wifi(ワイファイ)ってそもそも何?基礎から教えるwifi講座

「ワイファイ」という言葉をよく聞くけど、いったいどういうものなんだろう?スマホでもインターネットが簡単に使えるらしいけどよく分からない。wifi(ワイファイ)とは何かを知りたい方向けに、基礎からお伝えいたします。

WiFi(ワイファイ)とは

ワイファイは“Wi-Fi”と書きます。wifiとは、無線でインターネットに接続できる技術のこと。wifi機能が備わる機器(ルーター)があれば、コードを繋がずに家の中やオフィスの中でインターネットが利用できます。

WiFi(ワイファイ)と無線LANってどう違うの?

Wi-Fiは、現在では無線LANとほぼ同じ意味で使われていますが、本来は無線LANの中のひとつの称号のようなもののことです。無線LANとは、無線でLAN(Local Area Network)、つまり限定したエリア内でネットワークに繋げる技術のことです。

昔の無線LANは、どんな機器にも接続できるという保証がありませんでした。そこで、「Wi-Fi Alliance」という団体が基準を設け、相互接続が出来る無線LANを「Wi-Fi」として認定したのです。

WiFiでできること

ノートパソコンやスマートフォン、タブレット端末、ゲーム機器、プリンターなど、wifi対応しているもので、電波が届く範囲ならどこでもネットワークに接続できるのが便利です。

PCやスマホをインターネットに繋ぐことができる

wifiがあれば、自宅やオフィスで、PCやスマートフォンに無線の電波でインターネットに接続できるようになります。電波が届く範囲ならどこでもインターネットが使えるようになります。wifi対応の機器であれば、複数台接続することも可能です。

PCやスマホでプリントができる

プリンターをそれぞれの機器をwifiで繋ぐことが出来れば印刷をすることができるようになります。

ネットワーク対応ゲームを楽しめる

ニンテンドー3DSやPS Vitaでネットワーク対戦ゲームなどを楽しめます。

Wi-Fiはじめるのに何が必要?

1.インターネット回線

wifiを利用するにはまずインターネット回線が必要です。インターネット回線は、光ファイバーケーブルを利用する光回線、電話線を利用するADSLという種類があり、現在はより高速で通信できる光回線が主流となってきています。

2.WiFiルーター

wifiルーターとは、インターネット回線とwifi対応機器(PCやスマホなど)を繋ぐ仲介の役割を担う機器。無線LAN親機とも呼ばれます。

3.WiFi子機

実際にインターネットに接続したいPCやスマートフォン、ゲーム機などの機器です。この機器はwifiに対応している必要がありますが、現在販売されている機器の多くはwifiび対応していますので、ほとんどの場合インターネット回線とwifiルーターを用意するだけでWi-Fiを利用できるようになるでしょう。

LTE/3GとWiFiの違いはなに?

LTE/3Gは、携帯電話が利用している通信方式で、WiFiは主にパソコンなどで利用される通信方式です。両者とも、無線で通信をするというのは同じですが、もともとの目的が異なるため、その特徴も異なります。
LTE/3Gは元々は「外で電話を利用する為」のもの。外出先で広く通話をできるようにすることが目的であった為、基地局から半径数百メートルから数キロメートルまで電波が届きます。LTE/3Gは、電波が国から割り当てられているものなので、通信量に制限があります。
WiFiは有線LANを無線化したもの。もともと限られたエリアでネットワークに繋ぐことが目的で、電波が届く範囲は数十メートルです。wifiは通信に制限などはなく、自由に使うことができます。また、現在では通信速度が最大1300Mbpsの高速な規格が登場しています。

まとめ

wifiがあると、家のどこでもパソコンやスマホをインターネットに繋げることができるなど便利になります。スマホの場合、wifiを使うことでLTE/3Gで通信制限がかかってしまうことを防げるというメリットもあるかと思います。より快適にインターネットを利用できるwifiを、かしこく利用していきましょう。