IoTでお客様の呼び出しベルが進化!「ヌードー(noodoe)」とは?

お客様の呼び出しベルがかっこよくなった!ワイヤレスコール・ワイヤレスチャイムのヌードー(noodoe)は、お客様の要望をベルで通知することができる画期的なIoT製品です。デザインにもこだわっており、オシャレなカフェにもぴったり。今回はそんな「ヌードー(noodoe)」についてご紹介します。

ヌードー(noodoe)とは何か?

ヌードー(noodoe)とは?

ヌードー(noodoe)とは、IoTシステムにより、お客様の用件を先取りできるコールベル。2016年10月に発売され、ITpro EXPO AWARD 2016で優秀賞を受賞した、注目の飲食店向けIoT製品です。

お客様は、ヌードーを通して、「注文をしたい」「お水がほしい」「会計をしたい」などの要望を、ヌードーを操作するだけで即座にお店のスタッフに伝えることができます。これまでは、お客様がスタッフを呼び、スタッフが来るのを待ち、要望を伝えて、サービスを提供してもらう、という手順でした。それが、スタッフを呼ばなくても要望を伝えることができ、次にはサービスを提供しにスタッフが来てくれます。お客様の、待つストレスを軽減できるというのはとてもいいですよね。
忙しいホールスタッフも、要望を聞きに行くという手間が省け、最短の手順で接客対応を行うことができます。

ヌードー(noodoe): http://orangeretail.jp/noodoe/

ヌードー(noodoe)の仕組み

ヌードーは、ブロック型のコールベルで、ブロックのそれぞれの面に「注文したい」「お水がほしい」「片付けてほしい」「会計をしたい」「次の料理がほしい」という文字がかかれています。お客様は、自分の要望する用件が書かれた面を上にしてブロックを置きます。すると、スタッフが付けているリストバンド型のデバイスに、お客様の用件とテーブル番号が表示され、振動して通知してくれます。お客様のもとに用件を聞きにいくという手間が省け、お客様はベルを操作した次にはサービスが提供されるということになります。

noodoe

ヌードー(noodoe)の特徴

最先端のウェアラブルデバイス

スタッフが身に着けるリストバンドも最先端のウェアラブルデバイス。完全防水なので安心です。キューブとリストバンドはBluetoothで通信し、お客様の声をいち早くキャッチ。Bluetooth通信のため、地下など電波が届かないところでも使用することができます。ワイヤレス接続なので特別な工事も不要です。

スマートなデザイン

これまでのコールベルはオシャレなお店だと浮いてしまう、ということがあったと思いますが、デザイン性にもこだわったヌードーなら、高級レストランでも雰囲気を損なうことなく置くことができます。

design出典:http://orangeretail.jp/noodoe/experience.html

リアルタイムに状況を把握

ヌードーなら、テーブルごとの待ち時間を、タブレット画面でリアルタイムに把握することができます。※タブレット利用にはWi-Fi環境が必要です。

対応履歴をデータベース化

ヌードーは、スタッフの対応履歴をデータベース化することができるので、お客様の待機時間や、スタッフごとの対応速度などが把握でき、スタッフの配置を効率化したり、業務の課題解決の手助けとなってくれます。

メンテナンスは簡単

充電は約1週間もち、日々のお手入れはさっと拭くだけでOKなのでメンテナンスは簡単です。


ヌードー(noodoe)を導入されたお客様の声

シンガポール・シーフード・リパブリック 品川店 様

シンガポールの本場の料理が楽しめるシンガポール・シーフード・リパブリックの品川店。品川駅高輪口を出てすぐの場所にある、コロニアル様式の一軒家レストランです。モダンなインテリアに、東南アジアの雰囲気が加わり、エスニックで開放的。日本でほとんど流通していない、活きたマッドクラブをいただけます。

2シンガポール・シーフード・リパブリック品川出典:http://orangeretail.jp/noodoe/result/ssr.html

お客様の声
現場で困っていたことは、個室や中庭(パティオ)でお客様がスタッフを呼ぶときに、お互いに分かりづらいことでした。特に個室は完全個室のため、扉が閉まっていると料理の皿を下げるタイミングや、お客様のご要望を把握しづらいこともありました。ヌードーのようなガジェットを使えば解決するかなと、導入を決めました。個室特有の不便さを解消し、お客様のストレスも軽減したのではないかと思います。
品川駅の目前という場所柄、外国人のお客様も多いため、英語、中国語も併記し、外国人のお客様にも問題なく使っていただけています。

シンガポール・シーフード・リパブリック
http://singaporeseafood.jp/


ロイヤルクリスタルカフェ様

大人の街銀座で、優雅なひと時を提供するロイヤルクリスタルカフェ。ドトールの創業者である鳥羽博通氏が、ドトールコーヒーのコンセプトである「一杯のコーヒーを通じて安らぎと活力を提供する」を現実に表現してみたいと考えて作ったお店で、高級感ただよう上質なサロンのような空間です。

3ロイヤルクリスタルカフェ出典:http://orangeretail.jp/noodoe/result/rcc.html

お客様の声
ヌードー導入前、スタッフの呼び出しにはボタン式のコールベルを使ってました。お客様からの呼び出しは表示されるモニターを見ないと分からないし、いつボタンを押されたのか、どのくらいお客様をお待たせしているのかも分かりません。それが、ヌードーを使うと、ウェアラブルデバイスに伝わる振動で受け取れるようになり、一瞬で直接要望が分かるので、サービスまでのタイムラグがなくなりました。
年齢層が高めでゆったりしたお店ですし、個室では商談や会議が行われることが多いため、スタッフがうろうろしたり、カーテンの中をのぞいてお話の間を切ってしまうと失礼になってしまいます。ヌードーを使うことで、お客様が声を出さずに要望をスタッフに伝えられ、お客様が望むタイミングでもれのないサービスができるようになりました。

ロイヤルクリスタルカフェ
http://royalcrystalcafe.com/


ヌードー(noodoe)が未来体験型カフェレストラン「ランドロイド・カフェ」に導入!

landroidcafesite出典:https://laundroid.sevendreamers.com/cafe/

ランドロイド・カフェは、株式会社favyとセブン・ドリーマーズ・ラボラトリーズ株式会社が運営するカフェレストランです。「夢と、技術と、仲間と出会う場」をコンセプトにしており、ランドロイドという、全自動衣類折りたたみ機のティザーモデルを設置し、ランドロイドを身近に感じられます。
この、カフェのコンセプトを実現するためのテクノロジーの1つとしてヌードーが採用されました。


まとめ

ヌードーは、デザイン性を求められるオシャレなお店や、室内とテラスに分かれているカフェ、個室や座席の多いお店などに最適です。お客様へサービスを提供する際、これまで不便に感じていたことを、解決してくれるツールになりそうですね。今後様々なお店に広がることを期待したいと思います。

関連タグ

  • IoT
  • ウェアラブル