【必見!】プライバシー通話で安心。Trustalkで履歴に個人所有の番号を残さず話す

仕事ではたくさんの人とやり取りをしますよね。連絡手段はメール、SNS、チャットなど様々な方法がありますが、緊急時に一番便利なのは通話です。しかし、個人情報が価値をもつこの時代で、個人所有番号を仕事で使うことに抵抗がある人も多いでしょう。今回はそんな問題を解決する「Trustalk」(トラストーク)というサービスをご紹介いたします。

番号を知られず通話ができる「Trustalk」

Trustalk(トラストーク)は、お互いの番号を知らせることなく通話が出来るサービスです。クラウド型の電話 APIサービス「Twilio」の技術を活用しており、Trustalkが発行する「050-」から始まるTrustalk番号で2つの番号を紐づけ、Trustalk番号を介して通話が出来るようになっています。着信履歴も「050-」の番号で残るので相手にも番号がわかりません。このサービスは6月27日にKDDIウェブコミュニケーションズと株式会社レキサスが提供を開始すると発表しました。
Trusttalk_1
出典:https://trustalk.io/

引用:【お互いの電話番号を知らずに通話ができる「Trustalk」が提供開始】

Trustalkの3つ特徴

Trusttalk
出典:https://trustalk.io/

紐づけと利用方法のカスタマイズ

Trustalk番号は携帯電話、固定電話、PHSに対応しており、この中から通話させたい2つの番号の紐づけができます。一般電話のように転送など使いたい機能はそろっている上、通話の録音、再生なども出来るので備忘録としてもビジネスで使うには嬉しいですね。プライバシー通話のためのAPIとSDKが公開されているので、独自のサービスに組み込むことも可能です。

■主な設定
・電話番号ひもづけ(日時指定でのプライバシー通話)
午前と午後で別番号を紐づけて利用
片方の電話機からの発信のみ許可する、など
・1つの番号で複数登録が可能(グループ通話)
・通話録音/再生
・通話ログ蓄積/取得
・アクション(通話前ガイダンス、転送機能)
・通話内容のテキスト化(β版)
※β版につき、予告なくサービス提供を終了することがございます。

通話記録でデータ管理

通話の回数、通話時間、録音、再生機能が実装されており、利用状況が把握できます。そのため、現場の状況を再確認したり、今後のサービス改善へ繋げることができます。通話内容のテキスト化も実装予定です。

導入機器や手間が不要

使うのは自分の携帯電話だけ。設定で既存の所有番号と、Trustalk番号を紐づけるだけなので、特殊な機器や、導入に至るまでの導入手続きが不要です。だれでも簡単に始められるサービスです。
 
STEP1:新規登録画面で必要情報を登録
STEP2:ユーザー登録完了時点でサービススタート
 
※1000Pt分をお試しで利用可能(最大90日間)

こんな時に活躍!

Trustalk

CtoCのコミュニケーションで

シェアリングエコノミーや、フリーマーケットなど「CtoC(Consumer To Consumer)=個人間取引」が増え、とくにスマートフォンの普及に合わせプラットフォームを提供するフリマアプリが増加しました。中でも代表されるメルカリの登場でさらにフリマ市場は拡大しています。この形態の取引では、緊急時の連絡先として個人の番号登録が利用されていました。プライベートな情報は全て本部が管理しているため、本部を介しての連絡でプライベートは保護されてきましたが、Trustalkを使えば、そういった手間が無くコミュニケーションを取ることができ、かつ管理も可能になります。

緊急時でもプライバシーへの配慮を

現場型の技術者系の仕事も同様に、基本は本部や運営側の仲介で依頼者とのコミュニケーションをとっていますが、緊急時には直接依頼者へ電話したい場面も少なくないようです。そんな時に、本部を介すことなく、且つ抵抗を感じることなく連絡が取り合えます。相手にもTrustalk番号を共有しておけば、電話で話した内容を持ちかえって当時の状況の音声を確認することができ、状況判断や説明に間違いがなかったかなど、今後の問題解決にも役立てることができますね。

利用料金

初期費用:0円

Trustalk番号代 1ヶ月あたり:108円
プライバシー電話(携帯電話へ発信)1分あたり:27円
プライバシー電話(固定電話へ発信)1分あたり:10.8円
録音 1分あたり:0.125円

Trustalkを使ってみたい方はこちら:https://trustalk.io/register

まとめ

既にTrustalkを導入し、本部を介したコミュニケーションが減ったことから、業務効率、対策スピードがあがったという結果が発表されています。とくに個人情報の漏えいや悪用問題が絶えない現代では、こういった部分から仕事のクオリティや安心、信頼につながっていくのかもしれません。初期費用なし、最大90日間の無料期間があるので、興味のある人は試してみてはいかがでしょうか。

関連タグ

  • IoT