GMOインターネットから新ビジネス!「Z.com Cloudブロックチェーン」が公式発表!

みなさん、ブロックチェーンはご存知ですか。最近ではビットコインが話題となり、その関連用語としてブロックチェーンという単語を耳にすることが多くなりました。そんな中、2018年1月22日にGMOインターネット株式会社は、ブロックチェーンを活用した新ビジネス「Z.com Cloudブロックチェーン」の提供を公式発表しました。

ブロックチェーンとは


出典:https://cloud.z.com/
これまでの取引記録のことです。10分ごとに記録をまとめて、1つのブロックにしています。それらを鎖のように繋げていくので、ブロックチェーンと呼ばれています。また複数のノードと呼ばれるコンピューター間で、データを相互監視することにより改ざんなどの問題も防げます。

「Z.com Cloudブロックチェーン」とは

「Ethereum(イ―サリアム)」上に分散型のアプリケーション(DApp)を構築できるPaaS型サービスのことです。
今回GMOインターネットは、ブロックチェーン技術に「イ―サリアム」を採用しました。また”記録データがオープンになる””「イーサ(Ether)」による手数料が必要”などの様々な弊害を取り除くことに成功しています。
※DApp(Decentralized Apps):分散型台帳技術を活用したアプリケーションのこと

「Ethereum(イ―サリアム)」とは
ビットコインの次に時価総額が大きい仮想通貨のことです。通貨単位は「イーサ(Ether)」と呼ばれ、「イーサ(Ether)」での取引を行える、ブロックチェーンプラットフォームのこと。特徴としては、スマートコントラクト(自動契約)の実現やDAppの構造ができます。

「Z.com Cloudブロックチェーン」特徴

「イ―サリアム」を利用したブロックチェーン技術

取引中間管理者の介在を不要にして、ブロックチェーン上のみでビジネスフォローを公式に回す仕組みを構築できます。

アクセスコントロール

機密情報を保管しつつ、保存したデータのアクセスコントロールが可能です。

代払い機能の導入

本来「イ―サリアム」を利用する場合「イーサ」での手数料を支払う必要がありますが、「Z.com Cloudブロックチェーン」では、手数料をサービスオーナーが代払いする仕組みで、使用者は仮想通貨を意識せずに利用できます。

APIでラッピング

Z.com Cloud上にブロックチェーンを搭載した基板をAPIでラッピング、簡易的にコントロールできるようにして、構築しやすい環境をご提供します。

※Z.com Cloud:導入のコンサルティングから運用、監視までサポートするトータルソリューションサービスのこと
※API(Application Programming Interface):ソフトウェアの機能を共有すること

ストレージの冗長化

複数のインフラ環境でのストレージ冗長化を追加して、オープン・ブロックチェーンに近い耐障害性を実現しました。

「Z.com Cloudブロックチェーン」使用例

①キーレス宅配ボックス

出典:https://cloud.z.com/
「Z.com Cloudブロックチェーン」×「宅配ボックス」
誰が入れた荷物を誰が受け取ったかの情報が明白になり、簡易書留のような役割を担ってくれます。

②ペーパーレスのチケット販売サービス
「Z.com Cloudブロックチェーン」×「チケット販売」
購入者の本人確認を行い、不正転売、偽造販売などを防止します。

オープンソースプロダクト


医療機関カルテ共有システム:医療カルテの情報を共有をできます。
地域トークン:地域、企業などのポイントを発行・運用できます。
転売抑止チケット:不正転売の抑止とチケットレス化を実現します。
トークントレーダー:エンドユーザー同士でトレードができます。
Pay@Table:店舗への直接決済ができます。
KYC:身元確認を簡単に行えます。

まとめ

「Z.com Cloudブロックチェーン」を使用した事業がこの先も更に増えていけば、国内はかなり便利になり、不正も減少していきそうです。一方で、IoTの進化について行くためにも定期的に情報をチェックすることが重要となっています。通勤時間などの空いている時間にニュースを読んだりしたいですね。

出典:GMOインターネット株式会社

関連タグ

  • IoT