大手携帯キャリア3社のWifiスポットの違いは何?特徴を比較してみた

自治体や企業などからも提供されているWifiですが、いざ接続してみると通信が遅かったり、接続が途切れてしまったりすることも少なくありません。通信の安定性やスポット数などを考えると、大手携帯キャリアが提供するWifiスポットは積極的に活用した方が便利です。今回は、au、docomo、Softbankの3社が提供するWifiスポットの特徴や利用条件を比較してみました。

docomo

WEPキーの自動更新を特長とするIEEE802.1X認証を採用し、無線区間のセキュリティを高めるために暗号化が行われています。SSID「0001docomo」はSIM認証に対応しており、SIM認証対応エリアでは専用アプリの設定やユーザーID・パスワードの登録が不要です。東京メトロ各駅での利用が可能なほか、セブンイレブンの店舗や東京ミッドタウンや恵比寿ガーデンプレイスなどの商業施設、羽田空港、新潟空港など、幅広いジャンルのスポットで利用することが可能です。

ドコモユーザーは基本的に無料で利用できます。他の大手キャリア2社とは異なり、ドコモユーザー以外でも月額1,500円で利用することが可能です。

 

特徴

【スポット数】
150,000以上
【SSID】
0000docomo/0001docomo
【利用条件】
ドコモとの回線契約、またはdocomo Wifi単体の契約が必要
【利用料金】
ドコモと回線契約のあるユーザーは無料。Wifiのみ契約の場合は月額1,500円。
【HP】
https://www.nttdocomo.co.jp/service/wifi/docomo_wifi/

 

 

au

SSIDやパスワードを入力せず、専用アプリなどで簡単に設定することができます。電波の強さに応じてWifiと4G LTE/3Gを自動で切り替える機能があり、快適な通信環境を維持してくれます。また、IEEE802.11ac(超速WiFi)に順次対応していく予定とのこと。「UQ-Wifi」や「W2 300」などのKDDIグループのWifiスポットを利用することができるほか、全国のJRの駅や構内で利用可能。東京メトロや大阪市営地下鉄など、有名な鉄道会社の殆どにWifiスポットが設置されています。

利用するにはauとの契約が必要で、利用料金は契約しているプランによって異なります。基本的にauユーザーは無料で利用できますが、一部のプランでは月額500円程度のオプションを申し込む必要があります。

 

特徴

【スポット数】
200,000以上
【SSID】
au_Wi-Fi2/au_Wi-Fi/Wi2premium_club/Wi2_club/UQ_Wi-Fi/Wi2premium/Wi2/wifi_square
※Wi2premium/Wi2/wifi_squareは暗号化なし
【利用条件】
auとの回線契約が必須
【利用料金】
一部をのぞき、ほとんどのauユーザーは無料。
※auピタットプランまたはauフラットプラン20/30の加入者は月額500円。LTEダブル定額 for Tab/Tab(i)の加入者は月額467円。
【HP】
https://www.au.com/mobile/service/smartphone/wifi/wifi-spot/

 

 

Softbank

Wifiスポット数国内No.1。駅や空港、高速SA/PAなどの交通機関をはじめ、カフェなどの飲食店、ホテルで利用できるほか、メガネショップや車用品専門店などでも利用可能。専用アプリで暗証番号などの必要情報の入力と設定をしておけば、エリア内で自動的にWifi接続が行えます。IDやパスワードなどのログインに必要な情報はSSLにより暗号化されており、「安心設定アプリ」の提供も行っています。
※国内における携帯電話通信事業者が提供する公衆無線LANサービスのアクセスポイント数において。2014年5月30日時点。同社調べ。

利用するには、ソフトバンクまたはワイモバイルとの回線契約が必要です。契約プランにより、有料または利用不可となる場合もあります。

 

特徴

【スポット数】
約450,000
【SSID】
001softbank/002softbank/ mobilepoint/FON
【利用条件】
ソフトバンクまたはワイモバイルとの回線契約が必要
【利用料金】
・Softbank:無料 or 月額467円。フラット型パケット定額以外(ゼロから定額、ゼロから定額4G LTEを含む)の加入者は月額467円。
・Y!mobile:無料 ※シェアプラン、ケータイプランSSは利用不可。
【HP】
・Softbank:https://www.softbank.jp/mobile/network/wifispot/
・Y!mobile:http://www.ymobile.jp/service/sws/

 

 

さいごに

どのキャリアも、一部の契約プランを除き、回線を契約中のユーザーであればWifiを無料で利用することができます。また、大手キャリアが提供しているだけあり、圧倒的なスポット数も特徴的です。フリーWifiの中には通信情報の暗号化が行われていないものもあるので、セキュリティ面が心配な人は、大手携帯キャリアが提供するWifiスポットを利用するとよいでしょう。各社からWifiスポットを検索できるアプリも提供されているので、ダウンロードしておくと便利です。キャリアのWifiスポットを活用し、快適なインターネットを楽しみましょう。