ちょっと待って!WiMAX解約前に注意すべき5つのこと

WiMAXの解約時には気を付けなければならないことがあります。何も気にせず解約してしまうと、かなり高い解約金を支払わなければならない場合もありますので、注意点をしっかり確認して、ぜひトラブルなく解約を進めていただければと思います。

WiMAXを解約する前に注意するべき5つのこと

注意点1 解約金がかからないのは契約更新月だけ!

解約金がかからないのは更新月のみなので、注意しましょう。例えば2年契約の場合、2年過ぎれば解約金がかからないだろうと思いがちですがそうではなく、更新月を過ぎてしまうと2年経過していても解約金が発生します。
解約金は、申し込みからどれくらい経っているかによっても異なり、5,000円~20,000円近くかかることもあります。損しないよう、解約は計画的に行うようにしましょう。

■主なプロバイダ事業者の契約金まとめ■
≪GMOとくとくBB≫
wimax2+接続サービス(2年契約)
1~13か月目:19,000円(端末が届いた月の「翌月」が1か月目)
14か月目~24か月目:14,000円
25か月目:0円
26か月目~48か月目まで:9,500円

≪So-net≫
WiMAX 2+(2年契約)
1~12か月目まで: 19,000円(サービス開始月の「翌月」が1か月目)
13か月目~24か月目まで: 14,000 円
25か月目:0円
26か月目以降: 9,500 円(更新月以外)

≪BIGLOBE≫
wimax2+ flat ツープラス等(2年契約)
1~12か月目:19,000円(サービス開始月の「翌月」が1か月目)
13か月目~23か月目:14,000円
24か月目:0円
25か月目~47か月目まで:9,500円

≪nifty≫
wimax2+ flat 2年 ギガ放題等(2年契約)
1~12か月目:19,000円(利用登録月の「翌月」=1か月目)
13か月目~24か月目:14,000円
25か月目:0円
26か月目~48か月目まで:9,500円

更新月や解約金は契約プロバイダにより異なります。ここに記載した事業者はごく一部ですので、ご自身の契約状況を各プロバイダに問い合わせて確認しましょう。

GMOとくとくBB Q&A http://help.gmobb.jp/app/answers/detail/a_id/41/~/wimax
So-net会員サポートhttp://faq.so-net.ne.jp/app/answers/detail/a_id/3190
BIGLOBE 会員サポート http://support.biglobe.ne.jp/jimu/keiyaku/kaiyaku/
@nifty会員サポート http://qa.nifty.com/cs/catalog/faq_nqa/qid_13906/1.htm


注意点2 解約申し込みには締め切りがある!

これも非常に厄介です。解約の申し込みには締切があり、締切日はプロバイダにより異なります。締め切りは多くの場合、更新月の「20日まで」又は「25日まで」が多く、期日までに申込みをする必要があります。


注意点3 ネットで簡単に解約ができない場合がある

契約プロバイダによって解約方法は異なります。ネットで簡単に解約できる事業者もあれば、電話で受け付け、郵送でしか申込みを受け付けない事業者もあり、契約しているプロバイダによっては解約がかなり面倒な場合があります。各事業者により異なるので、面倒ですがしっかり確認しましょう。

■主なプロバイダ事業者の解約方法と解約申込み締切日■
≪GMOとくとくBB≫
解約申請書をダウンロードして記入。解約月の「20日まで必着」で郵送
≪BIGLOBE≫
WEBで簡単に解約手続きができます。締切日は解約月の「25日まで」
≪nifty≫
WEBで簡単に解約手続きができます。締切日は解約月の「月末23時まで」


注意点4 期日までにSIMカードを返却しないと損害金がかかる場合がある

「GMOとくとくBB」のプロバイダで契約している方は、WiMAXの端末は購入する形ですが、SIMカードは貸与という形になっていますので返却する必要があります。SIMカードの送付は解約した月の「翌月まで」が期日となっています。これを怠ると、3,000円の損害金を請求されてしまいますので注意しましょう。


注意点5 再契約の場合はキャンペーン対象にならない場合がある

解約後、再度WiMAXを利用したくなった場合、同じ事業者に再契約するとキャンペーン適用外となることがあります。もし再度契約する場合は、他社に乗り換えをした方がお得になるかと思います。


まとめ

WiMAXの解約は、解約できる期間がかなり限られており、解約がしづらくなっています。
まず契約事業者のお問い合わせ先へ電話して、「契約更新月」、「解約申し込み方法」、「申し込み締切期日」をまず確認し、損をしないようぜひ注意して解約手続きを行うようにしましょう。