Makuakeで話題となったIoTグッズ~カメラ編~

最新のIoT技術を駆使したカメラを手に入れたいという人におすすめなのが「Makuake(マクアケ)」というクラウドファンディングサイトです。国内最大級の規模を誇る「Makuake」には、ハンズフリーで撮影できる小型のカメラやペットの様子を見守ることができるカメラ、腕や脚に巻き付けて使うことができるアクションカメラなど個性的なカメラが多数、支援を募っています。そこで、今回は過去に「Makuake」で話題となったカメラのプロジェクトをご紹介します。商品化されているものも多いので、気になった方は購入してはいかがでしょうか?

1.61N

main_2221_690_388

家族や恋人と過ごす何気ない普段の風景を、記録として残しておきたいと思ったことはありませんか?今回ご紹介する「61N」は、服の襟もとなどに身に付けるだけで、自動的に撮影をしてくれるライフログカメラです。普段の何気ない日常を切り取ることができますよ。撮影間隔は1分~5分まで、1分単位で指定可能。手動で撮影を行うこともできるので、シャッターチャンスを逃してしまう心配もありません。さらに、サイドにあるボタンを2回クリックすれば、5秒、10秒、20秒、30秒、60秒の動画撮影もできるとあって、様々な楽しみ方ができそうです。

撮られた写真は、WifiやBluetoothを経由してスマホの専用アプリに送信され、すぐにデータを確認できます。アプリには、撮影した場所とともに写真を地図上に表示する機能も搭載。今日はどこで何をしたのかあとで見返してみるのもいいかもしれません。友人や家族と「61N」で撮影した写真をシェアすることもでき、互いの様子を写真を通して確認できますよ。

■機能
・一定間隔で自動撮影
・動画撮影
・撮影した画像をシェア
など

■商品詳細
商品名:61N(シックスティーワンエヌ)
販売予定価格:14,500円
サイズ:35.5mm×35.5mm×12.2mm
重さ:20g
接続方法:Wifi、Bluetooth
画素数:3264×2448
バッテリー:1回の充電で12時間動作
対応機種:iPhone5以上、iOS8、Android 4.4.2

61N

2.Flex Cam PIC

detail_1985_1468485787

続いてご紹介するのは、まるで蛇のような細長い見た目をした「Flex Cam PIC」というアクションカメラです。

従来のカメラだと撮影するのに、三脚などアクセサリーが必要になる場面がありましたが、「Flex Cam PIC」ならば様々な場所に巻き付けて固定ができるので、アクセサリーは必要がありません。強度と柔軟性を兼ね備えた素材で作られた可動部を、自由自在に変形して使うことができます。

さらに、嬉しいのが防水性能を持っているということ。水がかかりやすい、ビーチなどでも自由に写真を撮ることができますよ。脚や腕、自転車のかご、バッグなど色々な場所に付けて楽しんでみてはいかがでしょうか?

撮影されたデータは、Wifi経由でスマホに転送可能。USBケーブルを使えば、パソコンにも接続できます。「Flex Cam PIC」に備え付けられたボタンを押せば、単体で接続できますが、専用アプリを通せば、遠隔操作もできるので、どこか離れた場所にカメラを巻き付けて、自分の様子を撮影することもできます。さらに、リアルタイムで撮影している動画を見ることができるので、離れた場所にいる家族の様子を確認するといった使い方もできそうです。

カラーは、ホワイト・ピンク・ブルーの3色があり、どれも淡い色合いをしています。可愛らしいカメラを連れて外に出かけてみてください。2016年3月に終了し、目標金額50万円を大幅に超える144万円以上のもの支援を達成したこちらの商品は、現在「Makuake」の公式ストアで購入することができますよ。

■機能
・写真や動画の撮影
・専用アプリを使った遠隔操作
など

■商品詳細
商品名:Flex Cam PIC
販売価格:21,600円(税込)
データ転送:Bluetooth4.0 BLE

Flex Cam PIC

3.Blincam(ブリンカム)

main_1963_690_388

子供と遊んでいるとき、恋人と過ごしているときなど今この瞬間を撮影したいと感じる瞬間は、誰しもが経験したことがあると思います。しかし、そんなときにスマホやカメラででは、準備に時間がかかってしまい、すぐに撮影できませんよね。下手をしたら、撮りたいと感じた瞬間が過ぎ去ってしまうかもしれません。

今回ご紹介する「Blincam」なら、ウィンクをパチッとするだけで写真を撮ることができるので、スマホやカメラのように準備をしている間にシャッターチャンスを逃してしまうという心配もいりません。ウィンクができない人も目を強くつぶることで撮影できるそうです。

