新型「GoPro HERO6 Black」発売!

GoProは9月28日(現地時間)、米サンフランシスコで開催されたスペシャルイベントにて、アクションカメラの新モデル「HERO6 Black」を発表しました。発売は9月29日。希望小売価格は税込59,000円(税込)で、日本でも今すぐ購入可能です。

HERO6 Blackの進化

HERO6 Blackは、2016年に発売された「HERO5 Black」に続くモデルで、新しくGP1チップを搭載しています。従来のHERO 5の2倍のパフォーマンスを実現し、パーフェクトなアクションカメラに大進化しました。
ビデオ画質は4K/60fps(HERO5は 4K/30fps)、さらに1080p/240fpsのフレームドロップのない滑らかなスローモーション動画の撮影も可能になりました。静止画は12メガピクセルで、タイムラプス撮影も可能です。また新たにナイトフォトモードも搭載されて、低照度の夜の撮影も鮮明になります。

HERO5 Blackとの違い

2
5GHzのWi-Fiサポートが追加されています。ボディはHERO5 Blackと同様であるため、同じアクセサリがすべて装着可能で、同等の堅牢性を備えています。その他の変更点は以下の通り。

・GoProが設計した新しい「GP1」プロセッサ
・ダイナミックレンジと低光量時の画質が向上
・自動編集機能「QuikStories」が強化
・手ぶれ補正の向上
・タッチ操作によるデジタルズーム
・音声コマンドの追加
・ドローン「Karma」など、既存のマウントとの互換性を持つ

HERO6の目玉機能

そしてなんといっても目玉機能は「QuikStory」機能。
「QuikStory」機能とは、GoProで撮影した映像を自動でスマートフォンのGoPro アプリに転送、アプリが自動で映像編集を行ない、音楽やエフェクトで編集して仕上げてくれます。
イメージとしては、長回ししている1本の動画から、各場面を切り取った短いクリップに仕上げてくれる様な感じです。
そして、出来上がったQuikStory ビデオはInstagramやFacebookなどのSNSに投稿することができます。
また、手ぶれ補正機能が強化され、ジンバル付きで撮影したかのようなスムーズな映像を実現したり、ハウジングなしの生身のGoPro HERO6で、水深10メートルまで潜ることもできます。
さらにHERO6でも音声操作に対応、例えば「GoPro ビデオ撮影を開始」と呼びかけるとビデオ撮影を開始し、「GoPro 、電源OFF」で電源がOFFになります。スポーツの最中、雪山で手袋をしている等、完全に手が塞がっている状態でもGoProを操作することが可能です。

さいごに

3
ますます進化を続けているGoPRo。小さくて丈夫で何でもできるGoPRoだけあれば他のカメラは要らないんじゃないかとも思えてきますよね。
さらにGoProは、満を持しての360度カメラ「Fusion」も発表しています。5K対応に、360度動画の中から通常の画角の映像を切り出せる「OverCapture」機能を搭載し、11月に発売が開始されます。こちらも見逃せません!

GoPro