高速WiFiでよく見る「MU-MIMO」とはなに?

最新の無線LAN規格、IEEE802.11acの新しい技術として取り入れられたのが「MU-MIMO」。MU-MIMOとはどんな技術なのか、どんなところがよくなったのかを解説していきたいと思います。

「MU-MIMO」とはなに?

まず、MIMO(マイモ)とは?

まずMIMO(マイモ)とは、無線通信技術のひとつ。無線LAN規格のIEEE802.11nのときに開発された、複数での入出力を意味する「multiple-input and multiple-output」の略で、無線通信の送信機と受信機の両方で複数のアンテナを使い、データの送受信を行う無線通信技術です。通信の品質を向上させ、データ通信を高速化しています。

wifiのルーターには「ストリーム数」が記載されていることがありますが、MIMOは、このアンテナを複数化して通信をする技術のことです。一つのデータを複数のアンテナを使って送信するので、送受信アンテナが1×1つの場合と、2×2の場合では、理論上の速度は2倍になります。

MU-MIMOとは?

MU-MIMO(マルチユーザー・マイモ)は、MIMO(マイモ)をさらに発展させた技術。最新の無線LAN規格IEEE802.11ac Wave2で使われており、802.11nではストリームの本数は4×4までと規定されていたところから、802.11acでは、8×8まで対応できるようになりました。MU-MIMOは、特定の端末に向けて電波を発信する「ビームフォーミング」技術と組み合わせることで電波干渉を起こさず複数の信号波を送る通信が可能に。これまでは、端末一台一台ごと順番に切り替えながら通信する方式でしたたが、一つの送信機から、同時に多数の端末へ同時送信できるようになり、通信速度が落ちることなく安定して通信することが可能になりました。

ビームフォーミングとは?
ビームフォーミングは、MU-MIMOに欠かせない技術。ビームフォーミング技術がないときは、電波を全方位に均等に放射していました。ビームフォーミング技術により、対応端末を自動で検出し、対応端末に向けて集中的に電波を送信できるように。その結果、より繋がりやすく、速度がはやくなりました。

MU-MIMOに対応するスマホってあるの?

スマホ

現在、MU-MIMOに対応しているスマホは、
●docomo:arrows NX f-02H、Xperia™Z5 SO-01H
●au :SHARP AQUOS SERIES SHV32
などがあります。
特にNTT docomoは技術革新に積極的で、スマホにも高速の通信技術を多く採用しています。


まとめ

無線LAN規格のIEEE802.11acが主流となってきましたが、このなかでも最新のWave2でMU-MIMOの技術は使われています。この技術により、通信速度が落ちずに通信が可能になりました。iPhoneは残念ながらこの技術はまだ採用されていないようですが、docomoやauのスマホでは対応している機種もあります。更なる技術革新も行われているようなので、今後はMU-MIMOの技術も主流になってくるかもしれませんね。これからの動向に目が離せません!