー beddit3」は、ベッドの上に設置する睡眠トラッカーです。睡眠データを収集することで、睡眠をスコア化して教えてくれます。

室温・湿度センサーが搭載されており、これらが睡眠に与えている影響をしることができます。心地の良い眠りに付けていないなんてときは、部屋の気温が適切ではないからかもしれません。

専用のアプリを使うとその日の睡眠の状態をスコアでみることが可能。100点中75点以上なら良い睡眠を取れているそうです。逆にそれ以下の場合は、何かしらの原因によってあまり良い睡眠をとれていないということになります。

■機能
・睡眠をスコア化
・睡眠データ収集
など

■商品詳細
・名前 beddit3
・価格 19,800円
・サイズ H80×W8cm
・重量 139g

マットレスに装着せずに睡眠情報を取得できる「beddit3」

パナソニックエアコン

panasonic

快適な睡眠を送るためには、室温がとても大切になってきます。夜中に暑くて起きてしまったという方も多いのではないでしょうか?「パナソニックエアコン」はそんな悩みを解決してくれるエアコンです。

もちろん、普通のエアコンとしても優秀ですが、ここで注目したいのが「おやすみナビ」という機能。就寝中の室温をアプリを使って設定することができます。徐々に温度を上げたり、就寝中は温度を低くしたりといったことが可能です。

また、アプリを使うことで、室温変化などをグラフ化。目覚まし機能なども搭載されているので、快適な室温で朝を迎えることができます。さらに、体動連携モードでは、体の動きとエアコンが連動。自動で眠りやすい環境を整えてくれます。

パナソニックには、他にも目覚めのあかりを搭載したシーリングライトやワイヤレススピーカーなど眠りを考えた家電製品がたくさんあります。公式サイトの「ネムリにこだわる家電」をチェックしてみてください。

■機能
・就寝中の室温設定
・睡眠データ記録
など

■商品詳細
・商品名 パナソニックエアコンWXシリーズ、Xシリーズ

眠りにこだわるエアコン「パナソニックエアコンWXシリーズ」

まとめ

いかがでしたでしょうか?今回は、睡眠に役立つIoTグッズについてご紹介しました。人生の1/3もの時間を費やす睡眠。質の高い睡眠を送ることは、日々の生活をよりよくするのにも役立ちます。最近のIoTグッズは、質の高い眠りにつくためのアドバイス機能なども整っているものが多いようです。少しでも睡眠の質を改善したいという人は、購入してはいかがでしょうか?

関連タグ

  • IoT
  • まとめ
  • 眠り