iRobot社の「ルンバ」全機種IoT化!

自動でお掃除してくれるロボット掃除機でおなじみの「ルンバ」が発売されたのは2002年。その後毎年新型や改良版が発表されています。そんなルンバが、全モデルでIoT化し、wifi対応になりました。自動でお掃除してくれるだけでなく、スマホのアプリで操作できるようになりました。

ルンバは2015年発売の900シリーズのみがwifi対応でしたが、2017年8月に「800シリーズ」「600シリーズ」でもwifi搭載の機種を発表し、シリーズ全てでwifi搭載機器が揃いました。

wifi対応機種はスマホで操作可能

wifi搭載の機種は、専用アプリ「iRobot HOME」での操作が可能です。外出先からもルンバを操作できるようになります。また、スケジュールを設定したり、ルンバにニックネームをつけることもできますよ。また、ダストボックスに溜まったごみの量や、メインブラシ・本体の汚れ具合なども確認でき便利です。

wifi対応機種

既存機種

Roomba980
980出典:http://www.irobot-jp.com/roomba/980/

ルンバの最高峰シリーズ。稼働時間が長い!

アイロボットストア価格:¥125,000(税抜)
製品寸法(最大幅×高さ):353mm × 92mm
製品重量(バッテリー含む):約3.9kg
稼働時間(通常清掃時):最大約120分
稼働面積(通常清掃時):最大112畳(185㎡)

製品特徴:
・iAdapt®(アイ・アダプト) 2.0ビジュアルローカリゼーション
・AeroForce®(エアロフォース)クリーニングシステム+カーペットブースト

機能:
自動充電/自動再開/スケジュール機能/ダートディテクトモード/ゴミフルサイン/ゴミセンサー(ダブル)/バーチャルウォールモード/ヘイローモード/iRobot HOMEアプリ

公式サイト[Roomba980]
http://www.irobot-jp.com/roomba/980/



Roomba960
960出典:http://www.irobot-jp.com/product/900series/index.html

アイロボットストア価格:\89,880(税抜)
製品寸法(最大幅×高さ): 353mm × 92mm
製品重量(バッテリー含む):約3.9kg
稼働時間(通常清掃時):最大約75分
稼働面積(通常清掃時):最大112畳(185㎡)
製品特徴:
・iAdapt®(アイ・アダプト) 2.0ビジュアルローカリゼーション
・AeroForce®(エアロフォース)クリーニングシステム

機能:
自動充電/自動再開/スケジュール機能/ダートディテクトモード/ゴミフルサイン/ゴミセンサー(ダブル)/バーチャルウォールモード/ヘイローモード/iRobot HOMEアプリ

公式サイト[900シリーズ]
http://www.irobot-jp.com/product/900series/index.html


新機種

Roomba890
890出典:http://www.irobot-jp.com/product/800series/index.html

900シリーズにも搭載されているAeroForce クリーニングシステムを採用

アイロボットストア価格:\69,880(税抜)
製品寸法(最大幅×高さ): 353mm × 92mm
製品重量(バッテリー含む):約3.8kg
稼働時間(通常清掃時):最大約60分

製品特徴:
・高速応答プロセスiAdapt®(アイ・アダプト)
・AeroForce®(エアロフォース)クリーニングシステム

機能:
自動充電/自動再開/スケジュール機能/ダートディテクトモード/ゴミフルサイン/ゴミセンサー(ダブル)/バーチャルウォールモード/ヘイローモード/iRobot HOMEアプリ

公式サイト[800シリーズ]
http://www.irobot-jp.com/product/800series/index.html



Roomba690
960出典:http://www.irobot-jp.com/product/600series/index.html

3段階クリーニングシステム搭載のスタンダードモデル

アイロボットストア価格:\49,880(税抜)
製品寸法(最大幅×高さ): 340mm × 92mm
製品重量(バッテリー含む):約3.6kg
稼働時間(通常清掃時):最大約60分
製品特徴:
・高速応答プロセスiAdapt®(アイ・アダプト)
・3段階クリーニングシステム

機能:
自動充電/自動再開/スケジュール機能/ゴミセンサー/ダートディテクトモード/ゴミフルサイン/ゴミセンサー(ダブル)/バーチャルウォールモード/ヘイローモード/iRobot HOMEアプリ

公式サイト[600シリーズ]
http://www.irobot-jp.com/product/600series/index.html


モデルごとの違い

ルンバ690とルンバ890従来の600シリーズ、800シリーズの性能を引き継いでいます。カメラは非搭載で、900シリーズに搭載されているマッピング機能には対応しません。

ルンバ690とルンバ890の違いは、掃除の性能です。ルンバ890は、900シリーズにも搭載されるメンテナンス性の高い「AeroForce®クリーニングシステム」が採用されており、ゴミの除去率が高くなっています。ルンバ690は3段階クリーニングシステムで、性能は若干劣ります。

「iAdapt® 2.0ビジュアルローカリゼーション」とは

カメラが搭載されており、またフロアトラッキングセンサーなどの多彩なセンサーにより、フロア全体をナビゲーション。ルンバ自身が今どこにいるのか、部屋のどこがまだ清掃されていないのかを高精度に判断します。

「AeroForce®クリーニングシステム」とは

特殊素材のAeroForceエクストラクターでごみを浮き上がらせて、ハイパワーモーターが起こす気流でルンバ内部に真空状態を作り出してゴミを吸引する。

「3段階クリーニングシステム」とは

エッジクリーニングブラシで壁際のごみをかき出して中央に集め、中央で回転する2本のブラシでごみを書き込み、ほこりやハウスダストもしっかり吸引。3つの清掃作業を同時に行い、小さなごみまで丁寧に取り除く。


まとめ

新機種の2つは8月24日から販売開始です。900シリーズよりも性能が若干劣る部分はありますが、約5万円でwifi対応のルンバが手に入るのは嬉しいですよね。自動お掃除ロボットを試してみたい方は、ご検討してみてはいかがでしょうか。

関連タグ

  • IoT
  • wifi