どんなモバイルバッテリーが欲しい?モバイルバッテリーの選び方

スマホでたくさん写真を撮ったり、Youtubeで動画をたくさん見たりすると、充電がすぐなくなってしまって困りますよね。そんなときに便利なモバイルバッテリー。ただ、モバイルバッテリーも様々種類があってどれを選べばよいか分からないということもあるのではないでしょうか?今回は、モバイルバッテリーをお探しの方の為に、選び方をご紹介します。

モバイルバッテリーを選ぶポイントは3つ

モバイルバッテリーを選ぶ際のポイントは、「バッテリー容量」「重さとサイズ」「出力と入力」の4つ。

バッテリー容量は「5000mAh」が基準

バッテリーの容量は、5000mAh、10000mAhなどの製品があります。値が大きくなればなるほど、スマホを充電できる回数が増えます。目安として、5000mAhあれば、iPhoneを1~2回フル充電できます。毎日の持ち歩き用であれば、5000mAhの容量で問題なく使えますが、現在は10000mAh前後のものが主流です。

重さとサイズはバッテリー容量に比例

重さはやはり、軽ければ軽いほど良いかと思いますが、バッテリー容量が大きいほど重く、サイズも大きくなります。容量を重視するか、サイズや重さを重視するかで、ご自身に合うものを選びましょう。

■軽量な小型なモバイルバッテリーの基準
3300mAhと容量の小さいものであれば、80gとかなり軽量なものもあります。

Anker PowerCore+ mini [Amazon]
http://amzn.asia/iY7HkfO

5000mAhの容量でかなり軽量なもので「113g」のものがありました。

かばんに入れておきたい「充電器」
https://monoco.jp/brand/powerbank-slim/

10000mAhの容量であれば、大体「180g」くらいが目安。「170g」くらいであれば軽量でしょう。

KAYOKA SMART POWER [Amazon]
http://amzn.asia/6wyJSiU


充電速度に関わる出力と入力

出力と入力は、充電速度に関わります。出力、入力共に「5V/2A(10W)」に対応していれば速く充電できます。現在販売されている製品はほぼこれに対応していますが、たまに「5V/1A(5W)」のものもあるので、スペックを確認するようにしましょう。


まとめ

いかがでしたでしょうか?選ぶ基準として、まずどれくらいの回数スマホがを充電したいか、充電回数よりも小型や軽量のものが良いのか、充電速度はどうか、ご自身で何を重視するかを決めて選ぶと良いでしょう。現在は、10000mAhで大体180gくらいのものが売れているよう。選ぶ際の参考にしてみてください。