モバイルWifi選びで失敗しないためのポイント3点

大手通信会社など数社がモバイルWifiサービスを提供しており、多種多様なサービスやキャンペーンが打ち出されています。あまりにも種類が多すぎて、どのモバイルWifiを契約するか決められないと悩んでいる人も多いのではないでしょうか。そこで今回は、モバイルWifiを選ぶポイントについてご紹介します。

そもそも、モバイルWifiとは?

モバイルWifiとは、高速無線通信と小型の通信端末機器を使ったインターネット接続です。端末の持ち運びができるので外出先でも簡単にインターネットが楽しめます。自宅に固定回線を引かなくてもネット環境が整えられ、スマートフォンのデータ通信量を抑えたいという人にも便利なアイテムです。

 

モバイルWifi選びでチェックしたいポイント

様々なプランやキャンペーンがありますが、モバイルWifiを選ぶ際には以下の4点を確認すると良いでしょう。

Point1.無制限プランにする?しない?

スマホと同様、モバイルWi-Fiにも速度制限があります。どれくらいインターネットを使用するかによって、月間のデータ使用量に制限があるプラン、または無制限のプランを選びます。あまり使用しないという人は制限付きのプランでも問題ありませんが、制限を超えた場合、サイト閲覧にも支障をきたす通信速度128kbpsまで制限されてしまうので、迷ったら無制限のプランにした方が安心です。

■無制限プランがあるのは『au』『Y!mobile』『UQ WiMAX』の3社
3社とも、1か月7GBまでの制限付きプランまたは無制限プランから選べます。
ただし、ここで言う“無制限”とは完全な無制限ではなく、「3日間で10GBまで」という短期制限が存在します。3日間で10GB以上使用すると通信速度が1Mbpsまで制限されますが、テキスト中心のサイト閲覧やYoutubeで標準画質の動画の視聴ができるレベルなのでさほど不便は感じないでしょう。

■docomoとSoftbankは制限付きプランのみ
docomoとSoftbankの2社は、どちらも月間データ使用量に制限があります。docomoは2GB・5GB・20GB・30GBの4種類から選択でき、Softbankは7GBのみです。

Point2.通信の安定性

モバイルWifiを選ぶうえで通信速度は気になるポイントですが、そこだけに注目して選んでしまうのは危険です。各社から「最大通信速度」が公開されていますが、これはあくまでもベストな環境でだせるスピード。重要なのは「安定して早くつながる」ということです。通信の安定性を判断するには以下の2点を参考にしてください。

■通信エリアが広い
通信エリアの広さはモバイルWifiを選ぶうえで欠かせません。各キャリアのサイトで、自宅やよく行く場所が通信エリアなのかを確認しましょう。

Docomo:https://www.nttdocomo.co.jp/support/area/
au:https://www.au.com/mobile/area/?bid=we-we-sn-0004
softbank:https://www.softbank.jp/mobile/network/
Y!mobile:http://www.ymobile.jp/area/index.html
WiMAX:http://www.uqwimax.jp/area/

■建物内でもつながりやすいか
モバイルWifiが利用している周波数帯には2.4GHz帯と5GHz帯があります。4GHz帯は壁や床などの障害物に強い一方で、他の家電や通信機器からの電波干渉が起こりやすいという特徴があります。反対に、5GHz帯は基本的にルーター以外で使用されていないので通信が安定していますが、壁や床などの障害物に弱いという特性があります。使う場所によって周波数帯を切り替えられる端末を選んだほうが便利です。

 

Point3.月額料金

モバイルWifiを比較するうえで最も気になるのは、やはり月額料金。モバイルWifiは基本的に2年契約であることが多いので、月額料金が高いプランを選んでしまうと、トータルで数万円単位の損をしてしまう可能性もあります。そのキャリアの携帯を使用していると割引が適用されたり、キャッシュバックキャンペーンが行われていたりするので、契約前に必ず料金のシミュレーションを行いましょう。

 

まとめ

また、モバイルWifiの利用目的は人によって様々です。キャリアやプランを比較する際には、「外出先で少しだけ使いたい」「動画をたくさん見たい」など、自身の利用目的や頻度をあらかじめ整理しておきましょう。