Wi2 300へ接続するための設定方法を解説します【iphone編】

公衆wifiの中で、最大規模のスポット数を誇る「Wi2 300」。月額約400円ほどでかなりのスポットでwifiが利用できるので、コストパフォーマンスも良く魅力的です。ここでは、Wi2 300のログイン方法と、その特徴などについてお届けします。

Wi2 300ついて

Wi2 300は、次世代無線LAN規格の「11ac」を含む、有料の公衆無線LANサービスです。利用登録すると、公共交通機関、街中のカフェなどで、お手持ちのWiFi搭載端末を インターネットに接続することができます。
Wi2 300エリアで使える無線LAN規格の「11ac」とは、現在最新の規格で、今までの規格より何倍も速い速度での通信が可能な規格のこと。Wi2 300の全スポットで使えるわけではないようですが、公衆wifiで11acのwifiが使えるところはまれです。また、Wi2 300のスポット数は現在6万以上で、有料の公衆wifiの中では最大数です。

Wi2 300:http://wi2.co.jp/jp/300/


Wi2 300のログイン方法

1.Wi2 300の利用したいスポットのSSIDを確認

Wi2 300は、利用できるSSID(ネットワーク)が複数あります。各スポットによって使えるネットワークが異なりますので、利用可能なスポットの検索から、ご自身が使いたいスポットのSSID(ネットワーク)がどれかを確認しましょう。

Wi2 300利用可能スポット検索:http://300.wi2.co.jp/area/2/

例)こちらは渋谷駅周辺のWi2 300利用可能スポットを表示しています。
shibuya
参照(Wi2 300スポット検索より):http://300.wi2.co.jp/area/2/

ポイントの色により使えるSSIDネットワークが分かります。使いたいスポットのSSIDを確認しましょう。
※月額料金で使えるポイントはオレンジ以外のベーシックエリアです

■ネットワークキーが必要なSSIDと必要でないSSID■
各SSIDによりセキュリティが異なり、パスワードが必要なものと必要でないものがあります。パスワードが必要なものはよりセキュリティが強固で安全です。逆にパスワードが必要ないものはログインの手間がかかりませんが、セキュリティに脆弱性があると言えます。

≪Wi2 300で利用可能なSSIDネットワーク≫
■Wi2 WiFiスクエア
 Wi2 (ネットワークキー・暗号化セキュリティ:なし)
 Wi2_club (ネットワークキー:あり、暗号化セキュリティ:WPA/WPA2 PSK)
 Wi2_free (ネットワークキー・暗号化セキュリティ:なし)
 wifi_square (ネットワークキー・暗号化セキュリティ:なし)
■BBモバイルポイント
 mobilepoint (ネットワークキー:あり、暗号化セキュリティ:WEP)
 mobilepoint2 (ネットワークキー:あり、暗号化セキュリティ: WPA2 PSK)
■UQ_WiFi
 UQ_Wi-Fi (ネットワークキー:あり、暗号化セキュリティ:WEP)

ここではWi2_clubを例に説明します。


2.Wi2 300マイページで「ネットワークキー」を確認

Wi2 300のログインに必要な情報、wifi接続のパスワードでる「ネットワークキー」を、マイページから確認します。

Wi2 300マイページログインページ:https://service.wi2.ne.jp/wi2net/Login/2/

wi2300マイページ

①申し込み時に設定したIDとパスワードを入力、「ログイン」をタップ
②マイページか開きますのでスクロール
③ワイヤレスLAN設定の「公衆無線LAN接続の設定・確認」をタップ

wi2300ネットワークキー

④上記で確認した、利用したいスポットのSSIDを選択(ここではWi2_clubで説明します)
・Wi2 , Wi2_club , Wi2_free , wifi_square の場合⇒Wi2 WiFiスクエア
・mobilepoint , mobilepoint2 の場合⇒BBモバイルポイント
・UQ_Wi-Fi の場合⇒UQ_Wi-Fi:
⑤利用したいスポットのSSIDの、「ネットワークキー」を確認。
*WiFiのログイン時に必要になりますので、コピーやメモするなどしておいてください。 
*すべてのネットワークキーをメモしておくと便利です。


