wifiはもういらない?Bluetoothテザリングでバッテリー節約術

スマートフォンのテザリング使うとバッテリー消費量が激しいので、外出先でバッテリーや充電器を持ち歩かない場合は、スマートフォンの電池残量が心配でテザリングの利用は躊躇してしまいますよね。
確かにwifiテザリングはスマートフォンのバッテリーを消耗しますが、これを解決する接続方法があるのをご存じですか?それが「Bluetoothテザリング」です。

1、Bluetoothテザリングとは

スマートフォンのテザリングには、「wifiテザリング」と「USBテザリング」、そして「Bluetoothテザリング」という3種類の方法があります。それぞれインターネットに接続できて、メリットデメリットがあります。

Bluetoothテザリング

■メリット・・・消費電力が少ない
■デメリット・・・初期設定が面倒。速度が3つの中で一番遅い

USBテザリング

■メリット・・・設定簡単。端末同士をUSBケーブルでつなぐだけ
■デメリット・・・端末同士をケーブルでつなぐため、使いながら充電ができない

wifiテザリング

■メリット・・・設定簡単。
■デメリット・・・電池の消耗が激しい。

それぞれのテザリング方法により長所短所がありますが、Bluetoothテザリングが一番バッテリーを節約できます。電池残量が気になる方や、うっかり接続をオフにするのを忘れて電池を消耗してしまうことが多い方には、Bluetoothテザリングがおススメです。
ただ、速度も遅いので、大容量のデータやりとりには向いていないかもしれません。

2、ちょっと面倒なBluetoothテザリングの設定

スマートフォンのBluetoothテザリングは、ほかテザリングの設定に比べ分かりにくいと言われています。
そんなBluetoothテザリングの設定方法を説明します。
一度設定してしまえば、そのあとは簡単に接続できますよ。
今回は、iphoneのテザリング機能を使って、タブレットをインターネットに接続します。

1、iphoneの「設定」画面→「インターネット共有」をタップ
bluetooth5

2、「wifiとBluetoothをオンにする」をタップ
bluetooth2

3、タブレットの「設定」→「Bluetooth」をタップ
bluetooth6

4、「Bluetoothペアリングの要求」という画面が出ます。iphoneとタブレットでコードの数字が同じであることを確認したら「ペアリング」をタップ。
【iphone画面】
bluetooth4

【タブレット画面】
bluetooth7

5、接続が完了。
iphone画面上部に「インターネット共有:1台接続中」と出て、Bluetoothのデバイスの欄に「接続されました」と表示されたら接続完了。
この画面を閉じても、上部の接続状況は常に表示される状態なので、接続状況や、接続が切れた場合などもすぐにわかります。
【iphone画面】
bluetooth

まとめ

wifiテザリングや、USBテザリングに比べ、速度が遅いと言われるBluetoothテザリングですが、今回、このテザリングを使ってタブレットでサイト閲覧をしてみたところ、検索結果の読み込みも問題なく、yahooTOP画面などの閲覧もストレスなく開けました。
ただ、youtubeなど動画閲覧する場合は、まったく動画が進んでいかず視聴が難しかったので、動画をみたい場合は、wifiザリングやUSBテザリングの方が良さそうです。
Bluetoothテザリングの良いところは、なんといってもバッテリー節約になるので、旅行中などで電源確保が難しいときやバッテリーを節約したいときには大変役立ちそうですね。