鍵も家電もスマホで操作!レオパレス21の新築はAIスピーカー搭載のスマートステーション端末が標準装備に

2017年11月7日、テレビCMでもおなじみのレオパレス21が、2018年1月以降に契約した新築全戸にAIスピーカー搭載スマートステーション端末を標準装備することを発表しました。賃貸住宅がIoT化することで、利用者の生活はどのように変わるのでしょうか。

レオパレス21が目指す“賃貸住宅のIoT化”

レオパレス21はこれまでにも“賃貸住宅のIoT化”を目標に掲げ、家電制御機器「Leo Remocon」やスマートロック「Leo Lock」を発表してきました。これにより、外出先からでもスマートフォンを使って家の中の状態確認や施錠、家にある家電の操作が可能となりました。
レオパレス

スマートステーション端末はどんなもの?

今回導入が決定したのは、株式会社グラモが開発中のAIスピーカー搭載スマートステーション端末です。AIスピーカーを利用した様々な音声案内サービスの利用や、センサー連携による住環境の自動制御にも対応した組み込み型設備です。
レオパレス

 

 スマートステーション端末の特徴

■AIスピーカー搭載
高精度のAI音声アシスタントを搭載。手を使わずに声のみで家電の操作や音楽再生、各種インターネットサービスとの連携が可能です。

■家電制御機能
赤外線やBluetoothによる家電制御に対応しているので、レオパレスの住宅に備え付けられているテレビや照明、エアコンなどの家電をスマートフォンや音声で操作することができます。

■既存システム「Remocon」「Leo Lock」との連携
レオパレス21が既に導入している家電制御機器「Remocon」やスマートロック「Leo Lock」との連携を行えば、鍵の施錠・開錠はもちろん、鍵の施錠と連携して照明やエアコンのスイッチを入れたり、プッシュ通知機能を使ったりすることが可能となります。

■スマートフォンによる遠隔操作
専用アプリを使い、外出先から家電の操作や施錠ができます。家を出てから鍵の閉め忘れに気付いたときや、家に帰るまでに空調を整えておきたいというときにも便利です。

■入居者向け情報サービス
ゴミ捨ての曜日案内や宅急便の受け取り案内など、入居者に必要な情報を音声で案内してくれるサービスを提供予定とのこと。ゴミ捨ての曜日を書いたメモはいらなくなりそうですね。

 

まとめ

IoT対応の家具を買いそろえることなく、入居するだけで簡単にスマートハウス生活が送れるなんて夢のようですね。スマートフォン一つで家のことが簡単にコントロールできるので、一人暮らしや小さな子供がいる家庭などでは大活躍しそうです。2018年以降に引越しを予定している方は要チェックです!

レオパレス21
http://www.leopalace21.co.jp/