スマホの速度制限を解消する4つの方法とは? 

通信制限に引っ掛かってしまうと、スマートフォンを使うこと自体がストレスになりますよね。そもそも、なぜ速度制限というものが発生してしまうのか?更に、速度制限に引っ掛かってしまった際の煩わしい通信制限を対処する方法をご紹介したいと思います。

速度制限とは?

スマートフォンの利用時に、同月内のデータの通信量が利用可能なデータ容量を超過した場合に同月末まで制限されること。

お客様自身で設定してある一か月の決められたGBを超えてしまうと、月末まで速度制限にかかってしまいます。毎月必ずと言っていい程かかってしまう方は、まずはプランの見直しから始めた方が良さそうですね。

速度制限によって起こりうる問題

 
■FaceBookやInstaglamなど、SNSサイトの読み込みスピードが急激に落ちる。
■Googleマップや地図の読み込みが遅くなる。
■動画やゲームサイトなどのGBの大きなものは表示に5~10分以上時間がかかり、再生できない場合もある。

上記のように、速度制限によって起こりうる問題は多くありますね。
※皆さんが頻繁に利用されるメールやLINEは、速度制限にかかっていても意外と問題なく利用できるようです。

ここで、速度制限にお悩みの皆さんにスマートフォン速度制限の解消法をご紹介したいと思います。

スマートフォンの速度制限解消法4選

① Wimax (ポケットWifi)

WiMAXとは、端末を持ち運びできるので、室内でも外出先でもどこでもWiFi環境に接続できるモバイル回線です。
一番多くの方に使われている通信制限対処法が、このWiMAXです。

WiMAXさえあれば、もう通信制限に悩まされる生活をしなくて済みます。
同じようなものに「ポケットwifi」がありますが、こちらは月間7GB以上データを使うと、通信制限にかかってしまうので、すでに通信制限にかかっているようなヘビーユーザーの方へはお勧めしません。 WiMAXの人気の理由は、「限りなくデータ通信量が無制限に近い」事と「月額料金の安さ」です。
月額たった2,726円~で、スマートフォンやタブレット等の通信制限を心配する必要はなくなります。

無料Wifiスポットを探す

無料wifiスポットでwifiに接続すれば、スマートフォンのモバイルデータ通信を使わずに済みます。
ただ問題は、簡単に無料wifiスポットが見つからないことも多いことです。スタバ等のカフェやファーストフード店も混んでいて座れないこともよくあります。また、大勢の人が無料wifiスポットでwifiに接続すると、通信速度が異様に遅くなることも欠点ですね。そして無料wifiスポットを利用するときに、最も気を付けなければならないことはセキュリティです。無料wifiスポットは、誰でも使える環境なので不正アクセスされてしまうことも多いのが現状です。仕事などの重要なやり取り、クレジットカード情報を入れるネットショッピング、個人情報を入力するなどのやり取りは、セキュリティが不安な無料wifiスポットで行うのはお勧めしません。

自宅のWifiを利用する

自宅のwifiを使えば、無料wifiスポット同様、モバイルデータ通信を使わずに済みます。ただ、スマートフォンを使っていれば分かると思いますが、今やりたいことを自宅に帰るまで我慢するのは、辛いですよね。この方法は、外出先ではほとんどネットを使わないけど、家の中でかなり使う、という方には有効な手段です。

有料で速度制限を解除

0.5GB追加で550円、1GB追加で1,000円、2GB追加で2,000円を払えば、通信速度制限は解除されます。ただしこの方法はあくまで一時的な解決策、悪く言えばその場しのぎなので、毎月慢性的に速度制限に引っ掛かるようであれば、プランの見直しやモバイル回線の利用を検討するほうが安上がりです。

まとめ

2

速度制限が行われる条件や、解消方法をご紹介しました。スマートフォンはさまざまな楽しみ方ができる反面、何も考えずに使用し続けると、毎月のデータ通信量の上限に到達してしまう可能性があります。もし、通信速度制限が掛かってしまった場合は、今回ご紹介した方法をご参考にしてみてください。

これで煩わしいスマートフォンの速度制限も改善できそうですね!