公衆無線LANサービス Wi2 300の特徴と料金プラン、利用可能エリアまとめ

街中のカフェや、交通機関などでよく見かける「Wi2 300」。Wi-Fiが使えることは分かるけど、どうやったら使えるの?そもそもどういうサービスなの?という疑問にお答えして、その特徴や料金プランなどをご紹介します。

Wi2 300ついて

Wi2 300とは?

Wi2 300とは、有料で使える公衆wifiのこと。Wi2 300に契約すると、Wi2 300を使えるスポット、例えばカフェや、駅、公共施設など外出先でwifiが使えるようになります。


Wi2 300の特徴

Wi2 300は、公衆wifiでは珍しく、最新の無線LAN規格の「11ac」を使えるスポットがあります。「11ac」は、現在最新の規格で、今までの規格より何倍も速い速度での通信が可能な規格で、最高スペックのwifiルーターを使用すれば最大速度6933.3Mbps出ると言われています。一つ下の規格、「11n」は、最大速度は600Mbps。格段に速くなっていると言えますね。
全てのスポットで使えるわけではありませんが、公衆wifiサービスの中ではNo.1のスペックと言えるでしょう。
また、Wi2 300のスポット数は現在6万以上で、有料の公衆wifiの中では最大数です。


Wi2 300の料金プラン

月額で利用の他、時間単位のワンタイムプランで利用することもできます。
○Wi2 300月額定額プラン[362円(税抜)]
○Wi2 300ワンタイムプラン6時間[350円(税込)]
○Wi2 300ワンタイムプラン24時間[800円(税込)]
○Wi2 300ワンタイムプラン3日間[1,500円(税込)]
○Wi2 300ワンタイムプラン1週間[2,000円(税込)]


Wi2 300の新規申込み

Wi2 300のサイトから申込みができ、申し込んですぐに使えるので便利です。パソコン又は、wifiを利用したい端末からWi2 300のサイトにアクセスし、メールアドレス、ログインID、パスワード、生年月日、性別の項目で申込みができます。お支払い方法はクレジットカードのみになっています。
*ログインIDとパスワードはマイページへのログインに必ず必要になりますので、情報は大切に保管し、忘れないようにしておきましょう。

■Wi2 300申込み手順
新規申し込みページにアクセスし、利用プランを選択、必要事項を記入し申込み。登録したメールアドレスに「申込み受付完了のお知らせ」のメールが届いて申込み完了です。

wi2300申込み

Wi2 300新規申し込み:http://wi2.co.jp/jp/reg/


Wi2 300が使える場所

Wi2 300公衆無線LANの利用可能エリア

Wi2 300は、駅や空港、カフェなど、全国60,000か所以上で利用できます。
利用できる店舗には「WiFiスクエア」「BBモバイルポイント」「UQWiFi」というステッカーが貼られています。

≪主要な利用可能スポット≫
JRや都営地下鉄など各駅・郵便局・路上スポットなどの公共のスポット、スタバ・ルノアール・ドトールなどの大手カフェチェーン、マック・モスなどのファストフードチェーン、ガスト・ジョナサンなどファミレスなど、主要なチェーン店のほとんどで利用できるなど、利用可能なスポットは多様です。

Wi2 300利用可能エリア検索:http://300.wi2.co.jp/area/2/


まとめ

Wi2 300は、他の有料の公衆wifiサービスと比べて、多くの場所で、しかも月額たったの362円でWiFiを使え、とても魅力的です。外出先でwifiを使う方法としては、他にモバイルwifiを利用する方法がありますが、こちらは安くても月額2000円はかかります。安く上げたいのであれば、Wi2 300がおすすめです。