使い方は、事前にアプリなどをダウンロードし、「Blincam」の設定をおこないます。そのあとにスイッチを入れた「Blincam」本体を眼鏡に取り付けて、ペアリング。あとはウィンクをするだけで撮影をすることができます。。撮影した写真は、専用のスマホアプリで確認することができ、SNSやウェブサイトで共有することもできます。スマホアプリは、直観的に操作できるようになっているので、誰でも簡単に保存や削除をすることができるでしょう。

■機能
・ウィンクで写真を撮影できる
・アプリで写真を確認できる
など

■商品詳細
商品名:Blincam(ブリンカム)
販売予定価格:19,800円
サイズ:奥行き約85mm×高さ約17mm×幅約10mm
重さ:25g
通信方式:Bluetooth 4.1
対応端末:iPhone 5以降、Android 4.3以降、iPad touch 5th generation O iOS 8以降

Blincam(ブリンカム)

4.Safie(セーフィー)

main_550_690_388

「Safie」は、手軽に導入できるホームセキュリティカメラです。使い方はとても簡単で、アプリをインストールし、カメラを設定。あとは、コンセントとwifiのある場所にカメラを設置するだけで利用できるようになります。防水機能を備えているので、コンセントとwifiさえあれば、屋外への設置も可能です。170°の広角レンズでしっかりと映像を記録してくれますよ。夜の撮影をしたいという方もご安心を。赤外線ナイトビジョンが搭載されているので、夜間でも撮影を継続しておこなうことができます。

撮影されている映像は、リアルタイムで視聴できるので、外部のセキュリティーカメラとしてだけでなく、小さなお子さんやペットの見守りカメラとしてもおすすめです。カメラ内には、高感度のマイクを内蔵。スマホを通じて家族に呼びかけたり、家に侵入しようとする不審者を威嚇するといった使い方もできそうです。

ライブ視聴だけをしたいという人なら無料の「ライブ視聴プラン」がいいかもしれませんが、一歩踏み込んだセキュリティ対策を行いたいという人には、月額980円の「7日録画プラン」がおすすめです。動きや音を検知したら、通知を受け取れるように設定できるので、何かあったときすぐに対応できるようになります。また、「7日録画プラン」では、直近7日間の録画の保存が可能。気になった映像を再び見返すことができます。

■機能
・LIVE動画が見られる
・赤外線ナイトビジョン
・防水機能
など

■商品詳細
商品名:Safie(セーフィー)
販売価格:21,384円(税込)
重さ:184g

Safie(セーフィー)

5.eCamera(イーカメラ)

73312-1

ホームセキュリティを導入したいけど、月額料金がかからないものがいいという方には、こちらの「eCamera」というネットワークカメラがおすすめです。ペットや赤ちゃんの見守りカメラやホームセキュリティカメラとして利用できます。

万が一泥棒が侵入したときに役立ってくれるのが動体検知機能。人がいることを察知すると、スマホにプッシュ通知が送られます。さらに、前後7秒間に撮影した映像を録画するので、誰が侵入してきたのかの把握が可能。アラームを鳴らして威嚇することもできます。ナイトビジョン機能も搭載されているので、暗い部屋の様子もくっきりと撮影することができますよ。

また、ペットの見守りカメラとして利用したいというときに役立つのが双方向通話機能です。映像を見ながらリアルタイムで話しかけられるので、ペットを寂しくさせることがありません。カメラを通じてコミュニケーションをとってみてはいかがでしょうか?

「eCamera」で撮影された映像は、保存することができるので、友人や家族と共有できますよ。さらに、同じ会社が開発をした「eRemote mini」や「eSensor」を活用すれば、暖房や照明を外に居ながらコントロールすることが可能。ペットにとって快適な環境を提供できそうです。

■機能
・人の気配を感じるとスマホへ通知
・動画やスクリーンショットを保存
など

■商品詳細
商品名:eCamera(イーカメラ)
販売予定価格:11,000円(税抜)

eCamera(イーカメラ)

クラウドファンディングを支援するときの注意

「Makuake」だけではありませんが、購入型のクラウドファンディングの場合、必ずしも完成している商品の出資を募っているわけではありません。そのため、スケジュール通りに発送されないということもあり得ます。日本ではあまり耳にしませんが、海外では製品開発に時間がかかったことにより、何ヵ月も送れて発送されたり、プロジェクト自体が頓挫してしまったというケースもあるようです。もちろん、予定通りにいくプロジェクトもあるでしょうが、ECサイトのように必ず購入ができるものではなく、商品が届かないリスクもあるということを忘れないようにしておきましょう。

Makuakeで最新技術を駆使したIoTカメラを手に入れよう!

いかがでしたでしょうか?今回は、「Makuake」で過去に話題になったカメラに関連する商品をご紹介しました。クラウドファンディングは、今までにないような魅力あふれる新しい製品を開発している企業や個人が出資を募っています。海外のクラウドファンディングサイトなどで話題になった商品が日本の販売に先駆け「Makuake」を利用するというケースもあるので、気になる方はチェックしてみてくださいね。