3.iPhoneのWiFi設定をONにしてWi2のWiFiにログイン

「1」で探したWi2 300が利用できるスポットのエリア内に行き、WiFiに接続します。

wi2300wifi接続

①ホームから「設定」をタップ
②「Wi-Fi」をタップ
③「Wi-Fi」をONにし、利用したいネットワークを選択(ここではWi2_clubで説明します)
*チェックマークがついたら接続OKです

≪Wi2 300で利用可能なSSIDネットワーク≫
 Wi2 , Wi2_club , Wi2_free , wifi_square
 mobilepoint , mobilepoint2
 UQ_Wi-Fi ,

wi2300ログイン

④「2」で確認した「ネットワークキー」をパスワード欄を入力し「接続」をタップ
 (選択するSSIDによってはパスワードが必要ない場合もあります)
⑤ホームから「Safari」をタップするとWi2 300のログインページが開きます。
⑥ログインID、パスワードを入力し「ログイン」をタップして接続完了です。


簡単ログインツール 「Wi2 Connect」でログイン

Wi2 300のログインアプリ、Wi2 Connectを利用すると、Wi2 300のwifiに自動接続が可能になり便利です。

1.Wi2 Connect4アプリをダウンロード

wi2300アプリ

①ホームから「App Store」をタップ
②「検索」をタップし、「Wi2」で検索し「Wi2Connect4」を選択
③Wi2Connect4のページが開いたら「入手」をタップ

Wi2Connect4インストール

④「インストール」をタップ
⑤「パスワードを入力」をタップ
⑥AppleIDパスワードを入力し「OK」をタップしてインストール完了です


2.Wi2 Connect4の初期設定

Wi2 300のプロファイルをインストールします。

wi2300プロファイル

①Wi2Connect4を開きます。ダウンロードページから「開く」をタップ
②「WiFiプロファイルのダウンロード」をタップ
③Safariを起動します。よろしいですか?と聞かれるので「はい」をタップ

wi2300プロファイルインストール

④「インストール」をタップ
⑤iPhoneのパスコード入力
⑥「インストール」をタップ

wi2300インストール

⑦「インストール」をタップ
⑧「完了」をタップして、Wi2 300のプロファイルのインストールが完了です。

※アプリやプロファイルのインストールが上手くいかない場合はWiFi接続を切って操作してください。


3.Wi2 300の利用可能エリア内でログイン

Wi2 300のエリア内に入ってWiFiをONにして下さい。

wi2300アプリログイン

①ホームから「Wi2Connect4」のアプリを起動
②申し込み時に設定したログインIDとパスワードを入力し「ログイン」をタップ
 「ログイン済み」と表示されたらWiFiへの接続が完了です。


Wi2 300が使える場所

Wi2 300公衆無線LANの利用可能エリア

Wi2 300は、駅や空港、カフェなど、全国60,000か所以上で利用できます。
利用できる店舗には「WiFiスクエア」「BBモバイルポイント」「UQWiFi」というステッカーが貼られています。

Wi2 300利用可能エリア検索
http://300.wi2.co.jp/area/2/


Wi2 300利用エリアについての注意点

Wi2 300のSSIDネットワークの中にある、「Wi2premium」と「Wi2premium_club」はオプションエリアなので、月額料金だけでは使えません。1時間100円のオプションエリアチケットを購入するという課金制のエリアになります。Wi2 300の利用可能エリアは、実はこのオプションエリアが多く、使えない場所が多々あり残念なところですね。


まとめ

Wi2 300は、多くの場所で、しかも月額たったの362円でWiFiを使え、とても魅力的ですね。接続の方法は、ネットワークキーを都度入力する手間がありますが、その分セキュリティがしっかりしているので安全と言えます。また、アプリを利用すれば自分の設定したIDとパスワードでログインできるようになりますし、他にも自動接続が可能になる方法があるようです。自動接続の方法はまた別の記事でご紹介いたします。

関連タグ

  • Wi2 300
  • 公衆無線