wifiが遅い原因と解決方法。【iPhone編】

スマートフォンのWi-Fiの速度が遅いと、どうしてもイライラしてしまいますよね。日常的に使うからこそ快適に使いたい。この記事は、wifi速度がなぜ遅くなってしまうのか原因を探る方法、そして速度を改善したい時に試したい方法をご紹介する【iphone編】です。

何が原因かを調べましょう

まず何が原因なのかを探るため、iPhone以外の別端末で確認してみましょう。他の端末ではwifi接続がスムーズなら、iPhoneで速度改善の方法を試してみましょう。他の端末でも同様の不具合が起きている場合は、iPhone本体ではなく、WiFiルーター側の不具合かもしれません。WiFiルーター側で改善の方法を試してみてください。

WiFi速度を改善する方法

iPhone本体が原因の場合

1.WiFi接続を一度オフにしてみる

現在繋いでいるwifiの接続を一度offにして、もう一度onに。コントロールセンターでwifiボタンをタップするだけです。少し時間をあけてもう一度接続をオンにしましょう。

2.iPhoneを再起動する

iPhoneで不具合が起こった時の定番ですが、再起動してみましょう。

3.WiFiを設定しなおす

接続しているwifi設定を一度削除し、登録し直してみましょう。
「設定」から「WiFi」を開き、現在繋がっているwifi(チェックマークがついています)をタップ 「このネットワーク設定を削除」をタップ「削除」をタップすると設定の削除が完了です。Wi-Fi設定画面に戻り接続し直します。

iPhone01

通常の方法で接続しても大丈夫ですが、さらに速度が改善する可能性のある接続方法をご紹介します。
「その他」をタップし、ネットワーク情報を入力します。「名前」欄にセットワーク名(SSID)、「セキュリティ」の項目を「WPA2」に設定し、パスワードを入力します。「WPA2」は最新のセキュリティで、古いタイプの「WEP」や「WPA」より処理速度が速いので、通信速度も速くなる可能性が高いです。

iPhone2

4.ネットワーク設定をリセット

※リセットを行うとネットワーク設定が初期化されますので、これまでに接続したWi-Fiネットワークやパスワード、登録していたBluetoothアクセサリなどが消去されるのでご注意ください。
「設定」>「一般」>「リセット」を開き「ネットワーク設定をリセット」を選択。

iPhone3

パスコードを入力し、ポップアップで出てくる「ネットワーク設定をリセット」をタップして完了です。再度Wi-Fi設定から接続したいwifiに繋いでみてください。

iPhone4

また、さらに視点を変えてみましょう。
利用しているブラウザSafariが重くなり通信速度が遅いのかもしれません。
Safariの重さを解消する方法を試してみましょう。

5.Safariの履歴とキャッシュをクリア

※履歴を消去すると、これまで使っていた自動入力パスワードの情報なども消去されますのでご注意ください。
「設定」>「Safari」を開き、「履歴とwebサイトデータを消去」をタップ。「履歴とデータを消去」をタップすると履歴の消去が完了します。

iPhone5

もうひとつ考えられる原因
iPhoneに負荷がかかるような処理や不要なデータが溜まっている時は速度が遅いということがあります。なるべくメモリを開放してiPhoneの負担をかるくしてあげましょう。

6.バックグランド実行中アプリを終了する

使っていないアプリが開いたままの状態は動作が遅くなる原因となります。使わないアプリはこまめに消すことをおすすめします。ホームボタンをダブルクリックすると開いているアプリが表示されます。下から上へスワイプするとアプリは終了します。(iOS7以降で適用)

iPhone6

7.iPhoneの空き容量を確保する

不要な動画・写真・アプリを削除したり、パソコンに移動するなどしてデータを軽くしましょう。

8.メモリ解放アプリを使用する

App Storeで「メモリ解放」「メモリ最適化」などで出てくるアプリを利用してみましょう。
「DR Memory」
https://itunes.apple.com/jp/app/drmemory/id586207285?mt=8
「もっさり解消 for iPhone」
https://itunes.apple.com/jp/app/mossari-jie-xiao-for-iphone/id534968145?mt=8
「Yahoo!JAPAN」アプリの最適化ツールを使う
https://itunes.apple.com/jp/app/yahoo!-japan-nyusuni-jian/id299147843?mt=8

WiFiルーターが原因の場合

iPhone以外の端末でもwifi速度が遅い場合、wifiルーターの不具合が原因と考えられます。wifiルーターの接続を改善する方法もご紹介します。

1.WiFiルーターの再起動

ルーターの種類によって再起動のやり方は異なるかと思いますが、電源ボタンをOFFにし、しばらく経ってからONにする、コンセントを抜き差しする、など、説明書にしたがい再起動してみましょう。

2.WiFiルーターの位置を変えてみる

wifiルーターは、テレビや電子レンジなどの電磁波の影響を受ける場合があります。また、壁などの障害物に弱い機種もあります。テレビや電子レンジから50cm以上は離す、壁際ではなく窓の近くに置いてみるなど、電波を通りやすくするために配置を変えてみましょう。

3.WiFiルーターをそもそも見直してみる

iPhoneでは、iPhone6から、現在発売するWi-Fiでは最高規格の「11ac」に対応するようになりました。従来より速度は格段に速くなっています。様々試してみてまだ速度が遅い場合は、「11ac」規格のルーターへ買い替えを検討してみるのも良いと思います。ただし、ご自身の回線の速度によっては規格が新しくても通信速度が速くならない場合もあります。確認ポイントが様々ありますので、専門家に相談してみるのも良いかもしれません。

wifi速度を速くする裏ワザ

魔法の数字「8.8.8.8」DNSを変更する

「設定」>WiFiを開き、接続しているwifiをタップ。
DNSの項目を「8.8.8.8」に書き換え、「DHCPリースを更新」をタップ。
※念のため、書き換える前の数字を書き留めておきましょう。

iPhone7

これだけで設定は完了です。

DNSを変えても大丈夫?

DNS(Domain Name System)とは、ドメイン名からサーバーのIPアドレスを導き出すシステムのこと。この「8.8.8.8」の数字はGoogle が運営するPublic DNSです。他にも様々なPublic DNSがありますが、素性の知れないものを使うことはおすすめできません。
Public DNSということは、どんな人にも公になっている状態であるため、セキュリティ面ではリスクがあると言えます。google Public DNSの場合はこういったセキュリティ面には配慮しているようですが、個人情報やクレジットカード情報のやり取りは控えた方が良いでしょう。

まとめ

WiFiの速度が遅い時に試せる方法は様々あります。リスクを伴うものもありますので、リスクについても理解したうえでどの方法を選択するか判断してくださいね。
また、iPhoneを長く快適に使うために、定期的にデータの整理などをこまめに行うことをオススメします。

関連タグ

  • iPhone
  • wifi