ソフトバンクエアー(Softbank Air)を契約する際の注意点

ソフトバンクエアー(Softbank Air)は、配線工事なしで、コンセントにつなげるだけでインターネットが使えるwifiサービスですが、使い勝手や、契約内容はどうなっているのか?など気になる所ですよね。今回は、ソフトバンクエアー(Softbank Air)を契約する際の注意点をご紹介したいと思います。

ソフトバンクエアーの注意点①使い勝手について

速度は光回線よりは速くない?

こちらは口コミの評価ですが、光回線より遅く感じる、という評判が多く見受けられます。ただ、ソフトバンクエアーは通信速度下り最大261Mbpsという速度がでるというwifiルーターです。エリアによって対応速度が違うことと、回線が混みあう時間帯(夜間など)は速度制がかかってしまうようで、遅く感じることがあるようです。

「Softbank Air」4G住所別対応速度情報
http://www.softbank.jp/ybb/air/area-list/


引越した場合、次の家では使えないかも?

Softbank Airには、対応エリアがあり、エリア外では利用できません。ソフトバンクエアー契約後、引越しをすることになった場合、場所によっては対象エリア外になってしまう、ということもあるかもしれません。郊外へ引っ越す可能性がある方は注意が必要です。


ソフトバンクエアーの注意点②契約内容について

契約内容の種類

まず、ソフトバンクエアーを契約する際、とういった種類の契約内容があるか見てみましょう。

①分割払いで利用する場合
月額基本料金:4,880円
・Softbank Airのみ
・Softbank Air+おうち割 光セット

②レンタルで利用する場合
月額基本料金:5,370円
・Softbank Airのみ
・Softbank Air+おうち割 光セット

まず、ルーターを購入し分割払いで利用する場合と、機器をレンタルして利用する場合があり、それにより月額料金が異なります。
次に、ソフトバンクエアー(Softbank Air)のみで契約する場合と、おうち割光セットと一緒に契約する場合があり、割引特典の値段がこれにより異なります。

料金内容について詳しくはこちら

Softbank Air(ソフトバンクエアー)とは
http://wifiknowledge.com/3402


途中解約する場合の違約金と、ルーター機器代金に注意

ソフトバンクエアー(Softbank Air)の契約は2年契約となっており、契約月以外は違約金がかかります。また、ルーターを購入し利用する場合は、ルーター代金を払いきっていない場合は残金を支払う必要があります。(3年の分割払い契約になっています)

分割払いの場合
<料金構成>
①月額基本料 4,880円
②Airターミナル本体代 (実質無料)
 月1,620円×36か月=合計58,320円
 ※月々割で全額割引
③加入特典割引 
④春のSoftbank Air割

●契約期間:2年
●本体代完済期間:3年

2年で解約する場合
○違約金       0円
○ルーター代の残金 19,400円
合計 19,400円

3年で解約する場合
○違約金       9,500円
○ルーター代の残金   0円
合計 9,500円

4年で解約する場合
○違約金      0円
○ルーター代の残金 0円

ルーターを購入して利用する場合、月々割で機器代金は実質無料になりますが、3年未満で解約する場合は残金を支払う必要があります。また、2年契約で契約月以外は違約金が発生します。つまり、契約から4年経たないと、0円で解約することができません。


レンタルの場合
<料金構成>
①月額基本料 5,370円
②加入特典割引 
③春のSoftbank Air割

●契約期間:2年

○違約金 9,500円
レンタルの場合は、ルーター代金がありませんので、2年契約の縛りのみで、更新月以外に解約金がかかるだけになります。


まとめ

いかがでしたでしょうか?ソフトバンクエアーは、ルーターを購入して使う場合の方がレンタルより月額料金が安く使えますが、解約がしづらい契約内容になっているようですね。すぐに使わなくなってしまうかも、という方はレンタルで利用する方がいいかもしれません。もちろん、長く使いたい、という方は購入して利用する方がおすすめです。少し使ってみて、繋がりづらいという問題があっても、7日間はクーリングオフが適用されるようなので安心です。

ソフトバンクエアー(Softbank Air)
http://www.softbank.jp/ybb/special/air/