新時代の移動通信システム「5G」で変わる未来とは?

「5G(ファイブジー)」をご存じですか?「5G」とは、「3G」「4G」「LTE」などに続く、次世代の移動通信システムのことで、2020年のサービス提供に向け、様々な会社が研究開発に取り組んでいます。提供されるようになれば、今までよりも大容量の通信や実現が難しかったようなシステムを実際に作ることが可能になってくるため、注目が高まっているのです。そこで今回は、次世代の通信システムである「5G」についてご紹介します。「5G」になることで、どんなことができるようになるのでしょうか?

5Gとは?

そもそも「G」とは、「Generation」の略で、世代を表しています。つまり、「5G=第5世代の通信システム」ということです。第○世代の○に当たる、数字が大きくなるほど高性能な通信となっており、現在主流となっている「4G」のサービスが開始されるまでの期間には、第1世代や第2世代の通信システムが使われていることもありました。ここからは、通信システムがどのように移り変わっていったのか順を追って見ていきましょう。

1G

最初に登場した「1G(第1世代)」は、「ショルダーフォン」などに利用されていたアナログ方式の通信システムです。日本では1999年にサービスを終了し、「2G(第2世代)」以降の通信システムへと移行しています。「1G」が使われた当時の端末には、メール送信やWEBサイトの閲覧といった現在のスマートフォンで当たり前にできている機能は存在しておらず、通話機能のみが付いた状態でした。また、「ショルダーフォン」はとても大きく、重量も約3kgと持ち運ぶのにも苦労する代物。今のようにポケットやバックに入れて気軽に持ち運ぶことはできませんでした。

2G

1993年に利用を開始した「2G」は、「1G」とは違い、デジタル方式が採用された通信システムです。NTTドコモが1991年に携帯電話「mova(ムーバ)」を発表したことで、携帯もポケットに入れられるほど小さくなりました。通信速度もアップし、各端末にはメールやWEBの閲覧などの機能が搭載され、現代では当たり前となったインターネット文化が広まりました。

3G

次に登場したのが「3G」。ここまで来ると耳にしたことがあるという方も多くなってくるでしょう。「3G」は、「2G」に比べ、容量の大きい通信を行うことができるようになった通信システム。スマートフォンが登場し、パソコンサイトなども閲覧できるようになりました。NTTドコモの「FOMA(フォーマ)」などがこの第3世代のサービスに当たります。

4G

現在主流となっているのが第4世代の「4G」です。一方、最近よく耳にするようになった「LTE」は、「Long Term Evolution(長期的進化)」の略で、「3G」と「4G」の間にあたる通信システム。そのため、「3.9G」と呼ばれることもありますが、2010年に国際電気通信連合がLTEを4Gと呼んでも良いとしたため、同等の意味で扱われていることがあります。「4G=LTE」と考えても問題ないでしょう。「3G」の通信速度が14Mbpsだったのに対し、「4G」では75Mbps~100Mbps程度まで通信速度を拡大。より大容量の動画やアプリなどを短時間でダウンロードすることが可能になりました。

5G

そんな第4世代の通信システムの後継として現在、各国で研究開発されているのが「5G」です。近年IoT製品などが多く登場し、通信システムは単に電話やメールができるといったこと以上の性能が必要になってきました。その基盤を支えるのが第5世代の通信システムである「5G」です。映画1本を数秒でダウンロードできるようになる「超高速通信」のほか、同時に多数の端末への接続ができる「多数同時接続」や遅延が少なく、接続ができる「超低遅延」などの性能を持った次世代の通信システムです。4Gと比較し、通信速度は20倍、遅延は10分の1と飛躍的に性能がアップしています。

そのため、スマートフォンへの利用のみならず、IoT製品や自動車業界などの通信にも利用されることが期待されています。日本では、世界に先駆け、東京オリンピックが開催される2020年のサービス提供を目指し、誠意開発中ということで、今後どのようなもの登場するのか期待が高まりますね。

4Gとwifの違いとは?i

ちなみに「3G」などと同様に良く目にすることのある「wifi」は、「3G」や「4G」とは別の通信規格です。「4G」は、全国にある基地局と通信するため、多くの場所で接続することができますが、「wifi」が通信を行うのは無線ルーターです。そのため、無線ルーターが設置されている周囲、数m~数10m程度しかインターネットに接続することができません。外出先では「4G」を、自宅やカフェなど無線ルーターが設置されている場所では、「wifi」を使うなどすると快適にインターネットをすることができるでしょう。

5Gの導入で変わる未来

4Gには無い新しい技術が導入され、様々な分野での活躍が期待されている「5G」。ここからは、5Gを導入することで実際にどんなことができるようになるのか見ていきましょう。

