5Gになったら、今のスマートフォンって使えるの?

スマートフォンやパソコンに限らず、さまざまなモノがインターネットに接続され始めた今の時代。このまま端末が増えれば増えるほど、ますます通信インフラの重要性が高まってきます。そんな未来の暮らしを支える次世代通信システムが「5G(第5世代移動通信)」です。これまでとどこが変わるのか?何ができるようになるのか?今のスマートフォンは使えるのか?などをお伝えしていきたいと思います。

4G全盛の今、なぜ5Gが必要なのか

4G全盛の今、2020年に向け急速な盛り上がりを見せている5Gは、なぜ必要なのでしょうか。

1. さらに使い勝手をよくして便利にするため

スマホなどで観ている動画などの画質をもっときめ細かくしたり、ダウンロードを速くできるようにしたり、動画をあらゆる角度から観ることができる3D自由視点テレビを楽しめるようにしたりなど、さらに使い勝手を良くして便利にするためです。そのためには、通信速度を今の10倍以上に高める必要があります。

2. 一度につなぐことができる通信機器の数を大幅に増やす必要があるため

家電や車などのIoT(モノのインターネット)のように、これまで無線ネットワークにつながっていなかったさまざまなモノが、ネットワークにつながるようになるので、一度につなぐことができる通信機器の数を大幅に増やす必要があります。

3. ネットワークの新しい性能が求められるようになるため

つながる機器の数が増え、種類も増加することでサービスが多様化します。そうなると、用途によっては4Gでは実現できないほど通信のタイムラグを減らす必要が出てくるなど、ネットワークの新しい性能が求められるようになります。
 
こういった理由で、4Gから5Gへとネットワークを進化させる必要があるのです。

5Gになるとどう変化するのか

続いて、4Gから5Gになるとどのような変化があるのかをお伝えしていきます。

「高速・大容量」

現在の「4G」回線なら1Gbps。1秒あたりに送れるデータ量は最大で1ギガビット。これが5Gになるとなんと20倍になります。

「低遅延」

いわばデータのタイムラグで、4Gなら送信したデータが基地局に届くまでに1/100秒の誤差が生じていますが、5Gが始まれば現状の1/10に! 誤差は1/1,000秒にまで縮められることになります。

「多接続」

つながる先の数です。4Gだと1平方キロメートルあたり10万のデバイスにつながるに留まりますが、5Gになると、なんと10倍の100万デバイスにつながります。
つまり、今よりも大量のデータが20倍も早く、タイムラグも1/10に縮小され、10倍もの数のデバイスでやりとりできるようになるのが5Gなのです。
 
ざっくりいうと、「ネットにつなぐ」「検索する」「データのアップロード/ダウンロード」などが、ほとんど勝手に行われます。
今はネットでニュースを読んだり、メールを読んだりするには、ネットワークの世界にスマホで自分から能動的にアクセスする必要があります。ですが、5Gの時代になると、様々なモノが通信ネットワークにつながることで、スマホを取り出して操作しなくても、無意識のうちに必要な情報が手に入るようになります。つまり、ネットワークの世界と現実の世界の境界が無くなって結び付くのです。

スマートフォンは持たなくても良くなる?

今の私たちの生活に必要不可欠なスマートフォン。現在のスマートフォンを使用することはできますが、5Gの世界では、スマートフォンという形のものは持ち歩く必要がなくなるかもしれません。その代わりに、腕時計や眼鏡につけるタイプのウェアラブル端末が外部と通信する役割を担います。検索しなくても必要な情報は入手できますし、何か調べたいなら端末に向かって話しかければ良いということになれば、大型のディスプレイも不要になるかもしれません。
 

 
5Gでクラウド上のAIにつながった端末がいたるところにあれば、そこから情報を出し入れすれば良いし、複雑な処理はAIが行ってくれます。指紋や顔などで個人を認証し、一人ひとりに合わせて情報を加工・提供することも十分に可能です。そうなれば、わざわざスマートフォンを持ち運ぶ必要がなくなるのです。
「スマートフォンを持ち歩かないなんて想像できない。こんなに便利なもの、手放すことなんてできない。」と感じている方がほとんどだと思います。ですが、日本でスマホが急速に普及したのは、4Gが整備された2010年代に入ってからのこと。「スマートフォンが必要な暮らし」を始めてから、まだ10年も経っていないのです。逆に2000年ごろの私たちに、「10年後には誰もが小さなスクリーンを持って、そこから画像や映像で情報を得るようになる」と言っても、想像がつかなかったはずです。
極言すれば、5Gが普及した世界とは、「社会全体がロボット化した社会。」行く先々で、AIにつながった賢いモノが私たちをサポートしてくれる未来が待っているのです。

まとめ

便利なサービスは急速に普及し、私たちの認識を短期間で変えていきます。5Gの世界ではあらゆるモノが賢くなり、スマートフォンを持ち歩くことが不要になることが予想されているので、今使用しているスマートフォンは使えなくなるかもしれません。2020年に導入予定の5G、今後の行方に注目です。