割り勘アプリpaymo(ペイモ)の使い方 請求方法

今話題の、アプリで割り勘ができる「paymo(ペイモ)」。楽しく飲んだあとに、割り勘というのは面倒が多いですよね。小銭がなくどんぶり勘定になってしまったり、後日渡すと約束したのに回収できなかったり、トラブルが起こりがち。そんなときにpaymoなら、アプリで即割り勘ができるので便利です。今回はpaymo(ペイモ)で、どのように割り勘するのか?その使い方、請求方法をご紹介します。

paymo(ペイモ)の初期設定

paymo(ペイモ)をインストール

まずはpaymo(ペイモ)アプリを以下よりインストールします。

Google Play:
https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.anypay.paymo&hl=ja

iTunes:
https://itunes.apple.com/

会員登録

paymo(ペイモ)を起動し、会員登録をします。登録は、Facebookかメールアドレスでできます。

今回はメールアドレスでの登録方法をご紹介します。

paymo会員登録

①「メールアドレスで登録する」をタップ
②姓名、メールアドレスを入力し、パスワードを設定
★既に友達がpaymoを使っている場合は招待コードを教えてもらい入力します。招待コードを入力すると、300ポイントが紹介した人、された人の両方にもらえます。
③「法人用アカウントではありません」にチェックが入っていることを確認し、「登録する」をタップ
 
 
paymo会員登録2

④電話番号を入力し、「次へ」をタップ
⑤「送信」をタップ
⑥送られてきた認証コードを入力し「完了」をタップ
 
 
paymo会員登録3

認証成功と表示されたら会員登録は完了です。
 
 

paymo(ペイモ)で割り勘の請求をする方法

請求リクエストを作成

代表で立て替えた人が、請求リクエストを作成します。

paymo請求やり方

①右下の「¥」のアイコンをタップ
②「請求する」をタップ
③請求する金額を入力し、レシートを撮影、コメントを入力して「作成する」をタップ
※請求金額の不正がないよう、レシートを撮影して添付することが必須になっています。
★真ん中のスタンプもお好みで変更することができます。

請求する相手を追加し送付

作成した請求リクエストを、割り勘するメンバーに送付します。paymo(ペイモ)は、アプリ内で割り勘ができるアプリなので、請求する側だけでなく、相手もアプリをインストールする必要があります。

相手がpaymo(ペイモ)をインストールしていない場合
「直接URLを送る」をタップして、LINEやメールで送付するか、QRコードを直接読み取ってもらいます。

paymo割り勘方法1
 
 
相手もpaymo(ペイモ)をインストールしている場合
友達もpaymo(ペイモ)内を使っていれば、画面上に友達が表示されるので、請求する相手を選び、「送信する」をタップします。

paymo割り勘方法2

これで請求は完了です。


まとめ

いかがでしたか?paymoでの請求は非常に簡単ですよね。アイコンが可愛く、堅苦しい印象にならないのもいいですね。

回収した割り勘代は、アプリ内に保存され、次に割り勘したいときに使うことができます。また、残高を口座に引き落とすこともできますが、200円の手数料がかかってしまいますので、そこだけ注意が必要です。