セキュリティは大丈夫??公衆wifiを安全に使う方法

カフェや駅、さまざまなエリアでwifiを使えるスポットが増えてきましたね。
フリーwifiスポットも増えて、さらに気軽にwifiを利用できるようになっていますが、やはり気になるのはセキュリティ。
パスワードを入力してログインしているし大丈夫なんじゃないの、と安心してはいけません。悪意のある人に狙われたら簡単に情報を盗まれてしまいます。今回はその予防策をお伝えします。

鍵(南京錠)マークがあるからと言って安心するのは危険

街中で公衆wifiにつなげるとき、セキュリティの鍵(南京錠)マークがついていないものは暗号化されていません。
情報を盗み読まれる可能性があるのでアクセスしない、と気をつけている人も多いと思います。

wifi

ただ、このセキュリティキーがついているwifiだからといって安心することはできません。
公衆wifiでは、お店などのステッカーに書かれているパスワードを入力したり、事前登録してあるログイン画面からアクセスすることが多いですよね。
基本的にみんな共通のパスワードを使っています。
見ず知らずの他人と同じwifiを使うということは、通信を暗号化したとしても、その暗号を解読するパスワードはみんなが持っているということです。
仮にその中に悪意をもつ第三者がいれば盗聴されたり情報を盗み読まれてしまう可能性があります。

暗号化されているから、と安心して、重要な情報のやりとりをしないように気をつけてください。

防ぐためにはどうしたらいいの

これを防ぐ簡単な方法は、SSLを使用することです。
SSLであれば、サーバーまでの経路を盗聴不可能な形で暗号化できます。

SSLを利用するために特別な設定をする必要はありません。
gmailやメールソフト、暗証番号を入力するようなサイト、ブラウザのgoogleやfirefoxなど、多くのサイトはSSL化されています。
ブラウザ画面に表示されるURLが「https」となっていたら、SSL化されているということです。
wifi5

ただ、SSLも万能ではありません。
SSLで保護されている場合は、目的のサーバーまでの経路はセキュリティで守られていますが、悪意のあるwifiアクセスポイントでは、cookieを盗まれたり、偽サイトに誘導されてしまうことがあります。
ユーザーが特定のサイトにアクセスしようとしたときに、マルチウェアを仕込んだサイトに誘導されると、情報流出などの危険もあります。

それなら、知らないSSID(wifiアクセスポイントの識別名)にはアクセスしなければいいんじゃないの??と思いますよね。
ところが大手カフェやコンビニが提供しているwifiのSSIDだからといって安心できないんです。
犯罪者が公衆wifiのSSIDやセキュリティキー利用し、全く同じアクセスポイントを偽装設置して、利用者の通信内容を盗聴するという可能性もあるからです。

公衆wifiを安心して使うにはどうしたらいいの??

そんなに危険のことばかりだったら、公衆wifiなんて使えないよ、と思われるかもしれません。
ただ、実際はそこまで神経質になることはありません。
公衆wifiを使って検索したりサイト閲覧するときに、例えば「●●ゲームの攻略方法」のブログサイトを見ていたとして、仮にどんなサイトをみているか他人にわかったところで、大して困りませんよね。
パスワードや個人情報を入力さえしなければ、特に大きな支障はないです。

そうはいっても不安な人には

「VPN」という言葉を聞いたことがありますか?
VPNとは「Virtual Private Network(バーチャル プライベート ネットワーク)」の略で仮想プライベートネットワークのことです。
簡単に言うと、自分のスマホやPC端末と、サーバーの間にあるインターネット空間に、仮想のトンネルを設計し、暗号化した情報をやりとりさせ、情報にアクセスできる端末を絞る技術です。
信頼できるVPNサーバーまでの経路がまるごと暗号化されるため、外部から覗かれにくく、覗かれたとしても暗号化することで覗くための手間を増やし安全性を高めています。

VPNは企業で使われることが多かったのですが、最近では無料配布のVPNサービスもあり簡単に入手できます。
色々な場所で公衆wifiを利用するという人はVPNを使えばより安全にwifiを利用できるようになります。

代表的な無料VPN

■OperaVPN
https://itunes.apple.com/jp/app/opera-no-wu-liao-vpn-guang/id1080756781?mt=8

■VPN Gate
http://www.vpngate.net/ja/download.aspx

■パンダVPN
http://www.pandavpn-jp.com/

■VPNマスター
https://play.google.com/store/apps/details?id=free.vpn.unblock.proxy.vpnmaster&hl=ja/

注意点

VPNを使うと、通常の通信に比べて少し速度が遅くなるので、セキュリティ面で安心できる場合は、VPN通信はオフにしておいた方が良いです。

まとめ

公衆wifiを使うときは、完璧なセキュリティ対策はないものの、SSIDの分からないwifiには接続しない、SSL化されたサイトをみる、VPNを利用するなど、総合的にセキュリティレベルを高めることにより傍受されるリスクを軽減できます。
公衆wifiは外出先で気軽にインターネットが利用できて、インターネットユーザーにとってとても便利なサービスです。
セキュリティリスク理解した上で予防対策をしっかりと行い、快適にwifiを利用してください。