コンセントが無くても充電できる!ワイヤレス給電の未来とは?

コネクタと接続して、コンセントを挿して・・・と電源を確保することが面倒に感じることはありませんか?「コンセントを出したら絡まってぐちゃぐちゃになっていた」「コンセントプラグが近くにない」なんてこともありますよね。「ワイヤレス給電」を利用すれば、電源コードをプラグに挿さずとも電気を確保することができるんです。そこで、今回は次世代の給電方法である「ワイヤレス給電」についてご紹介します。ワイヤレス給電とはいったいどんな給電方法なのか、ワイヤレス給電を使うことで訪れるかもしれない未来と共に見ていきましょう。

ワイヤレス給電とは?

「ワイヤレス給電」とは、電源コードなどに繋げずとも電力を確保することができる技術の総称のことです。なにも遠い未来の技術といったわけではなく、すでに一部の電気シェーバーや歯ブラシ、スマートフォンの充電にその技術が使われています。ワイヤレス給電の技術には、様々な方式がありますが、なかでも有名なのがワイヤレス給電の国際標準規格「Qi(チー)」に使われている「電磁誘導方式」です。「ファラデーの電磁誘導の法則」として学校でも勉強する技術で、Qiではこの技術をもとに、ワイヤレス給電を実用化しています。

ワイヤレス給電のメリット

ワイヤレス給電の大きなメリットの一つが、コードレスでできる充電。コードが必要ないので、コネクタにわざわざ挿す手間が省けます。また、コネクタの抜き差しを頻繁に行うと、コネクタの接触が悪くなるといった心配もありますが、ワイヤレス給電であれば、そもそもコードが必要ないので、そのような懸念も少なくなるでしょう。製品にもよりますか、ボードの上にポンとモバイル機器を置くだけで充電を行うことができるので、充電をする手間が省けます。また、ワイヤレス給電では、金属を接触させて充電をさせる必要がないので、水周りで置くことの多い、電動歯ブラシなども安心して設置できるというメリットもあります。

ワイヤレス給電のデメリット

ワイヤレス給電には、メリットだけでなくデメリットもあります。その一つが、共に同じ規格でないと充電ができないという点です。例えば、Qi規格の充電器を使ってスマートフォンを充電したいと思ったら、スマートフォン自体もその規格の製品でなければなりません。日本で人気の高いスマートフォンであるiPhoneは、Qi規格の製品ではないため、そのままではワイヤレス給電を行うことはできません。ただし、絶対に利用できないというわけではなく、Qiに対応したカバーなどを付けると充電ができるようになります。充電ができないというわけではないですが、ひと手間置かなければいけないということを手間に感じる人もいるでしょう。

また、ワイヤレスとうたってはいますが、充電器から一定距離以上離した状態では、充電を行うことができません。多くのワイヤレス給電製品が数cm以上離れると充電できないというものなので、通話をしながらスマートフォンを充電するなど操作をしながら充電するということが難しいと言えるかもしれません。

磁気共鳴方式

充電器との距離が近くなければ、充電ができないという問題は、近年注目されている新たな技術で解決ができるかもしれません。それが「磁気共鳴方式」という技術です。共鳴現象を利用した方式で、従来の電磁誘導方式で問題点に上がっていた、離れたモノの給電も行うことができます。現在研究が進み、今後の発展に期待できる給電方式と言えるでしょう。

ワイヤレス給電が普及した未来とは?

既にワイヤレス給電ができる製品は多くありますが、まだまだ普及しているとは言えないかもしれません。では、今後ワイヤレス給電が広まった場合、どんな未来が訪れるのでしょうか?

カフェや喫茶店でワイヤレスに充電

当たり前と言えば、当たり前ですが、ワイヤレス給電が一般的となれば、デジタル機器を電源コードへと繋げる必要がなくなります。たとえば、カフェや喫茶店などにワイヤレス給電可能な設備を整えれば、お茶をしている間にスマートフォンの充電ができるようになるので、自分で充電器を持ち歩く必要がなくなります。さらに、距離が離れていても充電ができる「磁気共鳴方式」が普及すれば、ただお茶をしている間にスマートフォンの充電が終わっているということもあるかもしれませんね。