スポーツ観戦

2020年に東京オリンピックが開催されるということで、やはり期待が高まるのはスポーツ分野での利用。大容量の通信ができることで、まるで目の前に選手たちがいるかのような大迫力の映像や様々な視点からのパブリックビューイングなど離れていてもより身近にスポーツを楽しむことができるシステムが開発されるかもしれません。

自動運転

最近話題になることの多い、自動運転も「5G」を利用することで、さらに高性能化を図ることができるでしょう。車が危険を予知して回避をしたり、ウェアラブル端末がドライバーの状態を確認するといったことが実現できるのも遠い未来の話ではないかもしれません。自動運転で重視されることの一つが安全性です。5Gは、超低遅延を実現しているため、スピーディーにブレーキの情報を伝えることができるようになります。

リアルタイム通訳

オリンピックが始まると海外から多くの観光客がやってくることが予想されます。そんなときに役立つのがリアルタイム通訳。英語やスペイン語などが海外の言葉が話せなくとも、デバイスを通せば、誰とでもスムーズなコミュニケーションを取ることができます。

遠距離からのロボットや機械の操作

通信を遅延なく行うことができるようになれば、遠距離からロボットを操作したり、別の場所から手術用ロボットを操作して、手術を行うといったことが可能になるかもしれません。

ショッピングセンターでの買い物

私たちの生活には欠かせない、ショッピングセンターでの買い物も変化を遂げるかもしれません。今までは、レジで1回1回支払いを行っていましたが、5Gが当たり前となった世界では、センサーを通るだけで、お会計を済ますことができたり、自宅の冷蔵庫の様子をスーパーに居ながらにして確認できるなど、効率的な買い物をすることができるようになるかもしれません。

ほかにも、ウェアブルメガネを使った人物認識やテレビをカメラで撮るだけで様々な情報を取得できるなどより未来の暮らしが「5G」によって実現できるようになるかもしれません。

5Gの導入で変わる未来

各社の取り組み

大手通信会社であるドコモ、au、ソフトバンクでは、「5G」に対する取り組みを行っています。どんな取り組みを行っているのか見ていきましょう。

ドコモ

ドコモでは、富士通や三菱電機、NECといった様々な企業と協力し、5Gの実証実験を行っています。たとえば、DeNAと共同で検証しているのが5Gを用いた遠隔監視システム。自動運転車に取り付けたカメラで遠隔監視ができるという、自動運転の実現化に向けた取り組みです。ほかにも凸版印刷とおこなっているVRを使ったコンテンツ開発や新日鉄住金ソリューションズとおこなっている生産機器の遠隔操作など5Gを活用した様々なサービスの開発が進められています。2017年7月以降には、東京臨海副都心地区および東京スカイツリータウン周辺で5Gを体感できる「5Gトライアルサイト」を構築予定とのことで、一般ユーザの私たちも5Gの世界を実際に体験できる日が近いかもしれませんね。

ドコモ

ソフトバンク

ソフトバンクでは、5Gの要素技術の一つである「Massive MIMO」の提供を全国の主要都市で2016年9月より開始させています。「Massive MIMO」には、一人一人に電波が割り当てられるビームフォーミングという仕組みを導入しているので、混雑時であっても通信速度を快適に保つことができます。そのためソフトバンクでは、渋谷センター街や新宿歌舞伎町、原宿竹下通り、大阪の天王寺など、人が多い場所を中心に利用範囲を拡大させていくとのことです。

ソフトバンク

au

auでは、5Gの課題とも言われていた「ハンドオーバー」の検証実験に国内で初めて成功しました。ハンドオーバーとは、移動中に基地局を切り替える動作のことです。ハンドオーバーが上手く行くと安定して通信を行うことができます。また、2017年5月以降、セコムと連携し、高度なセキュリティシステムの実証実験を行う予定とのことです。「5G」を用いることで、上空から監視をする「セコム飛行機」や3D地図による「セコム3Dセキュリティプランニング」などの映像転送の向上を図り、社会の安全への実現に向け取り組んでいきます。

au

5Gが使える未来はすぐそこに!

今回は、次世代の通信システムである「5G」についてご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?2020年のオリンピックに向け、各社が様々な開発を行っているということでどんなものが出来上がるのかとても楽しみですよね。ドコモでは、2017年5月以降に、実際に「5G」を体験できるサービスも登場するとのこと。いったいどんなことができるようになるのか、気になる人は公式サイトを随時チェックしてみてくださいね。

関連タグ

  • 5G
  • 回線速度