IoTを取り入れた最新民泊!IoT民泊運用「TATERU bnb」とは?!

最近テレビや新聞などで”民泊”という言葉を目にすることが多くなりました。2020年に開催される東京オリンピックに向けて、これから更に”民泊”が増えると予想されています。”民泊”とはホテルや旅館などの宿泊施設ではなく、個人の自宅やマンションの一室などに宿泊することを意味します。今回はそんな民泊に注目して、IoTを取り入れた最新の民泊運用を行っている「TATERU bnb」について簡単にご紹介していきます。

TATERU bnbとは


出典:https://www.taterubnb.jp/
IoTを活用したさまざまな民泊運用サービスを提供している会社です。
アプリで簡単にIoT民泊の運用ができる「TATERU bnb」や「bnb kit」の運営・開発をはじめ、さまざまなIoTサービスを開発しています。またIoT民泊物件のマッチングから建物完成後の運用管理代行まで、トータルサポートサービスを提供してくれます。

アプリでかんたんIoT民泊運用


出典:https://www.taterubnb.jp/
「アプリでかんたんIoT民泊運用」のトータルサポートサービスとは一体どういった流れなのでしょうか。

簡単登録

スマートフォンアプリ「TATERU bnb」をダウンロードして、電話番号を登録します。登録作業はこれだけなので、簡単に登録ができます。また気になることがあれば、チャット機能でコンシェルジュに相談することもできます。

土地を選び、建物を建てる


スマートフォンアプリ「TATERU bnb」から全国の観光地にある土地を選べます。土地情報もいち早く公開されるので、ご希望にあった土地を見つけることができます。土地が選べたらお次は建物を建てます。こちらもどのような内装にしたいのかなどをアプリから選ぶことができます。

安心お任せ運用

建物が完成したら宿泊者対応から清掃まで、管理運用は「TATERU bnb」が全て代行してくれます。オーナーは売り上げを管理するだけで運用できます。

「bnb kit」


出典:https://www.taterubnb.jp/
「bnb kit」とは、IoT民泊施設を提供できるIoTサービスです。
TATERU bnbが提供している民泊施設には、スマートキー・スマートチェックインパッド・旅行者向けIoTデバイスTRIP PHONEなどのさまざまな最先端のIoTデバイスが搭載されています。

「SMART KEY(スマートキー)」

管理者はスマートフォン・カードキーまたはNFC・テンキー・リアルキーの4つの方法で、簡単・便利に鍵の解除ができます。宿泊者は、アプリまたはキーナンバーで解除が可能です。

「SMART CHECK-IN PAD(スマートチェックインパッド)」

チェックインはタブレット(SMART CHECK-IN PAD)からしていただきます。
SMART CHECK-IN PADは、日本語・英語・中国語・韓国語に対応しており、宿泊台帳記録やパスワード情報の取得・キー発行・本人証人機能など民泊に必要なチェックイン機能が搭載されています。

「TRIP PHONE(トリップフォン)」

滞在期間中、宿泊者には無料でIoTデバイスのトリップフォンが貸し出されます。
施設周辺のオススメ飲食店の情報・予約、交通機関の案内やタクシーの予約など滞在中のさまざまな要望をトリップフォンで解決することができます。また運営者は、チャット機能やMAPなどの利用履歴から、宿泊者のニーズを把握できます。

「TATERU bnb KOMONDO-MACHI」


出典:https://www.e-inv.co.jp/
2018年春頃、福岡市博多区にて「TATERU bnb KOMONDO-MACHI」のサービスを開始予定だそうです。1部屋4人まで宿泊可能、時期によって金額は異なりますが、税別料金は平均1万3000円、4名で宿泊すると1人あたり3250円からご利用いただけます。最新技術を取り入れた民泊がどのようなものか体験してみたい方は、ぜひ足を運んでみてください。

サービス開始予定日:2018年春頃
場所:福岡市博多区古門戸町
部屋面積:23.23㎡〜
宿泊可能人数:1部屋4人
料金:1部屋、平均13,000円(税抜)

まとめ

いかがでしたでしょうか。ご紹介してきたようにTATERU bnbでは、最新のIoTを活用した民泊事業を展開しています。また、土地や建物の建築依頼など全てスマートフォンから行うことが可能になり、不動産業界もこれから、さらに進化していきそうです。

出典:https://www.taterubnb.jp/
   https://www.taterubnb.jp/