家全体をワイヤレスに

「磁気共鳴方式」を応用すれば、家全体をワイヤレス給電可能な状態にするということも可能になるかもしれません。そうなれば、コンセントプラグが無いからと言って家電製品の模様替えができないなんてこともなくなります。コンセントプラグの位置を気にする必要がなくなるので、模様替えや引っ越しが今まで以上に楽になることでしょう。

駐車場で車を充電

電気自動車のデメリットといえば、充電場所が限られる&充電するのに時間がかかるということが挙げられます。そんな悩みを解決してくれるのが、ワイヤレス給電です。スーパーやコンビニなどの駐車場に給電装置を設置すれば、買い物をしている間に車の充電をすることができるようになります。実際にトヨタ自動車では、磁界共鳴方式を扱うWiTricity社と提携することが2011年に発表されているので、電気自動車をワイヤレスで充電するというのも遠い未来の話というわけではないかもしれません。ほかにも三菱自動車やアウディジャパンなど多くの自動車業界がワイヤレス受電に着目しています。

開発が進み、ワイヤレス給電が当たり前となれば、充電のためにわざわざ時間を割いたり、コンセントのある位置に家電を置かなければいけないといった制約も無くなるでしょう。ワイヤレス給電の発展により、より便利な未来が来るのが楽しみになりますね。

ワイヤレス給電が使える製品

既にワイヤレス給電ができる製品は数多くあります。ここからは、ワイヤレス給電を利用することができる実際の製品についてご紹介します。いったいどんな製品にワイヤレス給電が使われているのでしょうか?気になったアイテムがあれば、購入してみてください。

ソニッケアー ダイヤモンドクリーン

HX9315_08-RTP-global-001

「ソニッケアー ダイヤモンドクリーン」は、「PHILIPS(フィリップス)」社が開発した電動歯ブラシで、付属のグラスに歯ブラシを入れるだけで充電をすることができます。コードレスに充電することができるので、洗面台をすっきりと見せてくれることでしょう。さらに、USB端子付きのトラベルケースを使えば、パソコンなどからも充電することが可能なので、旅先でわざわざコップを持って行く必要もありません。自宅でも旅先でも快適に使うことができる歯ブラシと言えるでしょう。

■機能
・グラスに歯ブラシを入れるだけで充電可能
・USB端子を使ってパソコンから充電可能
など

■商品詳細
商品名:ソニッケアー ダイヤモンドクリーン
価格:24,102円(税込)
サイズ:高さ25.6cm×幅2.8cm×奥行3.1cm
重さ:0.14kg

ソニッケアー ダイヤモンドクリーン

Anker PowerPort Qi

61FQRjKqFpL._SL1000_

「Anker PowerPort Qi」は、ワイヤレス給電機能を搭載した充電器です。ギャラクシーシリーズなどの充電を行うことができます。充電が完了すると赤と青のランプで知らせてくれるので、充電が完了したかどうかをすぐに把握することが可能です。

■機能
・ワイヤレス給電が可能
・滑り止めがあり、ずれる心配がない
など

■商品詳細
商品名:Anker PowerPort Qi
価格:1,399円(税込)
サイズ:約68mm×68mm×21.5mm
重さ:約58g

Anker PowerPort Qi

他社のQi充電器は結構不良品があり、充電されなくなることがしばしばあります。

「スマホを置く位置がずれているだけだろう」と思われるかもしれませんが、なんとUSBケーブルの抜き差しで直ったりします。つまり、電源のON/OFFで直る程度には、Qi充電器というのは複雑な構造の商品といえます。
置くだけで充電できるのがQi充電器のメリットなのに、上記のように不具合があるともの凄いストレスです。

このAnkerの充電器は、他社の製品に比べて値段も高くなく、デザインだけで動作の怪しい他商品よりも、この商品を購入することを強くオススメします。この製品は全くノントラブルで、よほど置く場所がずれていない限り、確実に充電されます。
口コミ情報の引用元:amazonレビュー

無接点充電パッド

61yYydp+-8L._SL1500_

パナソニックが販売をしている「無接点充電パッド」は、デバイスを置くと青色に点灯し、充電を開始します。ブラックのカラーがスタイリッシュな印象で、どんなお部屋にもなじんでくれそうです。Qi規格に対応したものであれば、スマートフォンのほか、USBモバイル電源やキャリングケース、デジタルビデオカメラなどもワイヤレスで充電することができます。

