話題の5Gとはなに?超高速の通信が実現する!?

「5G」とはなにか?最近よく耳にする5Gですが、具体的に何なの?4Gとどう違うの?など、5Gについてご紹介したいと思います。

5Gとは?

5Gとは何か?

5Gの「G」は、「Generation」の略。つまり、5Gとは5世代目という意味。
5Gは、4G、LTE、LTE-Advancedのさらに次の世代の高速移動通信システムです。現在はまだ存在せず、明確な定義もありませんが、2020年の実用をめざし、研究開発が進められています。

たくさんの人が集まるイベント会場や、人が密集する大都市で4K/8Kなどの高解像度の動画を楽しめるようになる見込みです。

5世代高速移動通信

5G開発の経緯

2020年には東京オリンピックが開催されることもあり、通信量が2010年と比較して1,000倍以上に増大すると予測されています。
また、将来アプリケーションのデータ量は高度化し、さらに重くなっていくと考えられます。5Gは、通信量の増大に耐え、超高速のデータレートや、多数の端末接続を可能にするなど、今後予測される問題を解決する通信を実現することを目標に、研究開発がされています。

開発の中心はNTTドコモ。NECや富士通、インテルなどの企業と共同開発を進めています。

5Gの特徴

4Gと5Gの違い

5Gと4Gとでは、まず通信速度が格段に速くなる見込みです。4Gが50Mbps~1Gbpsだったのに対し、5Gは1Gbps~50Gbps。つまり、通信速度が数十倍~百倍速くなるということです。
技術革新により、4Gの現状の課題が解決された通信となります。大量のデータでも、ネットの閲覧が一瞬になり、多数の端末の接続にも耐えられるため速度が遅くなるということもなくなるなど、夢のような快適さが実現されるようです。

5g

5Gの技術

・20GHz帯などより高い周波数帯を利用し広帯域化を実現
・周波数帯の利用効率を高める「NOMA」を採用
・伝送品質を向上するために「Massive MIMO」技術を採用
高低の周波数帯を組み合わせ、飛躍的な高速化(10Gbps)を目指している

5Gの特徴

上記のような技術により、超高速、超大容量、超大量接続、超低遅延を実現。大容量の映像配信やVRなどの配信に耐えられること、大多数の端末で接続できること、反応速度が速いことが、5Gにより実現できる見込みです。
5Gは、「IoT」への活用も想定しており、自動運転など一瞬のタイミングのずれも許されないものもあり、「超低遅延」が重要な条件となっています。
「遅延」とは、コンピューターに指示を与えた際、反応に要する時間のこと。「低遅延」は、この反応の遅れが少ない状態のことです。4Gが50ミリ秒(1ミリ秒=1000分の1秒)であるのに対し、これをゼロに限りなく近づけます。
様々なモノのインターネット化が進んでおり、今後さらにネットに繋がるモノが増え、通信容量は増大していく見込みです。このIoT化の流れも、5Gの開発が急がれている理由のひとつでもあります。

IoT


まとめ

東京オリンピックに向け、通信技術の革新が進められていおり、これが実現したら、さらに快適にインターネットが利用できそうですね。様々なものがインターネットに繋がり、まるで映画の中のような近未来の世界は、実はすぐそこまで来ているかもしれません。これからの変化が、まずます楽しみですね。

関連タグ

  • IoT
  • iPhone
  • wifi