タウンWiFiのセキュリティってどうなの?タウンWiFiを安全に使う方法

自動接続できて便利なタウンWiFiですが、公衆WiFiに勝手に繋がってしまうというのは不安でもありますよね。今回は、タウンWiFiの安全性について、どんなことに気をつけたらよいのかをご紹介したいと思います。

WiFiのセキュリティについて

wifiのセキュリティは、暗号化という技術により守られています。暗号化されているwifiは、スマホで設定画面からwifiを開くと、SSIDの横に鍵マークがついています。

wifi暗号化

この鍵マークが付いているネットワークは、暗号化がされているという証で、パスワードの入力無しではネットワークに接続することができません。一方、鍵マークが付いていないネットワークは、セキュリティの保護がされていないということなので、悪意ある第三者が同じネットワーク上にいた場合、情報を盗み見られてしまうという可能性があるので、利用には注意が必要です。

WiFiの暗号化方式は3種類

暗号化方式は大きくわけて、「WEP」「WPA」「WPA2」という3種類があります。
WEP
WEPは初期の暗号化方式で、暗号化キー(接続時に必要なパスワードのようなもの)が設定されているのが特徴ですが、1分前後で簡単に解読されてしまうと言われています。

WPA
脆弱性の認められる「WEP」に改良を加えた暗号化の方式で、暗号化キーを通信中に自動的に変更するため安全性は高まりました。しかし、暗号化の方式はWEPと同じなので、時間はかかるものの解読が可能で危険性は残ります。

WPA2
最新の暗号化処理方法「AES」を採用した暗号化方式を利用しており、解読されたという例はありません。現在最も強固なセキュリティと言えます。

公衆WiFiのセキュリティについて

大手コンビニチェーンのWiFiや、公共施設のWiFiのでも、そのほとんどが暗号化セキュリティのないWiFiです。つまり、データの通信をした際、悪意のある第三者から、データを盗み見られる可能性があります。利用する際は十分注意が必要です。

タウンWiFiのセキュリティについて

タウンWiFiで接続できるWiFiは、暗号化されていないWiFiがほとんどです。

タウンWiFiだから危険ということはなく、例えば7SPOTに接続するとき、7SPOTの公式から接続する場合も、タウンWiFiで接続する場合も、セキュリティのレベルは変わりません。

公共のWiFiを使う場合はいずれにしても注意が必要だということです。

タウンWiFiを安全に使うには?

セキュリティ対策がされているサイトを利用する

WiFiが暗号化されていなくても、Webページ自体が暗号化されたページであれば、比較的安全にインターネットを利用できます。暗号化されたページは「https」で始まり、スマホで見ると、URLの横に鍵マークがあるページです。

amazon

ただし、公衆WiFiで利用する場合、絶対安全とは言い切れません。

公衆WiFi利用時は個人情報の入力は控える

特に注意が必要なのは、個人情報を入力するお問い合わせフォームや、ネット通販などでショッピングする際にクレジットカード情報などを入力する場合です。例えhttpsのサイトであっても、公衆wifiで利用するのは控えた方が良いでしょう。

「VPN」を利用する

VPNとは、「Virtual Private Network(バーチャル プライベート ネットワーク)」の略で仮想プライベートネットワークのことです。自分のスマホやPC端末と、サーバーの間にあるインターネット空間に、仮装のトンネルを設計し、暗号化した情報をやりとりさせ、情報にアクセスできる端末を絞る技術で、ネットを利用する際の安全性を高めてくれます。

代表的な無料VPN
■OperaVPN
https://itunes.apple.com/jp/app/opera-no-wu-liao-vpn-guang/id1080756781?mt=8

■VPN Gate
http://www.vpngate.net/ja/download.aspx

■パンダVPN
http://www.pandavpn-jp.com/

■VPNマスター
https://play.google.com/store/apps/details?id=free.vpn.unblock.proxy.vpnmaster&hl=ja/

まとめ

タウンWiFiを利用するから、特別セキュリティが危険になる、ということはありません。公衆WiFiを利用する場合は、総じて注意が必要です。ただ、タウンWiFiを利用するとWiFiに自動で接続されるので、公衆WiFiを利用している、という意識が薄れてしまうこともあるかもしれません。個人情報を入力するような場合は、公衆WiFiに接続していないか、常に確認するよう意識付けしたり、VPNを利用するなど、セキュリティへの意識レベルをあげておくと良いでしょう。