Appleが発表したスマートスピーカー「HomePod(ホームポッド)」とは?

Appleが2017年6月に発表した「HomePod」。Amazonの「Echo(エコー)」や、Googleの「Google Home」に対抗するスマートスピーカーです。注目の商品ですので、どのような特徴があるのか気になる所ですよね。今回はHomePodとはどのようなものなのか、どんな機能があるのかご紹介したいと思います。

「HomePod(ホームポッド)」とは?

HomePodとは、Appleが2017年6月に発表したスマートスピーカーです。Siriを搭載するなど、今まで以上に「スマート」なスピーカーが誕生しました。価格は349ドルで、アメリカ、イギリス、オーストラリアで12月に発売開始予定。日本の発売はまだ未定です。

HomePod
https://www.apple.com/homepod/


「HomePod(ホームポッド)」の特徴

空間を認知し最適な音響効果を実現

「ルームチューニング機能」を搭載しており、周囲の空間を感知し、場所に応じて音質を補正します。ボーカルやバックコーラスなど自動解析し、指向性や音の拡がりなど最適な音響効果を実現します。

HomePodホームポッド空間認知

■アンビエントエネルギーモード
背面側の壁にツイータの逆位相の音を当てて反射
デジタル処理と壁反射で、単一スピーカーでありながらセパレートタイプのスピーカーのような音の広がりを味わえます。

■ダイレクトエネルギーモード
ユーザー側を向いているツイータを使うモード。シャープでスピーディな音域が楽しめる

■フルミックスモード
両方のモードを楽しめる贅沢なモード

Siriを搭載

HomePodはSiriに対応しています。『6つのマイクアレイ』により、どの方向から呼びかけても反応します。

HomePodホームポッドSiri

HomePod用に、アーティストやレーベルなどの固有名詞を理解するよう、音楽知識をSiriに学習させたそう。また、使うことにより、ユーザーの好みのアーティストや音楽の傾向なども学習していきます。

音声で再生や停止を操作できるだけでなく、HomeKit対応機器のスマートホームのハブとしても活用できます。
スマート照明、オイルヒーター、ドアの開け閉めセンサーなどと連携し、HomePodと連携して音声コントロールが可能になります。
また、ニュースやポッドキャスト、天気予報やスケジュール、タイマーなども操作できます。


「HomePod(ホームポッド)」のテクノロジー

HomePodホームポッドの技術

High‑excursion woofer(ハイエクスカーションウーファー)

深みのある低音を再現するカスタムアンプを搭載したハイエクスカーションウーファー。滑らかで歪みのないサウンドを実現。

Seven‑tweeter array(7つのツイーターアレイ)

7つのビームフォーミング対応のツイーターにより、部屋のどこにいても奥行のあるサウンドを体験できる。

Apple‑designed A8 chip(A8チップ搭載)

インテリジェントな音楽体験を提供。

Six‑microphone array(6マイクロフォンアレイ)

部屋のどこから呼びかけても反応する。


「HomePod(ホームポッド)」の仕様

価格 :$349
サイズ:H172mm×直径142mm
重さ :2.5Kg
カラー:2色(White・Space Gray)
無線 :MIMO 802.11a / b / g / n / ac Wi-Fi


まとめ

発売は12月、日本は更に先になりますが、楽しみなところですね。日本でも人気の商品になりそうです。IoTの製品が様々発表され、生活がより豊かになってきました。これからも更に驚くような製品が出てくるのではないかと思うとわくわくしますね。