■機能
・ワイヤレス給電が可能
など

■商品詳細
商品名:無接点充電パッド QE-TM102
価格: 3,191円(税込)
サイズ:178mm×115mm×16mm
重さ: 約161g

無接点充電パッド

NEXUS7 2013-LTEの充電用に購入。

スマートフォンも置くだけ充電なので、「microUSBを挿す→失敗→上下入れ替え→失敗→元の位置で合ってた!」というのから解放される便利さは分かっていました。

ちょっと心配だったのは位置合わせ。けっこう位置がシビアなようでズレているとすぐに赤ランプ(位置不良)になってしまうのです。

実際にはNEXUS7は「moco」というメーカーのケースに入れているのですが、留める鉄の部分を中央に合わせると丁度充電の位置なのでそんなに苦労せず位置合わせができました。

スマートフォン(ELUGA X)も置いたりしてみましたが、Qiの位置が中央じゃなかったりして、置く位置が難しいです。

機種によっては位置合わせに苦戦するかも知れません。

あまり気にせず置きたい場合には「ムービングコイル」式のが良いのかも知れませんが、可動部分があると故障しやすい印象があったので、値段も安いこちらにしました。

他の方のレビューにもある通り、NEXUS7は満充電になっても青ランプは付きっぱなしで、本体は温かいです。
口コミ情報の引用元:amazonレビュー

RAVPower Qi

41szuPEuQ8L

続いてご紹介するのは、「RAVPower Qi」というワイヤレス充電器。スタンドタイプなので、充電しながら、スマホの操作も楽々することができます。スタンドは、「45°」「60°」「寝かせる」の3タイプの使い方をすることができるので、自分の好みに合わせてご利用ください。充電器内には、3つのコイルが内蔵されており、チャージポジションを合わせずとも快適にスマホを充電することができます。また、充電器にありがちな加熱も防止機能により制御。40℃以下の温度にセーブされているので、温度上昇により、スマホが故障してしまうという心配も少なくなりそうです。ギャラクシーやネクサスなどのQi直接対応機種で利用することができます。

■機能
・ワイヤレス給電が可能
・チャージポジションに合わせる必要がない
など

■商品詳細
商品名:RAVPower Qi
価格:2,999円(税込)

RAVPower Qi

Nexus7 2013を愛用していて、最新版がリリースされないので、万が一充電コネクタが壊れたら、変わりのタブレットが無くなりそうで心配だったので、ワイヤレス充電をするために購入。
他の方のレビュー通り、機能的には全く問題が無い。1ヶ月使用して不具合も無し、非常に満足です。
良く言われる、泣きも全くと言って良い程無いです。(夜中の寝静まった際に耳を近づけるとわかる程度)
★を5つにしておきながら、重箱の隅をつつく様な問題点をまとめると、
「立てても寝せても充電機器が滑り落ちやすい」「充電中のLEDが眩しい(説明では『青い』とあるが実際は緑)」「モバイルバッテリーだとスタンド内で充電出来る範囲が少ない」
USB充電器(実際は使用していませんが)もUSBケーブルもついてくるし、Qi対応の機器を増やしたいと思う良い製品です。
口コミ情報の引用元:amazonレビュー

Magic case

Unknown

iPhone6/6sをQi対応にするためのカバーです。前述したとおり、iPhoneはQi対応の機種ではないため、Qi対応の充電器を購入してもワイヤレスで充電をすることができません。それを解決してくれるのがこのケース。装着をするだけで、iPhoneのワイヤレス給電を可能にしてくれます。もちろん、コネクタの部分を外せば、有線での充電も可能。カラーはブラックとゴールドの2種類で、どちらもスタイリッシュな印象です。

■機能
・iPhoneをQi対応にしてくれる
など
■商品詳細
商品名: Magic case
価格:$19.99

Magic case

ワイヤレス給電でさらに快適な生活を!

いかがでしたでしょうか?今回は、ワイヤレス給電の未来やワイヤレス給電を行うことができる製品についてご紹介しました。電動歯ブラシやスマホの充電などすでにワイヤレス給電の未来は始まりつつあるといっても過言ではありません。ワイヤレス給電の開発が進んでいけば、近い将来充電を気にすることなく生活するという未来が訪れるかもしれませんね。