【IoT】生活がもっと便利に!スマートハウスとは?

IoTの広がりで、私たちの生活が便利に変わりつつあります。生活の基盤となる住宅もインターネットで管理できるようになれば、さらに大きな変化がもたらされていくでしょう。世界中で環境問題に取り組む昨今では、エネルギー消費を抑えるスマートハウスは注目を浴びており、さまざまな企業が参入しています。今回は、そんなスマートハウスについてまとめました。

スマートハウスとは

スマートハウスとは、家電や設備機能のエネルギー消費をITで最適に制御し、生活者のニーズに応じたサービスを提供する住宅のことです。規格が統一されていない点や、通常よりもコストが高い点などの問題もまだありますが、これらの課題を解決するための動きも関連省庁や民間団体で活発化しています。

出典:

Wikipedia
http://urx.mobi/CyER

スマートハウスでできること

スマートハウスでは、普段の生活で使用する電気などのエネルギー量を目で確認することができます。それによって、無駄に使っている部分が分かり、無駄に使っているエネルギーを減らせて、省エネルギーや節電に繋がります。
では、スマートハウスで具体的にはどんなことができるのか紹介していきます。

発電ができる

有名なものでいうと太陽光パネル。太陽光を太陽電池を用いて直接的に電力に変換することができます。ガスから空気中の酸素と反応させて発電するエネファームという技術もあり、給湯時の発電により家庭で使用する4 – 6割程度の電力量をまかなえるため、電気料金が安くなります。使わずに余った電気は、電力会社に売ることもできます。

セキュリティ

玄関鍵を開ける際に、鍵を鍵穴に挿す必要のない電子錠システムが多く利用されています。ステッカータイプのシール型センサーを、スマホや定期に張り付けて鍵替わりにしたり、スマホのアプリやインターネットを経由して、外出先からでもリモート操作できるものもあります。紛失しやすい鍵ですが、自宅に入れないといったトラブルがなくなります。暗証番号の入力や、指紋認証で鍵を開けるタイプのシステムもあります。

リモート操作

スマホから、外出先からでも換気やお湯はり、空調などのリモート操作できるものもあります。例えば、帰宅する前にエアコンや床暖房をあらかじめONにすることで、帰宅する頃には室内を快適な温度に設定したり、急に雨が降ってきた際にはリモート換気システムを使うことで電子窓(リモートウインドウ)を閉めたりできます。また、「電気を消し忘れちゃった!」「エアコンつけっぱなしかも!」という起こりやすいミスも。外出先からリモート操作でOFFにすることで、電気の無駄を減らすことができます。

車とつなげる

スマートハウスでできることは、自宅での省エネやリモートコントロールだけではありません。スマートハウスで作った電気で電気自動車やプライグインハイブリッドカーを充電したり、車に貯めておいた電気は生活で必要なときに活用することもできます。
また、デンソーが開発するHeMS(Home Energy Management System)というシステムで、電気自動車のエンジンをかけると自動的に玄関鍵や室内のエアコンの状態をお知らせしてくれ、その場で戸締まりやエアコンのOFFができる機能がついています。

出典:

DENSO公式HP
http://www.denso.co.jp/ja/products/consumer/jutaku/hems/

スマートハウスの注意点

1.自宅内に通信環境が必要

当たり前ですが、これらの便利な機能を使うには自宅内にインターネット接続やWiFi環境が必要になります。設備の打ち合わせに合わせて、ご自宅の環境確認をしておく必要があります。
また、WindowsやAndroidなどシステムは、欠陥が見つかると修正するためのアップデートが行われます。外出時にスマホから家電制御の操作ができない場合、ファームウェアのアップデートが実行されていないことが原因なことが多いそうです。スマートハウスでも、システムは常に最新の状態を保つように注意しましょう。

2.導入コストが大きい

スマートハウスには興味がある人が多い中、壁となっているのが導入コストです。システムの導入には各種機器の設置も必要になり、工事費も含めて初期コストは決して安いとはいえません。導入する際には、初期コストと導入してからの節電効果をしっかりと比較して検討しましょう。

さいごに

いかがでしたでしょうか。今回は、話題のスマートハウスについてまとめました。生活がますます便利になっていくスマートハウスにこれからも注目していきたいですね。一方で、スマートハウスのシステムはWiFiでインターネットと接続されるため、セキュリティ面も現在の課題の一つとなっています。今後スマートハウスがより一般的になっていくにつれて、セキュリティシステムも改善・普及していくのではないでしょうか。さらなる進化を期待しましょう!