ANA国内線がWifi無料化!機内での過ごし方が変わるかも

ANA(全日本空輸)は、2018年4月1日より、国内線の機内Wifiインターネットの無料提供を開始すると発表しました。機内でもインターネットが楽しめるこのサービスについて詳しくご紹介します。

機内Wifiが無料に!

自分の席で過ごすことが多い飛行機での移動。数時間の移動ともなれば、インターネットで暇をつぶしたいと思ったことはありませんか?このニーズに、ANAが応えてくれました。これまで有料で提供していた国内線の機内Wifiを、2018年4月1日からは無料で提供すると発表したのです。

 
対象となるのは、B777型機、B787型機、B767型機、B737-800型機、A321型機の全てのクラス。機内入口に「ANA WiFi Service」のマークが表示されている便の全クラスで無料Wifiが利用できます。ただし、B737-500型機、B737-700型機、A320型機、DHC8-Q400型機、また国際線機材で運航される便はサービス対象外となるので注意が必要です。搭乗券を予約する際に確認しておくと良いでしょう。

 

エンターテイメントコンテンツがさらに充実

ANAの機内Wifiでは、自身のスマートフォンやタブレットから動画サイトを利用することができない変わりに、ニュースやバラエティ、ドラマなどを視聴することが可能です。恋ダンスで話題となった「逃げるは恥だが役に立つ」など、人気ドラマの視聴も可能となっています。また、「ANA SKY LIVE TV」では、最新のニュースやスポーツ中継をリアルタイムで楽しめます。動画以外にも、オーディオや電子書籍などのコンテンツを展開。今後は100コンテンツ以上に拡大していくとのことなので、充実した時間を過ごすことができます。

 

シートモニター装着でさらに快適に

Wifiサービスの無料化に伴い、2019年度下期以降、ANA国内線の主力機であるB777型機・B787型機へのシートモニターを順次進めていくことも発表されました。また、モニターと同時にUSB充電ポートやパソコン電源の装着も行うので、充電切れの心配もありません。なお、USB充電充電ポートはB767型機・B737型機にも順次導入されます。充電切れの心配がなくなるのは嬉しいですね。

※写真は、2017年9月にANAの国内線仕様機として初めて全席にシートモニターを搭載したA321neo型機。

さいごに

近年では多くの企業が提供している無料のWifiサービスが、空でも利用できて当たり前になりつつありますね。飛行機内でWifiが利用できるようになることで、移動時間が長く、座りっぱなしであることが多い空の旅も快適に過ごせそうです。旅行や出張で飛行機を利用する際には、是非Wifiサービスを利用してみてください。

ANA
https://www.ana.co.jp/